小さな時計屋の心の中

ケイトスペード時計修理

2021年9月23日(木)㊗︎

秋分の日、いよいよ本格的な秋〜のはじまりですね〜。

暑いのか涼しいのか、よく分からない気候が続くこの季節。皆様いかがお過ごしでしょうか。雨が降る直前の地下街の息苦しいほどの蒸し暑さと、エアコンで冷える身体の芯とに振り回され気味で上着を羽織ったり脱いだりしながら過ごしています(苦笑)

「時計修理の店で意外」と同業者に言われるほど女性のお客様が多い小さな時計屋。ここのところ、ケイトスペードの並みがザザ〜と押し寄せている様に感じる。 電池交換、革ベルト交換、ガラス交換、インデックスの取り付けなどなど。

メッシュデザインベルトの洗浄クリーニング(@1,000)でピカピカ復活〜でお喜びもいただきました。

夏の汗かきシーズンもそろそろ終わり、金属ベルトの洗浄クリーニングや、日焼け止めクリーム等で傷んでいる革ベルトの交換は特におすすめ。

毎日腕に乗せ時を刻む時計にちょっと気を向けメンテナンスする事で、きっとナニカが変わってゆく。

どうぞ皆さま素敵な時をお刻みくださいね〜♡

2021-09-23 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

スペシャルな1日

2021年9月22日(水)

秋のお彼岸。中秋の名月と十五夜が重なり、一年で最もお月様が美しく輝く時。 前夜は夜遅くまでお月様の観察(笑) 残念ながら昨夜は雨が降り始めそのお姿はお目にかかることができませんでしたが。

お彼岸にあわせどこからともなく、必ずその真っ赤な姿を見せてくれる彼岸花に、自然の叡智を感じて止まないこの季節。

大好きな栗おはぎをいただきながら、脈々と受け継がれイマココに自分がこうして在る事に改めて感謝する1日。破壊と再生のお話を耳にする中で、何気ない自らの日常こそが世の流れに繋がってゆくという事を気づかされもしました。

「微力ながらうちだからこそ出来ること」をもっと絞り込み、追求し続ける中でスタッフが輝くことができる流れを創りたい、と強く感じた火曜日でした。

それにしても秋はついつい誘惑につられ、食べすぎる(笑)

2021-09-22 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

本日9月21日は火曜日の為定休日となります

2021年9月21日(火)

中秋の名月2021。 朝8時台に満月を迎えるとのことですのでほぼ昨夜が満月○ということでしょうか(笑) 皆様お空見上げましたか〜?! 昨夜はお月様がとっても美しい夜でしたね〜。

ハートの羽根を従えて輝くお月様がなんだか生き物の様に見えました〜。なんだかいいことありそッ♡なぁ〜んて笑。

連休あけは多くのお客様にお越しいただくことが多いのですが、本日は火曜日のため定休日となります。店頭までお越しいただき、おやすみでがっかりなんてことも起こるのやもしれません。(ごめんなさい)

明日からまた通常営業(10:30〜19:30) となりますので、どうぞよろしくお願いします。

どうぞ皆様、中秋の名月と共に、時満ちる1日をお過ごしくださいませ。

2021-09-21 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

敬老の日㊗︎

2021年9月20日(月) ㊗︎

本日20日は「敬老の日」なのですね〜。個人的には、敬愛する祖父母のそれぞがお誕生月を迎える9月、に敬老の日とが重なって子供の頃から9月はちょっとした特別感の中、毎年「浮き足モードの1ヶ月」を過ごしていたなぁ〜(笑) そんな記憶が鮮明に残っています(今でも大して変わりませんがッ)

敬老の日、と言っても今のご年配者の方々は皆活き活きとされておられるから、「老を敬う」というイメージはなかなかピンときませんが、世代を超えて年齢や性別も超えて、「敬う」という事について、気を向ける機会としています。

この時計セイコーGSハイビートもね、人同様、敬うべき年代の時計なんですよ(笑) 今回オーバーホール(分解掃除)をさせていただきました。 腕利き職人の技術と想いで、無事復活の時を迎えました〜。冷静に考えたら「ホントスゴイよね。」て想うんですよね…。

ただ、時計修理屋は時計を治して当たり前、な感があるのも事実で…。  できることが更にできてゆく事で、できないことが許されない流れになってゆきもしたりする。

とはいえ、想いのこもった年代物の時計達が、気持ちよく時を刻める様に整え、お持ち主さまの元へと送り出す事をお仕事にさせていただいているからには、デキルを増やす努力はコレからも本気で続けてゆかなければ!!と。 そんな事を奥底で改めて感じる敬老の日。

祝日月曜日、今日もがんばろッ。

2021-09-20 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

革ベルト別作

2021年9月19日(日)

FENDIフェンディのこのタイプ。

仕様が特殊で、時計の裏側を一本の革が引き通しにしてあるので、(私の知りうる限りでは)既製品の中にはピタッと合うものが存在しないのではないかと思う。

小さな時計屋では、このての革ベルトを過去に何度か、オーダーでお作りをさせて頂いている。革の素材にもよるが、約1ヶ月ほどの納期で16〜20,000 円程度。

今回は、エミッタシリーズの大人気トーブカラーでお作りさせていただきました。毎回のことながら、再現率半端ない仕上がりで、革の質感だけじゃなく、厚みや幅の感じも含めて美しい仕上がりでした✨

仕上がりを取りにお越しくださった依頼主さまも、仕上がりを見て絶賛お喜びいただきました〜。

いやさ、仕上がりを見て「コレは美しい」て思えたものってさ、やっぱり成功なんだなぁ〜て。そんな事を想えました。

どこかで…、

「あれ、なんかなぁ〜」とかって何か分からない違和感を感じる時もあるもの。 流れる風のにおい(空気感というのかな)に敏感でありたいものですね。

この様な課題を下さるみなさまのおかげさまで、小さな時計屋は日々経験を積ませていただいています!!

感謝。

2021-09-19 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

Gucci グッチ時計ベルト

2021年9月18日(土)

時々ご相談をいただくバングルタイプのGucciグッチ。 革ベルトの芯が板バネになっていて、その板バネをビヨンッと伸ばして着脱するタイプなのですが…。

とうとう板バネではなく革部分がちぎれてしまいました。と、いう事で。 革ベルトのご相談をいただきました。 この場合、①オリジナルの革ベルトをショップさんでお求めいただくか ②既成革ベルトメーカーのものの中からお好みをお探し頂くか 。という事になります。

今回は、赤い革ではなく別のモノにしたいとのご相談でしたのでで、思い切って全く別色のこちらをおすすめさせていただきました〜。

ケース全体が強めのゴールドの場合、ベージュ〜ホワイト系の明るいお色がイイ感じに映えるんですよね〜、てそれは「私の好み」て だけなのかもしれませんけれど(笑)

こちらのグッチのお持ち主さま、真っ赤から全く装いを変えた時計をご覧いただき、大変お喜びくださいました。

革を、ちょっと着せ替えるだけでガラリと装いを変え輝きはじめる時計達。 真っ白の文字盤は特に合わせやすいので、真っ白の革でも、または鮮やかなブルーでも、似合う。 お好みはもちろん、お持ちの他の時計の雰囲気とは別の仕上がりにしておくと日常がちょっと楽しくなるかもしれませんね〜。

さて、連休始まり。とはいえ台風の影響やなんやが心配でもあるこの流れ。 皆様どうぞ心身ともにご安全にお過ごしくださいませ。

2021-09-18 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

大切なことはどうお伝えするか

2021年9月17日(金)

買うものも、行くところも、なんでもネット検索する時代。 例えば、「時計電池交換 名古屋」とかって検索したりして、小さな時計屋を見つけ、実際に利用しようと思ったり。(そんなお方がもしみえたら、ありがとうございます!)

そして、その検索をきっかけにご利用いただいた方々のご感想や、率直な評価が、その翌日からの店頭の状況を変えてゆく。   評価が高ければ翌日から忙しくなり、逆も然りで店頭は静かになる。

数日前、ネット上でとても貴重なご意見を頂戴致しました。

オープンから10年を過ぎどこか傲慢さがあったのかもしれません。その時たまたま忙しく気持ちが追われ冷静さに欠けていたのかもしれません。……何がどうだったのか。 どの時計のお持ち主様にそんな失礼な事を、…それすらハッキリと覚えてもいない…という、なんとも失礼なありえない大失態を犯してしまいました。(ご指摘ありがとうございます!)

かかりつけ医(主治医)になりたい、なんて偉そうな事を言いながら………。一方で「最も大切な事」ができていない。ありえない自分がそこにいる事に、深く気づきをいただきました。   店にとっては多くのご相談のうちの一件でも、お持ち主さまにとっては1/1のオンリーワンである事を日々意識している(つもり)でいました…。

例えば病院なら、病状を検証し患者さんにお伝えする、言わば「余命宣告をする主治医の言葉」と同じのはずなのに…。

私たち小さな時計屋に何ができるのか、お力になれないと判断したにしても、モノの言い方や選ぶべき言葉というものがある。「この時点で無理ですよ」となぜそんな:……。自分の発した言葉なのでしょうけれど、全くもって自らも理解できず、ただただ申し訳なさでいっぱいです。 期待を裏切ってしまった事、言いにくい事を言わせてしまった事を、大変申し訳なく思っております。

発するべき最善の言葉選びに注力し、心をもって正確にお伝えしてゆけるよう改めます。大変貴重な喝をいただきましたのでここで公表し、自らを戒め今後に活かしてゆきたいと思っております。

大切なものを治したい、何とかならないのかな、との想いでご相談下さるお持ち主さまに寄り添うことのできる店創りをすべく、今一度姿勢を正し店頭に立ちたいと思います。

皆様方に育てて頂いている今に感謝致します。

2021-09-17 | Posted in 店長ブログNo Comments »