小さな時計屋の心の中

想い出の復活

想い出の復活

小さな時計屋を起業しいつの間にか随分経ちました。

賢い経営者ではないので短期も中長期計画も、計画立ててそれを実践!するのは

どうも苦手な様で…。

自分を信じ、仲間を信じ、そして何より運を信じ。

やる事やって、観たいお花の種撒いて、あとは「行き当たりバッチリ」と思ってきました。

そして、コレからもココだけはおそらく、ブレないと思います。

その時々で、課題も有るし、テーマも有る。

想い出の復活〜

時計貴金属の修理を通して、モノに対する想い、時に対する想い、紡がれている人の想い、

の大切さを想い出していただけるように導けるような主治医になりたい!

いや、なる!!コレは絶対にゆずれないし、譲らない!!

(まだまだ到達には程遠いのが現状ですが…)

昨年末に、お父様が遺された時計3点の修理をさせていただきお届けしたお客様から、

こんな素敵なメッセージを頂きました。

ーーーーーーーーーーーーー

父の時計の修理をしてくれて、ありがとう。

休日はネジを巻いて、時計をつけています。

この時計をつけていた若い父は、どんなことを考えていたのかな?って

思います。時間が動き出しています、父と私の時間です。

どうもありがとう。

ーーーーーーーーーーーーー

思わず、涙が溢れました!! (1人で号泣)

そう、コレ。 こんな事ができる店に、人に、なりたい!!

まさにコレは16年ずっと目指し続けてきた事であり、小さな時計屋の存在意義。

まだまだ。ほんとまだまだなのですが、少しでもこの想いを広めたい!

弱肉強食かのような、ナニカ少し違う気がする今の資本主義社会。

効率や利益や数字に囚われる様な考え方が正しい様な気配が横行する中で、

手のかかる、リスクのある、一見効率の悪い、目には見えないナニカを追い求め

続けている自分のやり方。

経営者の先輩方には「それ経営者として間違ってる」と幾度となくご指摘を

頂いてきましたが、今ようやく…その呪縛から解放された気がします。

数字なんてものは、目指し追い求めるものではなく後でついてくるモノ。

未来が過去で、過去が未来。

時に携わるお仕事をさせていただきながら、自らが教わりご教授頂いている現実。

経営とは、人が人生を学ぶ塾の様なものなのかもしれませんね。

お客様からいただくお言葉が、良きも悪きも通知表。

そういう意味では花マルいっぱいの通知表いただける様に(笑)

気持ち新たに一意専心!!

スタッフに助けられ、お客様に助けられ、ヨシ!ガンバロ〜(笑)

小さな時計屋は、皆様のおかげで、ゆっくりではありますが

成長させて頂いている様です!!

感謝いっぱいの令和2年の冬!!

ありがとうございます😊

てる

2020-01-30 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

Dバックル革ベルト

Dバックル革ベルト

前日、革ベルト別作オーダーの事例をご紹介させて頂いたばかりですが、

店頭にて、同様のご相談をいただいたのでせっかくなので、改めて。

時計はSEIKOセイコー。

取り付け幅20mm、Dバックル幅18mm。

純正オリジナルの革が、ものの見事に、かわいそうな程、ボロボロに。

完全に劣化していました…。

「どうして数年でこうなるのかな」とご質問をいただいたので、

その革を眺めて検証…。

私: 「もしやお仕事で事務など机に向かう事が多いですか?」

お客様: 「それはもう。1日中デスクの前ですよ。」

私: 「なるほど、ですよね。」

なぜ、って!? この時計が手首に巻かれているのを想像してみたら…

デスクなどにあたる部分、擦れる部分、だけ異常に劣化が進んでおり、すり減り、

革の中材が見え、ペランと筒抜けになってしまっているから。

既製ベルトメーカーさんのバックル仕様モデル20ー18mmのカーフ型押しの中で、

ブラウンをお選びいただきお取り付けさせていただきました。

バックル仕様モデルの革ベルトは、12時側は短く作ってあり、6時側が少し

長めにしてある。

腕まわりのサイズは皆さまそれぞれではあるものの、コレが一般的にはちょうど

腕の内側に、バランス良い位置にバックルがおさまる。

肌に当たるベルト内側はラバーがあててあり汗水も染み込みにくい仕様。

コレで、少しは革の劣化も軽減されるだろうし、純正のオリジナルベルトより

リーズナブルなので定期的な交換もしやすいのでは!?

(ちなみにこの革ベルトは5,000+税)

このタイプの既製ベルトが発売になって、まだ数ヶ月ですが、多くの方に

お喜びいただいています!!

バックル付きのベルトを使われている方も、コレからDバックル仕様にしたいなと

お思いの方も、どうぞご参考になさって下さいね。

さて、あっという間に水曜日(笑)

お空は低くなんだかスッキリしませんが、どうぞ皆さま

気持ちはスッキリ軽〜くして、お過ごしくださいね〜

てる

2020-01-29 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

偶然という必然

偶然という必然

男性脳と女性脳の話題で、盛り上がったのは前日のこと(笑)

面白いほど、感じ方、考え方、対処方法、が全く違う。

「分かりあう」と言うのは実際のところ、非常に難しい様ですね。

違いに気づき壁を感じたら、それを認め、受け入れ、その中でちょうどイイ

と感じる距離感を探す。 …と言うことに尽きるのでしょうか(苦笑)

五十路近づいてもまだまだ未熟者だなぁ〜と感じる今日この頃。

起業当初より16年、大切にしてきたコトのひとつ。

アンティークやヴィンテージと呼ばれる様な年代の時計修理。

ここのところ以前にも増してそれらのご相談が多い気がします。

SEIKO SKYLINER (機械式手巻き)

SEIKO 5ACTUS (機械式AUTO)

UNIVERSAL機械式(手巻き)

外装洗浄クリーニングをさせていただきました、キレイになった。

コレから職人の手にかかり、オーバーホール(分解掃除)に入ります。

私より少し上の世代の時計達。

昭和、平成、そして今この令和の時代に、時計として時を刻み、

動いていることがスゴイ!!て素直に思う。

電化製品も車も。機械製品はどれも数十年メンテナンスも修理もせず

そのまま使い続ける、なんて事を想像……すると。  …普通に壊れます(苦笑)

どうかご縁をいただいた時計達が気持ちよく、心地よく、お持ち主様方と

共に時を刻む事ができます様にと(^-^)と…。

そんなコトを真剣に祈り、願い、メンテナンスさせて頂く。

偶然の様で必然であろうご縁に救われ、守られ、背中を押されながら、

今日も一日無事に終える事ができた。

そんな毎日に感謝です。

本日火曜日は定休日。油切れおこしている自分のメンテナンスデーです。

まだまだ使いたい身体。 大切にしよう。

てる

2020-01-28 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

続) 革ベルト別作 …その後

続) 革ベルト別作  …その後

以前よりご利用頂き、この度は別作オーダーの革ベルトを、

お作りさせていただきましたK様。

仕上がりのお電話をさせていただきましたところ、間もなく…

ご来店くださいまして、お使いのROLEXをブラッシングさせていただき、

お使い中のDバックルを洗浄させていただき、お取り付けさせて頂きました。

以前からオーストリア🇦🇹ヒルシュの革をお気に召していただいていたので革は

同じものを使い、ROLEX特有の幅19mmコレにDバックルを取り付けた時に丁度、

腕にピタリとおさまる様に採寸させていただき、K様専用ヒルシュのスペシャルオーダー。

ヒルシュは全て自社工場生産、その分作りも確実にイイ!コレは保証済み♡

とはいうものの、その分少し時間がかかりお待たせしてしまうので納期の長さを

ご理解いただける方のみ、のお受付となります。

お待たせしましたが、色よし、コシよし、縫製よし!!

コスパ抜群の質感!! その上「三方よし」笑。

とっても良い雰囲気の革ベルトが大切になさっているROLEXに、

腕に、すっとおさまり、とても気持ちよさそうに、喜んでいました。

それを確認したK様も、ニコリと笑顔を下さいました。

何よりも、お帰りの際にK様から「ありがとうございます、またお願いします!」の

お言葉と、嬉しそうな弾む背中と後ろ姿が、なんとも言えない喜びをもたらして

くれました。

革ベルトを変えると、人生の流れがかわります!!

大切なコトを、思い出させてくれる多くの若者の笑顔に出会えた、

なんとも心あたたかな週末。

ありがとうございます。

てる

2020-01-27 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

革ベルト別作

革ベルト別作

日々多くの方の時計ベルト交換に携わらせていただいている中、

時々どうしても既製品ベルトでは対応できないサイズやカタチ、素材、

それにご希望やこだわり等、があり革ベルトを別作オーダーでお作りさせていただく

機会を頂いている。

ここ数年は特に金属ベルトではなく、革ベルト仕様の時計が増えているのもあり、

革ベルトに尾錠ではなく金属バックルがついたいわゆる「Dバックル」付きものが

人気の様です。

そうなると、ただ金属バックルをつければいい、というわけにはいかず、

12時側、6時側それぞれの長さバランスを変える必要がある。

昨年、既製品にこの手が新登場しオススメさせて頂いてはいるものの、サイズ、お色

のラインナップがまだまだ限られている。

上記写真の革ベルトも、少し前から何度かご利用いただいているお客様の

別作ベルト。GSのバックルを使える様に採寸させていただき、シャークのブラック、

クロコのネイビーブルーでそれぞれお作りさせていただきました。

昨日またひとつ。新たな別作ベルトが仕上がりました。

バックル装着の上、ROREXに取り付け予定です。

オーストリア製のヒルシュブランドのラインナップをベースにしたスペシャルオーダー。

流石に質感、コシ、色、共に良し!!

時計革ベルト。今まさに、過去最高の革ベルトブーム。

オリジナルだけではなくお好きなものを、自分に合わせてカスタム仕様。

「あったらいいな」をお作りし叶えます!!

気になる方は、どうぞお気軽にお声がけくださいね。

皆様のおかげで経験値を積ませていただいてますー☆

ありがとうございます😊

てる

2020-01-26 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

ハブとの出会い

ハブとの出会い

ヘビでも将棋でもなくハブ。「ハブ」とは…。

ネットワークの中心に位置する集線装置であり、複数のネットワーク機器を接続する装置。

…納得!!

その言葉そのまんまに情の熱さを付け加えた様な、なんとも「姿勢の良い」彼。

初対面、あっという間の数十秒で、意気投合した(笑)

その時のことを、今でも覚えている(笑)

2017年ある日。出先でのお打ち合わせでダブルブッキングされた者通し、

だったのが始まりだった(笑)

あれから三年近く経ち、

ますます姿勢良く、凛々しくなり、とても頼もしい、当時から変わらない

少年の様なキラキラ目を輝かせながらも、素敵な紳士へと日々成長中(笑)

旧正月に、素敵な夢と希望のシェア会をさせていただきました。

そしてそれをカタチにしてゆくことを。

先ずは時計業界のために、時計好きさんのために、店頭で働くスタッフのために、

それがのちに自社の為になると信じて。

「あったらいいな」「できたらいいな」を叶えることのできる、人づくり、店づくり、

業界づくりを目指します!! (なんて、壮大なコトを)

笑(^^)//

できる!やる!…できる気がする! そう本気で想えるのは同じ夢を持つ

お仲間方の存在のおかげ様。業界で頑張る若者たちに、感謝いっぱい(笑)

さぁ、旧正月(春節) 。そして新月(ゼロ)。

心と身体のバランスを整え、スタートの時を迎えたいものです。

てる

2020-01-25 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

大黒天様といえば

大黒天様といえば

昨日のブログ投稿のあと……!?

なんだか少し、ナニカを忘れている感が否めずに、私の中の

どこかが少しモゾモゾしていた。

吉日ということもあり、モノコト始めるのに抜群。てことで深夜に

お財布の整理整頓をしていた時に「 あっ、、!!」想い出した。

元旦に、今年はお導きの神様、猿田彦大神が祀られた椿大神宮を

訪れた時に、普段おみくじをひかない私が引いたおみくじが「大黒天様」

だった!!

あ、そう言えばあれも。あそこも。 …繋がっていた。

お導きの神様から、旧正月と節分を前に。

進むべき方向を、ご教授いただいた様です(笑)

大黒天は、神仏習合したもの。一度仏となったが人々に福徳を授けるために再び

この世に現れたと言われている。

福徳開運の神様として信仰されている大国様に導かれ…。

福を撒き、徳を積むこと。…!? 「今大切なことは仕事!!」

…てことですね (笑)

「与えることによって受ける喜びの中で活かされる。そんな店に、そんな人に。」

と年末に決めた今年の決意表明そのまんまっ (笑)

意識が先で、それに後からついてやってくる現実!? てコト!?

未来なのに今で、今なのにすでに過去で、今どこにいるのか分からなくなりそうです

…が(笑) いや、今にいるのでしょう。

あ、だから、大切なのは「イマを味わい尽くすこと」なんだ。

と、頭の中がパーチクリー(笑)

時折の体調不良は、毎回大きな気づきをくれる。

大切な「気づき・学び時間」なのでしょう。

あ、オモシロイ!!

行き着くところ、常に。全てに感謝!という事ですね。

ありがとうございます😊

てる

2020-01-24 | Posted in 店長ブログNo Comments »