小さな時計屋の心の中

1970年代のカルティエ

1070年代のカルティエ

海の日。それにしてももう早くもクラゲさんが出ているとニュースで朝から流れる

現実。まるで地球が人類にナニカをお知らせをしているのでは?!

なんて思うほどの異常気象?! 名古屋の暑さがEgypt並み(笑)

そんな中。

ある手巻きのカルティエの修理をご依頼頂いて約1ヶ月。

文字盤がラピスラズリの石でできていて、すでによく見るとヒビが

細かく入っている手巻き時計。

裏蓋の開け閉め、機械(ムーブメント)のメンテナンスをする作業で、

このヒビが更に進む可能性があるため通常手はつけないことが多い。

しかしながら、中古で購入したという彼女の想いをしりお預かりさせて頂いた

以上、どうしてもなんとかしたかった。

職人の覚悟と技術を借り、(もちろん私自身も万が一を考え覚悟したが)ようやく

無事にお渡しの時が来ました。

早速、仕上がったカルティエに合う革ベルトを見定めしていただき、

日本の代表石國ブランドのロコッテから、ゴールドグリーンを

お選びいただきました。

地球の様な、海の様な、そんな感覚を覚えるほど美しい仕上がり♡

色白の彼女の綺麗な腕の中で、1970年代のカルティエが見事に復活!!

の時を迎えました。

とっても喜んんでくださり、私たち小さな時計屋も、嬉しくなりました。

お客様の笑顔と喜びの為に、と努力し続けて来たことが、今に繋がっている。

そう思うと胸が熱くなります。

いやぁ〜それにしても美しい!!

文字盤の弱さが強度を上げたわけでは無いので、使用上の注意事項を

なるべき分かりやすく、お伝えさせていただきました。

海の様な綺麗なブルーの時計を、このタイミングでお渡しすることができたことを、

心から光栄に、そして誇りに想います。

なんだかとっても嬉しい海の日になりました。

他にもとにかく多くのお客様方にお越しいただき、喜んでいただきました。

感謝いっぱい!!皆さま、ありがとうございます!!

てる

2018-07-17 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

美しい作品

美しい作品

久しぶりにお見せいただいたあるひとつの懐中時計。

この懐中時計を手に取り、感動したのは、そう…おそらく10年ほど、

いや、15年ほど前のことだろうか。

一目惚れのように、魅せられたその時の感動を今でも昨日のことのように

覚えている。

長く長く、歴史を刻み続け、今でもこうして動いている懐中時計。

手の中でチッチッチッチッと振動し動いていることだけで、素晴らしい。

その上、この繊細なバランスの中に存在する針の動きがなんと美しい事。

誰か がデザインを想像し、誰か が具体化し、誰か 想いを込めて

手で掘り上げたのであろうその針 を眺めると、私は胸がキュンとしてくる。

どんな方のセンスで、この針はデザインされたのだろう。

その方は、どんな経験の中でこれを作り上げるだけの技術を身につけたのだろう。

繊細で、優しく、それでいて力強く、とにかく驚くほど美しい。

これぞアンティーク!!といえる、このなんとも言えないラインが美しい。

家具も、時計も、器も、洋服も、きっときっとなにもかも。

便利さや機能性より、とにかく美しいこと、を追求されていたであろう時代に

誰かの想いの元で作り上げられたもの達は、とにかく美しい。

文明の利器、利便性を追求する時の流れと共に、その美しさ達が

貴重な存在 になっている気がしてならない。

今こそ、そう、触れるもの、見るもの、使うもの、なんでも。

美しいモノ、気持ちいいモノ、幸せを感じられるモノ、に囲まれて

生かされたいものだ。

そんなモノ達に囲まれていると、なんだか大切なコトを思い出せる気がする。

あー最幸(サイコー)♡

Bさん、貴重な時計を観せて頂きありがとうございます。

皆様も、機会あれば色んなアンティークに触れてみては?!

そんな海の日の朝。

幸せです!!

てる

2018-07-16 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

祇園祭&貴船体験

祇園祭&貴船体験

経営者の方、研究者の方、お医者様、それに、文化の世界の方、

など、とのご縁をいただき「猛烈な暑さ」の中、京都へ。

祇園祭の前祭。

船鉾 (ふねぼこ)前 集合から始まった「大人の遠足」的な学び会。

ありえないほどの暑さと、祇園祭の前祭の熱気で、京都は灼熱でしたが、

専属の芸妓さんや舞妓さん5人と共に、船鉾で、神功皇后ご神面を拝観し、

2階から船鉾にのせていただきました。

初めての体験。

日本の伝統をこうして、平成が終わろうとしている今現在も守り、紡ぎ

続けられている事実が、日本て本当にスゴイ!!

一台のバスで貴船に移動し、川床で極上のお食事会。

これもまた、今までの私の人生では経験のないオトナの遊び!

を体験させていただきました。

15〜16歳で親と離れ、大変な覚悟の上で歩まれてこられた舞妓さん。

そして芸妓さんになられたお姉さん方。

その可愛い娘さん方の姿勢や仕草、言葉、目線の配り方、気の配り方。

全てが学びでした。大きな気づきをいただきました。

サービルとは!? 少し前から大きく課題となっていた事の答えを

いただいた一日。

感謝いっぱい、お腹もいっぱい!! 幸せだーぁ♡

てる

2018-07-15 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

ベルトコーナー増設

ベルトコーナー増設

13日の閉店後。

日頃からお世話になっている内装工事名巧工芸の東端社長様に

自らご尽力いただき、ちょっぴり内装工事を施していただきました〜。

以前から年に一度少しずつバージョンUPを計ってきた時計ベルトコーナーが

また少し増設されました。

これで、今までも制覇してきた最小幅6mmから最大幅30mmまでを、少し内容を

充実させてラインナップを揃えることができるようになりました〜。

特に、ご希望の多い20mmと22mmに関しては充実感たっぷりになりましたよ。

この時期は防水性の高いシリーズ、ラバー素材、ナイロン素材、それに

革でウォータープルーフ加工を施されているもの、など充実した品揃えが

できたのでは?!と。

今日あたりからさらに暑くなりそうなお天気予報。

きっと夏を心地よきよくお過ごしいただけるのでは無いかな?!と自負しております。

慣れるまで、スタッフも少し戸惑うかもしれませんが、

「ベルトのことならお任せください!」と言えるように。

「空前のベルトブームを創る!」つもりで。と日々努力しているスタッフが

ご希望を伺いご相談にのりますので、どうぞ覗きにお越しください^ ^。

さぁ、連休です。

私本日は店頭を留守にいたしますがベルト選びの大好きなスタッフY君が

きっとイイ仕事してくれます!!

どうぞご期待ください〜。

名巧工芸様、綺麗なお仕事ありがとうございます😊

ご縁に感謝。

てる

2018-07-14 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

「大切な想い」のシェア会

「大切な想い」のシェア会

時計・貴金属の修理をするお店を。と、意を決して小さな時計屋を起業し、

かれこれ丸14年が経とうとしている。

日々コツコツお客様に「喜んで頂けることを」「喜んで頂ける様に」

私に何ができるか、なんて想いながら過ごしてきたつもり。

ここ数年、少し安定期に入ったかな?!

いや、こんな時ほど改革が必要!!いつかやる、が、今やらない。て事。

今やらないならずっとやらない。て事。

それ間違ってる!!絶対、違う!!

いつやる?? 「今でしょ」と、自問自答する私の小さな脳みそ(苦笑)

アレコレと、今だからこそやるべき事や見直すべき事がある様な、

そんな気がして、いてもたってもいられないほどの焦りや不安も感じたりする。

「タイミング」とはこの事!

ちょうど、そのタイミングが、来たのでしょうか。

(多分そうだ、自分ではそう思いこんでる。)

貴金属修理の職人と、連絡を取りゆっくり話す時間を取ることができました。

閉店後から真夜中まで、貴金属修理の職人側のモノの見方や感じ方、そして

小さな時計屋をご利用いただいているお客様のお声やご希望、もちろんその

お客様方の接客対応している、受付担当の私達の想いや考え。

のすり合わせ。シェア会となった。

白熱の時間。朝から1食目のご飯が冷たくなっているのも忘れ、

大食らいの私がお箸を動かすのも忘れるほど、一生懸命の意見交換。

おかげで職人も、食べるの忘れて(可哀相に…) 一生懸命耳を傾けてくれた。

そして沢山の想い、や姿勢、腹の中までもみせてくれたよう、にも思えた。

貴重な時間を寝る間も惜しまず過ごした事で、私達小さな時計屋の方向性や考え方、

目指すところや想いをしっかり職人に伝えることができた。

何よりも優先すべきものは、大切なモノを預けてくださるお客様の満足度や笑顔。

半年後、1年後、に安心して使って頂けるクオリティにする事。

目の前の売り上げでもないし、安くて早くて美味しいG丼の様なモノ、

でもない。

当たり前だけれど、慈善事業やボランティアでもないので、商いが成り立たなければ、

お店も職人もきっと長続きせず、結果 意味がない訳で。

ようやくこの15年積み重ねてきた貴金属修理部門のチャンネルチェンジが、

できそうな気配!!

さて、直ぐにガラッと変わりはしませんが、おそらくこれを機に、

貴金属修理部門はさらなるクォリティの向上でお客様のニーズにお応えできる

様に、なれそうです。

今日は日中、勝手ながら諸用あり留守にしますが、夜は店舗の内装がバージョンUP。

小さな時計屋14期も残すところ1、5ヶ月。

地に足つけて、皆様にお喜び頂けることを、淡々と、熱を持って、

こなしていきたいと、心から、そう思います。

ありがとうございます😊

てる

2018-07-13 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

サービス とは

サービス とは

サービス業。と呼ばれる業界でお仕事をし始めて、かれこれ20年と少し。

サービス料、という名の奉仕料を10%いただく飲食店で働くことがその

第一歩だった。

今では考えられないほど、厳しく一日中先輩に叱られ、ダメ出しされ、

言うことなす事指摘され、の毎日だった。

怖くて休むこともできずただただ必死に過ごしたあの数年の経験は、

今の私にとって宝物になっている様だ。

時計業界に突如飛び入りした時も、経験の無さから、考え、

悩んだが、「時計業界は職人や時計屋のためにあるのでは無く、

お客様のために存在するべきだ。で、あれば、お客様目線で、

お越しいただく方に喜んでいただけるおもてなし、ができる店に

さえすることができれば必ずうまくいく!!」と……。

無謀にもソレ にたどり着き、時計屋をはじめた。

かれこれ14年「サービス」とは? 「おもてなし」とは?

ということ、についてずっとアンテナを立てて過ごしてきたつもり。

でも、辿り着けない。

サービス、て。奉仕、おもてなし、でもあるけれど、無料で提供する事や、

おまけをつけることなども、またそうでもあり、この境目は今になってもまだまだ

分からない。

相手が変われば、サービスの内容も変わる。もっと言えば、

相手の気持ちやテンションなどによっても、求められるサービス内容が変わる

訳で…。

Aさんが喜んで下さったことが、Bさん、Cさんにも喜んでいただけるとは

限らないのだ。これ、て当たり前だけどなかなか…。

もちろん、喜んでいただくために、やろうとするこちら側(店や職人)も、

喜んでいただくためにナニヲするべきか、の感覚は1人1人違う訳で。

慈善団体やボランティアではないので、無料でなんでもやる訳には

もちろんいかなく、かと言ってお代をいただき過ぎることもない。

うーーーん。

「サービス」とは何か。 これはきっと一生の課題だ!!

久しぶりに、サービスについて、少し本を読んでみようか。

あー楽しい!!

未来が微笑んで「こっちえおいで」て、手を振っている様だ♡

顔晴ろう〜(´∀`*)//

てる

2018-07-12 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

匠の技

匠の技

「絶滅危惧職」という言葉を聞いたことがありますか?

私は、恥ずかしながら、初めて聞きました。

京都下京区で5人の職人さんと4代目のお父様と5代目の息子さんが

守っている、山本合金製作所にお邪魔して来ました。

日本に唯一残っている 青銅鏡作り、磨き。そして仏具の磨きや作成をされている

150年企業様。

銅鏡磨き体験をたまたまさせていただくという、運の良い、貴重な体験、

体感の一日を過ごさせていただきました。

5代目から、銅鏡の歴史を教えていただきました。

神社仏閣の御神殿に置かれている銅鏡。

魔鏡と呼ばれる不思議な鏡も見せていただき、触れさせていただきました。

日々、淡々と、コツコツと、想いを込め、金属を溶かし混んだ鋳物の塊を

磨き続けて1ヶ月でひとつの鏡を仕上げるそうです。

スゴイ!! 唯一、ということは、完全に「絶滅危惧職人」!!

銅の小さな鋳物を時間をかけて磨き鏡を作る体験をさせていただき、

その不思議さと、大変さを身を持って体験できました。

5代目の職人の姿勢、息遣い、想い、覚悟、その歴史の詰まった社内の

空気感。がたまらなく自分の中のどこかを刺激され、自分の仕事について

改めて向き合う機会となりました。

いくつもの金属ヤスリで磨き、何種類もの紙ヤスリで磨き、

す朴木、駿河、何種類もの炭で磨きあげる体験は、不思議体験になりました。

角度によって見え方の違う鏡。

隣の芝生はよく見える(笑)の再現。「自分の欠陥ばかりに目をやる必要などない」

と教わりました。

体験後は島原の素敵な町家カフェで5代目と共にティータイムまで。

想いやいきさつを伺いこれまた素敵時間。

人とのご縁。 鏡を磨き上げるのと同じ様に、真剣に自分に向き合い、

隣の芝生を羨むことなく、自分の鏡である御霊を、ピカピカに磨き、

いただいたご縁を大切に紡ぎ続けたいものです。

この体験で、また少しチャンネルが変わった気がします。

この感覚を、仕事に落とし込みスタッフと共有する。

これが課題です。

ありがとうございます😊

てる

2018-07-11 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

1 / 21112345...102030...最後 »