小さな時計屋の心の中

革ベルトの加工について(カルティエ編

2022年9月23日(金)

台風14号の影響による列車遅延に思いっきり巻き込まれて、アレやコレやと面白過ぎる(いや、もはや笑うしかない)流れとなった火曜日。翌朝お天気もお空の色も強い風に押されて一気に爽やかな空気に一変!!と共に、何故か朝からトラブル続きの水曜日。そんな最中、人との接触で新幹線が長い時間止まり、長い時間ホーム車内で待ちぼうけとなった方もおられた様で。  駅構内コンコースも改札付近に多くの方々が殺到し、溢れていました。

日常が、まるで波の様に押したり引いたりあちいったりこちいったり。  時の流れの早い事。

これも、水星の逆光の影響だったりするのかな。人間関係や契約事、電子機器や通信機器、それから乗り物などの交通機関にトラブル起きやすいと言われているしなぁッ。

とはいえ、汚れもほこりも洗い流された様な、気持ち良い風が吹く名古屋の街。

それぞれが、それぞれにとって。少しでも心地よく、ご機嫌様で過ごせる様な… 、優しい風が吹いたらいいのになぁ〜。(と言いながら自身は落ち着きない頑固者、台風みたいなとこある💦)

今日は前回からの流れの延長編〜。 革ベルトの加工とお取り付けについてのご紹介を。 秋色ど真ん中!ボルドー(バーガンディ・ワイン)の革とカルティエの組み合わせでご紹介〜。

時計側の凹凸に合わせてキレイにカット。そしてハンダで焼き溶かし、コバの色合わせをしてコバ塗り。乾燥後にお取り付け。かんせーい!!

ゴールドケースのカルティエに深いボルドーのお色がとってもイイ感じに仕上がりました。

 革ベルト交換でお悩みの方、カットや加工やが必要で革ベルト交換ができずにおられる方にこの情報が届くといいなぁ〜。

さぁ週末は秋分の日含め多くの方が連休ですね〜。どうぞ皆様ごきげん様の時をお過ごしくださいませ♪

2022-09-23 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

時計革ベルトの加工について(ビビアン編

2022年9月20日(火)

『本日9月20日は火曜日の為定休日です』

昨日は、台風14号の影響により名古屋駅構内店舗で15:00閉店の運びとなり、当店ももれなく時短営業と致しました。 もしかすると、その後お越しくださった方もいらしたのでは?と、少し気掛かりもありながら。    そして本日20日は火曜日ということで定休日。 重ねて、ご不便をおかけ致しております。

今日は小さな時計屋の強み。革ベルトのカット加工とお取り付けした事例のご紹介を。

お馴染みの「VIvienne Westwood」ヴィヴィアンウェストウッド。 少し明るめの茶色の革仕様のこちらの時計をイメージチェンジ♪ 革ベルトの接続部分が特殊形状のため、カット加工が必要。 お持ち主様がお選びになられた革は、カシスブランドのミシン目(ステッチ)のない薄いパールグレーの革。こちらを加工してゆきます。のでどうぞご参考になさってください。

カットした革は、汗水で痛みやすいなんて事の無いように、ハンダを使用し焼き溶かし、その後色合わせをしたコバを塗ります。乾燥させた上で時計に取り付けします。少し曲がれば全体的に仕上がりが不格好に。 日々毎日の様に施行するスタッフT君、かれこれ20年弱続けているから技術は相当かと(私の自慢でもありますw)

もちろん加工はサービスで行います。サービスという付加価値こそ、手間暇かけて丁寧におこないます。ここ数日は特にご依頼が多く当店の年季の入ったハンダさん大活躍(笑) そしてT君の経験値も爆上がり中!

有難いことです。経験を積むにはご依頼があってこそ。技術があるから自信持ってお受けできる。ありがとうのグルグル循環が渦を巻いています。

いまこのタイミングで営業時間短縮は正直いたい。しかしながら、小さな時計屋は多くの皆様からいただく信用信頼によってあたたかく有難く、支えられています。

感謝♾

2022-09-20 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

〜台風14号による営業時間変更のお知らせ〜

2022年9月19日(月・祝)

〜台風14号による営業時間変更について〜

本日9月19日(月祝)は、台風14号の影響により15:00にて閉店となります。ご予定下さっておられる皆様におかれましては、大変ご不便をおかけしますが、どうぞご理解くださいますようお願い申し上げます。

尚、明日は火曜日の為定休日となりますのでご注意くださいませ。

どうぞ皆様、ご安全にお過ごしくださいませ。

2022-09-19 | Posted in お知らせ, 店長ブログNo Comments » 

 

感謝参りでまた感謝〜伊勢志摩巡礼編〜

2022年9月16日(金)

小さな時計屋新期がはじまって2週間。 9月は、毎年ナゼか思考があれこれかけ巡り、心落ち着かずに過ごす事が多いので、感謝の想いを行動に移し「お礼参り」と称し感謝の想いでご縁のある神社仏閣などへ参拝させていただく時間を毎年欠かさず割くようにしている。

行きつけのガソリンスタンドでガソリン満タン、手洗い洗車に加えいつものタイヤ磨きもして下さった。そこから旅はスタート!!

まさか、こんなことが起きようとは!!

先ずの行き先伊雑宮へ向かうため、伊勢から志摩方へと繋がる伊勢道路を走行。 山中へ入り樹々のトンネルと木漏れ日以外は何にもない山の中で突然、「タイヤ空気圧トラブルの警告音」が愛車の中に響いた。!?!?  まさかや💦 ナニナニ💦

愛車はお盆休み明けにディーラー修理点検から戻ったばかり。しかも旅のスタートは安全を気していつものGS…。それでもこんな事、てあるのですね。伊雑宮のそばの民間車検工場?に突然飛び込み救いを求め…、そこの皆様にお力添えをいただき、ことなきを得たのですが。 お礼を込めての感謝巡礼に訪れた先で地元の皆様の優しさに救われる、というなんとも感動の一幕でした。(それにしても良かった、どうなっていたことか)

旅中の有難いお心遣いや優しさは他にも多々、雪崩の如く降り注ぎ気分高揚し子供の様に夜も眠れぬ始末。  ただただ、何から何まで、全てが有り難く、ご縁をいただいた全てのキャストの皆様お一人お一人のもとへお礼参りに伺いたいくらいの心境に。

元々、この巡礼は毎年、かたじけなさや感謝の想いなど大切な想いを改めて実感するために、おもてなしやサービスについて考え感じ、またそれを「心底体験体感する旅」という趣旨ではあるのだけれど。

それにしても今年の巡礼はあまりにもグレイトだった。

まるで滝の様に、雪崩の如き勢いで降り注ぐ光を受け取った。さてコレをどう流してゆくのか、ココ大事! そう。受け取ったものの流し方を追求する事こそが生きる道なのかもしれないな。

感謝♾

2022-09-16 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

ありがとうのぐるぐる(トタン屋根のケーキ屋編)

2022年9月13日(火)

『本日9月13日は火曜日のため定休日です』

「いつも多分なお声がけをいただきありがとうございます」「こちらこそ素敵なご縁をいただき感謝してます」「沢山の注文を下さいまして、本当にありがとうございました事心より感謝致します」「こちらこそお客様方にお喜びいただけ嬉しい限りです、有難いことです」なんて感じ…笑。   熊本市内にある「トタン屋根のケーキ屋ア・ラモート」の菓子職人新本さんは、私の中で七福神大黒様よりずっと高い位置におられる。最上級の商売の活き神様。お声をお聴きする度に、ありがとうと感謝の交換になり、そこに渦ができるのだからその波が半端ない。しまいに胸が熱くなり、自然と涙が溢れる。

今シーズンお配りしているお菓子の第三便が届いた時、段ボールの重さに……!?!? 違和感を覚え開けてみるとやっぱり。ズシリと重みのあるパウンドケーキが入っていた。 そしてその日は熊本の祖母のお誕生日だったのだからこれまた嬉しい限りだった訳で…。美味しい紅茶を淹れ、お気に入りのお皿に移し、祖母へのバースデーソングを心の中で唱え、美味しくいただきました。

口へ運ぶと優しい新本さんの想いが、全身に沁みてゆくような優しいケーキ。 クッキーひとつとっても、アーモンド、小麦粉、バター、それぞれ厳選して集めた材料達を熟練の手仕事で深い感謝の想いと共に練り込まれ美味しいクッキーへと焼き上げられる。

いただくと幸せの味がする♡ ありがとう、こちらこそありがとう、と感謝の交換をするだけで胸が熱くなり、溢れる涙を止められなくなる。

今この世に、ありがとうの循環が渦巻き心温まる場所が、そう想える関係性が、一体どれくらいあるのだろう。新本さんは30年以上、毎日焼いたケーキを自らの自転車で🚲配達されている。 今では、その自転車に出会うとHAPPYが訪れるとの伝説にもなっている。

地球遊びのプロフェッショナルでもある写真家Tさんがよく仰る言葉が浮かぶ。 せめて自分の周りにいる縁ある人々だけでも全力で愛したい、そしてそれぞれが幸せで居られるよう全力を尽くす。そう、例えば皆がそれを実行に移せば、世界は必ず幸せになるはずだから。と

全ては自らの観たいように視え、在りたいように在れる。今こうして、有難さを噛み締めながら、感謝と共に在ることが自らが幸せなのだとつくづく想える。

ありがとうのぐるぐる循環!に感謝です。

誰かに心を込めて感謝の想いを伝える。たったそれだけがこの世が幸せに導かれるカケラになる。単純なのにそれが出来ないイマ。 めんどくさい事や手のかかる様に感じる事ほど、丁寧に想いを込めて。そんなふうにできたらいいなぁ。

2022-09-13 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

続〜年代物の時計修理

2022年9月9日(金)

いつもあれやこれやとぐるぐる頭の中で考えていて心が落ち着かない自分がいる。「まぁまぁ、いつものことだ」とそれを冷静に観ている自分もいる。まるで、そのバランスを調えるためかの様にお店内に静かな時がゆっくりと流れる9月。(創業からの通例) 両極端のはざまに身をおき、落ち着いて穏やかに時を過ごしたいものです。「19歳を迎えた小さな時計屋、流石にそろそろおとなになろ〜よ、わたし!」と叫ぶあたしがいます。

今日のテーマは『続〜年代物の時計修理』

前回、ご紹介しました年代物の手巻きゼンマイ式掛け時計修理の裏話から。もちろん箱物と呼ばれる掛け時計達も定期的にオーバーホールが必要です。昭和中頃まで世の中で広く活躍していたゼンマイ式時計達。それらを治してきた熟練の技術と経験を持つ職人達は高齢化が進んでいる。 それに、実際需要も限りなく少なくなっているのが現状です。 もちろん今は大丈夫です。 ただ、修理受付がいつまでできるのかは正直わからない。 だから、というわけではないけれど、大切にしたい掛け時計があればどうぞメンテナンスの検討はお早めに、お早めに、どうぞ。 これが今の国内時計修理屋のあるある課題!だろう。

腕時計についても同じようなことが言える。年代物の時計修理を受付する修理店は少ない様子。実際、現行モデルのようにはいかないので、手間暇がかかる、そしてトラブルや再修理も無くはない。 受付するのやめようかな、という流れになってゆく。これもあるある課題!

職人と呼ばれる希少価値の高い技術者達が、少しでも気持ちよく従事できるために、業界の裏側を少しでもナニカ変える、きっかけを創れたら!と想い続けてきました。 お陰様で19年目、小さな時計屋は年代物の時計修理に関してはちょっとした得意分野になりつつあるのかしら(笑)

新しいか古いかではなく、大切にしたいモノなのか否か、で判断し、 誰かが大切にしたいモノを、他の誰かが治してあげる。そんな当たり前のことができるこの業界であって欲しいな。

小さな時計屋は、在る限り。そこにこだわり続けたいと、つくづく想うばかりです。『関わるすべての皆様のために』19年前に掲げたこと。 そう、お客さまはもちろん、スタッフとその家族、職人、取引先、同業他社の仲間、皆の為にできることを、できる分だけやり続けたい!

どうぞ皆様のもとに心地よい時が流れますように。

感謝。

2022-09-09 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

年代物の時計修理

2022年9月6日(火)

『本日9月6日は火曜日の為定休日です』

もうすぐ9月かぁ〜って、楽しみに思っていた。そして気づけばいつの間にか5日が過ぎている。こんなして心身ともに健やかに、そしてのんきに、今日を過ごせていること自体につくづく、感謝しか生まれない。  こうしている今も、沖縄、九州をはじめ各地で天候による不安や心配と共にお過ごしの方々がおられるのですから。 安心・安全を心から祈るばかりです。

今日のテーマは『年代物の時計修理』

今でも続く、オートカレンダーシリーズの初期型とも言える置き時計。昭和レトロの時代のモノたちの美しい事! (人の想いとモノがちゃんとバランス良く交信しているよう) 古い、と言っても電池式の時計。という事はそこまで古くない、とも言えるのかな!? (視方によりますね) 電池ボックス周辺の接触部分のサビや汚れを綺麗にし、配線等の修理でなんとか動き出しました。

時計の針を動かすために、2箇所の穴に専用鍵を挿し込み、ゼンマイを巻き上げる。ゼンマイが解ける力で針が時を刻む。 「昭和レトロ」とちまたで絶賛されている掛け時計。

市内Tさん宅のユンハンス。こちらもおそらく昭和前半頃と思しきゼンマイ式掛け時計。 鍵を巻き上げる音、ゼンマイが解けるかすかな音、針が刻む時の音、日常を大切に生きていた人々の生き遣いの香りがする。

ひとつひとつのコト・モノ・ヒトにどう向き合うか、どうこなしてゆくか、によってその先の時の流れは確実に変わってゆくものです。ゼンマイ式時計も、電池式時計も、修理受付の可否には関係なくアンティークでも最新衛生電波やGPSでも、どうぞ遠慮なくご相談くださいませ。

モノを大切にする人はヒトも大切にします。

モノを大切にする人はトキも大切にします。

明日9月7日、小さな時計屋という屋号を法務局に届け出、法人として誕生させてから19年目の誕生日です!!多くの皆様に助けられ、愛され、ご支持いただきここにいられる事に、心より感謝申し上げます。

ご縁いただくコト・ヒトを大切にできる自分で在るために、先ずはモノを大切にしよう。そう自らに言い聞かせている50女子。今しばらく、この業界で頑張りたいと思っておりますので、どうぞ皆様引き続きよろしくお願いを致します。

♾感謝♾

2022-09-06 | Posted in 店長ブログNo Comments »