小さな時計屋の心の中

大嘗祭前日

大嘗祭前日

信仰心も、見えない世界も特にないと思い生きてきたつもりでいながら、

子供の頃から、ふといつの間にか。

月に、空に、大自然に、鳥達に話しかけていた。

雨の日は神様が泣いていると思っていた…「何がそんなに悲しかと!?」

と空に話しかけていた事を覚えている(笑)

そしてそれが普通だと思っていた。(変な子だったのか?!)

いくつの時だったか…、誰かにツッコミを入れられて、

初めてそんな自分が普通ではないのか?と真剣に想った事があったな。

心許せるお友達がいないと思い込んでいたのも、家族にすら何も言いたい事

を言えなかったのも、

今となればありがたい環境だったと想えます。

「子供の頃なんて何にも考えずにいた」というのがきっと普通なのか…。

私は子供の時は毎日、考え、悩み、それは子供心に逃げ出したくなるほど…。

でも逃げ出す術もなく、ただ…辛かった…。

その分、今さらかのように、「子供」を生きているのかもしれません。

…今は、特にむづかしい事考えず悩まず生きてる様に思えてならない (笑)

もしかしたらコレが原因で、ご迷惑おかけしている方もみえるのかしら(苦笑)

だとしたらごめんなさい!!(…ではすみませんね)

昨日、全国の神社で一斉に執り行われた「二日前大祓」によって、

地が祓い清められました。

そして美しい満月の光でしたね。

(※この写真は友人Nさんから届いた昨夜の満月です)

続いて今日は、人。

いよいよ禊の時。ホコリを祓い、いらぬプライドや意地を手放し、

子供の様に無邪気な心で、自分にまっすぐ姿勢を正して過ごしたい

ものです。

そして明日はいよいよ天皇陛下の一世一代の祈りによって

天が清められる。

「礼を尽くし和を尊ぶ」

日本国 令和の時代。いよいよナニカ始まるのかもしれません。

(あくまでも勝手な見解であり、私の独り言です)

いつも笑顔で、機嫌よく、お役に立てる存在で在りたいものです。

てる

2019-11-13 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

令和元年11月12日(満月)

令和元年11月12日(満月)

いつの間にか時は11月も折り返し目前。

名古屋駅前もイルミネーションが綺麗な季節です。

12日。いよいよ大嘗祭の二日前、という事で。

全国にあるほとんどの神社では「大嘗祭二日前大祓」

が執り行われるそうです。

大嘗祭での「天皇陛下一世一代の祈り」を前に、日本国土が一斉に「祓われ」

「清められる」すごい日!!!になるのですね。

その上全てが満ちる満月。

誰もが、何処にいても、誰といても、状況などに関係なく、地から天から湧きあがる

祈りの中に包まれるのでしょう。

11月半ばに入り、半年一度の小さな時計屋恒例行事(笑)

私自身の禊業も始まっています。

この一年を振り返るとともに、来年をどう過ごすか。

「指針表明」をしたからと言って何が変わるのか、変わらないのか、

分かりませんが、少なくとも私なりには 何か思考が「行き先」を設定すると

自然に全ての流れが川の様にそちらに向かうのでは無いか。

と思っています。

毎晩 夜の数時間。正座をしているとフッとメッセージがどこからともなく

届きます。その中に、翌年のキーワードが必ず含まれることになるのです。

それが新たな年の指針になる。

その指針を表明する事で、道ができそちらに導かれる。

思考が全てを創り出す。という事…。

年賀状、てそもそもそういった想い(姿勢)で書かれていたのではないかなぁ〜。

誰のためでもなく、自分自身と向き合う為に。 なーんて事を想いながら、

600〜700人のお名前とご住所を静かに書き続ける訳です…(笑)

さて今日は火曜日のため定休日となります。

皆さまどうぞ心温かな一日をお過ごしくださいませ。

てる。

2019-11-12 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

教訓

教訓

数年前、出逢った言葉。

「 気は長く 心は丸く 腹立てず 口慎めば命長かれ 」

この言葉に出会った日のコトを振り返り、今になって想う…。

この言葉を念頭におき、本気で生きる覚悟をする日!だったのだろう。

(あの日はそこまでのことと捉えていなかった様にも想う……あまちゃんでした(笑))

考えは浅く、そこまでの覚悟も無いまま、一歩を踏み出したあの日のその瞬間のコトを、

今でも鮮明に覚えていて、時折…想い出す事がある。

どちらかといえば…わりと気は短く、心に隠したトゲを持ち、

小さな事で向きになって腹を立てたり、空気が読めずに余分な事を口に出したり。

そんな自分を律する、絶好のタイミングが、出逢いが、あの時に訪れたわけッ。

あれから数年。

さて、どうでしょうか。

まだまだです…。

いやいや、本番ゎようやくコレから、なのかもしれません。

一日一生。日々の日常が、修行の場「道場」ですね。

どうせ日常が修行なら、思い切り楽しみながら道場通いをしたいものですッ(笑)

自分の前に訪れるモノ、コト、ヒトは、全ては「然り」の「身の丈」。

落ち込んでる暇はないぞっ (笑)

深ーく呼吸して、気を落ち着けて (笑)

あ、その前に。先ずは美味しいもの食べて、会いたい人に会い、

行きたいところへ行こう。

そう、それからそれから(笑)!!

人生を楽しむ達人Yさんが言っていた(笑)

「お腹を空かせているコト、1人でいるコト、は減らしたほうが良い」と(笑)

さて、今日はどんな 美味しいもの食べようか♡

「教訓」との出会いのおかげで今が在り、

あの教訓を目にしたおかげで安易ながらもあの時一歩を踏み出すことが出来た、

そして今その教訓の意味を深く感じ、私はまだまだだなぁと地に足がつき。

そうやってのんびりと生きるのもまたよし。という事にして…。

ちっとも前に進みません…… (失笑)

結局のところ、「私はいつでも幸せ!!」てコトッ!!

モノ、コト、ヒト、すべてのご縁に心から感謝。

ありがとうございます😊

てる

2019-11-11 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

砂時計

砂時計

オープンの頃から店頭に砂時計を沢山並べたくて…。

これまでいったいいくつの砂時計を購入してきただろうか…(笑)

カタチあるものいつかゎ壊れるもので…。

コレは静かに、受け入れるコトであり。コレもまた良い経験…。

11月9日。

小さな時計屋の店頭に、楽しみにしていた新しい砂時計が4点。

新たに仲間入りしました。

(あくまでも、ディスプレイで売り物ではありません)

今までも置いていたすらっとしたシルエットの30分時計も良いけれど、

今回のは少しどっしりと構えたシルエットの、座りの良い60分時計シリーズ(笑)

砂が落ちてゆくのを見ていると、不思議な気持ちになるのは

きっと私だけではないのではないでしょうか…。

サラサラと落ちてゆく瞬間がなんとも言えない感覚を感じてやまない。

上記の写真は以前から置いていた30分(右)と新たに仲間入りした60分(左)

うーん、イイッ!

ようこそ♡

店内ディスプレイとしていくつも在る砂時計たち。

サラサラと、「ただ重力に任せて流れ落ちる」という当たり前の砂時計達。

なんだか、大切な「ナニカ」を教えてくれている様に想えます。

自分の状況により違う感覚を味わえます。

砂時計とアンティーク時計の販売をしながら時計修理をする。

そんなお店で、年代物の時計修理のサポートをさせていただく。

そんな環境でお仕事できたらイイなぁ〜(笑)

なぁんて思ったり。色々な妄想がフワフワと膨らみますッ(笑)

砂時計の砂一粒一粒が、「喜びのかけら」「ありがとうのかけら」にしてゆけば、

その砂時計を眺める誰かがHAPPYに包まれる。

そんな事を想うと、毎日のちょっとした事も、全てが「幸せのかけら」の様に

感じ愛おしく想える♡

日々が、幸せのかけら集めなのかもしれませんね。

新しい砂時計さん達、ようこそ小さな時計屋ぇ。

ありがとうございます。

今日の午後は「祝賀御列の儀」ですね。

この上ない心地よい小春日和。

小さな幸せの欠片がが大河になります様に…。

どうか皆様ステキな1日をお過ごしくださいませ。

てる

2019-11-10 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

72年の時を超えて

72年の時を超えて

私には、母親の様に慕い、まるで本当の娘の様に(いや、それ以上に)愛を

注いでくれている女性の存在が、母親以外に何人もいる。

母性に見守られ、ここまでくることが出来ました、

本当に有り難い事です。

11月8日は、私の生みの母の誕生日。

という事で、1人でケーキを頂きながらバースデーソングを祝詞にし(笑)

彼女の無事と、感謝の気持ちを、1人静かに祈らせていただきました。

さかのぼる事 8日の朝。 連絡をすると、毎年恒例のいつもの聴き慣れた

言葉が返ってきた。

ま、元気だからこそ出るその言葉……。と捉えると、

ソレもまた良し!! なのであるッ(笑)

きっと、子や孫たちに囲まれ、日々楽しく笑顔で過ごしていることだろう。

そう想うと、少しホッとする。 そして…やっぱり感謝。

彼女が72年前の今日、私の大好きな祖父母の直系の長女として生を受けなければ、

確実に今の私の存在は無いのだから。

その8日…。

朝方からなぜか、「卒業」が頭から離れないでいた(笑)

「この支配からの卒業」「闘いからの卒業」

なんだかここを繰り返し繰り返し。一日中…。

優しく切ない尾崎さんのあの声が、身体中いっぱい大音量で響いていた。

なぜかは……よく分からない。

子供の頃から背負ってきた、あの支配や、しがらみとの闘い、から卒業する時。

というお知らせなのかもしれない。(全て自分が撒いた事なのですが(笑))

72年の時を超えて、コレから新たなステージの始まりなのかもしれない。

そんな気がする事にも感謝です。

外の空気が少しヒンヤリとし始めましたね、心も身体もポカポカに

温めておきたいものです。

小春日和の気持ち良い朝に感謝。

皆様どうぞステキな週末をお過ごしくださいね〜。

てる

2019-11-09 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

時計の革ベルト(バックル付き)

時計の革ベルト(バックル付き)

時計の革ベルトに、最初からバックルがついているデザインの

時計があるのをご存知かと思いますが、その影響でここ数年、

時計の革ベルトをお探しの際に「 バックル付きのものは有りますか? 」

とお声がけをいただくことも少なくない。

もちろん腕まわりのサイズにもよるのですが、バックル仕様にする場合、

革ベルトの長さ(時計の12時側、6時側)のバランスが合う方が少なく、

既製品の革ベルトでは、装着時にバックルの位置が心地良くないことが多い…。

これまで15年ほど、これをお悩みの方々には…。

バックル仕様にするのを諦めていただくか、

腕まわりのサイズに合わせて別作、お好きな革でお作りさせて頂くか。

でご対応して参りました。

が、これを解決できる革ベルトが既製革ベルトが、ようやく!!

できました!!

コレでDバックル付き革ベルトの交換も、スムーズにさせて頂けます。

お色はブラック、ブラウン、ネイビーの3色。

サイズは20mmー18mm。

どうぞ気になる方はお気軽に、先ずはお声掛け下さいね。

お試し頂けます!

このDバックル付き専用革ベルトの存在を、多くの方に知っていただけます様に。

ありがとうございます😊

てる

2019-11-08 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

時計金属ベルト修理

時計金属ベルトの修理

日々、沢山の時計修理のご相談をいただく中、

時計の金属ベルトの修理依頼数が、あまりに多い気がする…。

これってそれだけ多くの方がお困りになられている。ということかな…。

参考になればと思うので、一部ご紹介させて頂きます。

ブルガリの金属ベルト修理をさせていただきました。

ベルト部分を外して洗浄。サビと汚れを綺麗に落として、駒の交換

をさせて頂き、腕まわりのサイズを調整させて頂きました。

こちらもオメガシーマスターの金属ベルト破損修理をさせて頂きました。

ベルト部分を外して洗浄し、サビと汚れを綺麗に落とした上で、

ピンの交換と歪みを調整しバッチリ修理完了!

バックルのプッシュボタンの戻りも良くなりパチンと留まる

様になりました。

毎日いくつもの時計の金属ベルトの修理が仕上がり、お持ち主様の元に

戻っていきます。

お客様の時計修理のご依頼をいただき、おかげ様で私たち小さな時計屋は、

日々、お仕事をさせて頂くことができます。

そしてお渡しした時にお客様から作業に対する対価(お代)だけで無く、

喜びの笑顔と心からのありがとうの言葉をいただいています。

色々な経験をさせていただくことで技術を磨くことができ、やりがいをいただき、

お代をいただき、その上、他の何にも変え難い極上の喜びをいただき…、

本当に幸せです。

ご縁いただく全てのご縁に、心から感謝いっぱいです!!

ありがとうございます。

てる

2019-11-07 | Posted in 店長ブログNo Comments »