小さな時計屋の心の中

続〜年代物の時計修理

2022年9月9日(金)

いつもあれやこれやとぐるぐる頭の中で考えていて心が落ち着かない自分がいる。「まぁまぁ、いつものことだ」とそれを冷静に観ている自分もいる。まるで、そのバランスを調えるためかの様にお店内に静かな時がゆっくりと流れる9月。(創業からの通例) 両極端のはざまに身をおき、落ち着いて穏やかに時を過ごしたいものです。「19歳を迎えた小さな時計屋、流石にそろそろおとなになろ〜よ、わたし!」と叫ぶあたしがいます。

今日のテーマは『続〜年代物の時計修理』

前回、ご紹介しました年代物の手巻きゼンマイ式掛け時計修理の裏話から。もちろん箱物と呼ばれる掛け時計達も定期的にオーバーホールが必要です。昭和中頃まで世の中で広く活躍していたゼンマイ式時計達。それらを治してきた熟練の技術と経験を持つ職人達は高齢化が進んでいる。 それに、実際需要も限りなく少なくなっているのが現状です。 もちろん今は大丈夫です。 ただ、修理受付がいつまでできるのかは正直わからない。 だから、というわけではないけれど、大切にしたい掛け時計があればどうぞメンテナンスの検討はお早めに、お早めに、どうぞ。 これが今の国内時計修理屋のあるある課題!だろう。

腕時計についても同じようなことが言える。年代物の時計修理を受付する修理店は少ない様子。実際、現行モデルのようにはいかないので、手間暇がかかる、そしてトラブルや再修理も無くはない。 受付するのやめようかな、という流れになってゆく。これもあるある課題!

職人と呼ばれる希少価値の高い技術者達が、少しでも気持ちよく従事できるために、業界の裏側を少しでもナニカ変える、きっかけを創れたら!と想い続けてきました。 お陰様で19年目、小さな時計屋は年代物の時計修理に関してはちょっとした得意分野になりつつあるのかしら(笑)

新しいか古いかではなく、大切にしたいモノなのか否か、で判断し、 誰かが大切にしたいモノを、他の誰かが治してあげる。そんな当たり前のことができるこの業界であって欲しいな。

小さな時計屋は、在る限り。そこにこだわり続けたいと、つくづく想うばかりです。『関わるすべての皆様のために』19年前に掲げたこと。 そう、お客さまはもちろん、スタッフとその家族、職人、取引先、同業他社の仲間、皆の為にできることを、できる分だけやり続けたい!

どうぞ皆様のもとに心地よい時が流れますように。

感謝。

2022-09-09 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

年代物の時計修理

2022年9月6日(火)

『本日9月6日は火曜日の為定休日です』

もうすぐ9月かぁ〜って、楽しみに思っていた。そして気づけばいつの間にか5日が過ぎている。こんなして心身ともに健やかに、そしてのんきに、今日を過ごせていること自体につくづく、感謝しか生まれない。  こうしている今も、沖縄、九州をはじめ各地で天候による不安や心配と共にお過ごしの方々がおられるのですから。 安心・安全を心から祈るばかりです。

今日のテーマは『年代物の時計修理』

今でも続く、オートカレンダーシリーズの初期型とも言える置き時計。昭和レトロの時代のモノたちの美しい事! (人の想いとモノがちゃんとバランス良く交信しているよう) 古い、と言っても電池式の時計。という事はそこまで古くない、とも言えるのかな!? (視方によりますね) 電池ボックス周辺の接触部分のサビや汚れを綺麗にし、配線等の修理でなんとか動き出しました。

時計の針を動かすために、2箇所の穴に専用鍵を挿し込み、ゼンマイを巻き上げる。ゼンマイが解ける力で針が時を刻む。 「昭和レトロ」とちまたで絶賛されている掛け時計。

市内Tさん宅のユンハンス。こちらもおそらく昭和前半頃と思しきゼンマイ式掛け時計。 鍵を巻き上げる音、ゼンマイが解けるかすかな音、針が刻む時の音、日常を大切に生きていた人々の生き遣いの香りがする。

ひとつひとつのコト・モノ・ヒトにどう向き合うか、どうこなしてゆくか、によってその先の時の流れは確実に変わってゆくものです。ゼンマイ式時計も、電池式時計も、修理受付の可否には関係なくアンティークでも最新衛生電波やGPSでも、どうぞ遠慮なくご相談くださいませ。

モノを大切にする人はヒトも大切にします。

モノを大切にする人はトキも大切にします。

明日9月7日、小さな時計屋という屋号を法務局に届け出、法人として誕生させてから19年目の誕生日です!!多くの皆様に助けられ、愛され、ご支持いただきここにいられる事に、心より感謝申し上げます。

ご縁いただくコト・ヒトを大切にできる自分で在るために、先ずはモノを大切にしよう。そう自らに言い聞かせている50女子。今しばらく、この業界で頑張りたいと思っておりますので、どうぞ皆様引き続きよろしくお願いを致します。

♾感謝♾

2022-09-06 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

ジュエリーの修理

2022年9月2日(金)

「ジュエリーの修理」

決算月8月を終え、新たな期のスタートを迎えた9月。公私共に特別な月。 毎年初心に戻りつつも時と共にまた忘れ…。これを何度も何度も繰り返しながら19年目、モジョモジョと少しづつは先に進めているのだろうか(笑) 月末は1日早めのお礼参りをさせて頂きました。どう考えたってここまで来られたのは他力、ご先祖様含め神の御技が働いているとしか思えないもの。 起業時から続いているお客様方への手書きハガキとお礼参りだけは、何があっても引退までは続けるんだろうな。

毎年夏の終わりに必ず訪れる「9月」によって、立ち返る機会を頂けていることが何よりもの救いです。 まんまるい玉の真ん中にこの身をおき、ブレず、慌てず、バランス良く在りたいものです。

あ、今日はジュエリー修理のご紹介をしよう。

修理痕の跡形もなくきれいに磨かれたリング。いかがでしょう?

指輪の内側にある刻印のないところを選び、ギコギコ切り同じ金属を足してロー付けをする。たたいて伸ばすのとは訳が違う。高温で焼き溶かしてつけるのだから変色も跡も残る、これを見事なまでに綺麗に磨き仕上げる職人集団がいるおかげで、小さな時計屋はジュエリー修理のご依頼は絶えない。

WG素材のリングの場合は一連の工程にプラスし、ロジウムメッキを施す必要あり。出来栄えはとにかく美しい。 サイズの合わない指輪、傷だらけになったジュエリー、切れてしまったネックレス、壊れたピアス、などなど。

もちろん壊れた時だけではなく例えば、時計の分解掃除と同じように。長年使ってきたジュエリー達を、メンテナンスとしてキズの磨き直しや型崩れ直しなど、試しに依頼してみてはいかがだろうか。

驚くほど綺麗になりますよ✨

綺麗にしておくだけで、気持ち良い上にナニカがちょっと変わってゆく!

結局のところ、ごきげん様で気持ちよく過ごすことに尽きますもの。

2022-09-02 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

SKAGENスカーゲンの電池交換

2022年8月30日(火)

『本日8月30日は火曜日の為定休日です』

まさに今、陽が静かに西の地に浸透してゆく、そんな時間を眺めるのがたまらなく好き。日々向き合っている時計達がチクタクチクタクと刻む時とは全く別の、壮大な生命が刻む時間の存在に触れることのできる貴重な時間。 古代から続く時の流れの中で生かされている。という奇跡的絶対の存在が、日常に新たなトッピングを与えてくれる。 そろそろ空高く吹き抜け、眺めるのが益々楽しくなる季節の到来です。

今年はなんだか特別な気持ちでこの季節を待ち侘びています。

さて今日はSKAGENスカーゲンの電池交換について。少しご紹介を。

スカーゲンの時計にも色々ありますが、中でも裏ブタが無く一体型ケースの電池交換については「他店で断られたのですができますか?」なんて問い合わせも多くございます。「もちろんなんでもやらせていただきます。」

日々多くのお電話やメールでの問い合わせをいただいていますが、結局のところ実際に現物を診せていただかないと判断できかねます。 出来ることはなんでもお受けしています。万が一自社ではお受けできないと判断するものについては、他店さまやメーカーさまをご紹介したりも踏まえ対応致しております。

きっと大丈夫、「先ずは診察を受ける」ここから始めませんか?

なーんて偉そうなこと言っちゃったりして(苦笑)

1人でも多くの方が気持ち良く時を刻むこと、それが世界平和のはじまりです♡

2022-08-30 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

上手な時計の使い方 〜革バンドのお手入れ〜

2022年8月26日(金)

上手な時計の使い方 〜革バンドのお手入れ〜

歴史深き名古屋市公会堂へとご縁をいただき久しぶりに訪れました。昭和5年に開館、その後色々な形で多くの人々と関わりを持ってきた現劇場。鶴舞公園にあるそこへ立つと、景観の美しさと共に特別な感情が溢れるのはなんなのかな〜。

いやそれにしても観せていただいたミュージカルのメッセージ性の強さに驚きました。色々な意味でとにかく面白尽くしでした。 どうやら気づいていないだけで、もしかすると全てはシンクロニティの世界!? なんてふうに感じはじめています。

という事はやはり…。時計をきれいにしようの活動に力を入れたくなる訳ですよ。 どうぞお付き合い下さいませ〜。嘘みたいな本当のおはなしです!

時計の革バンド。汗や皮脂も汚れもそのまま、メンテナンス?拭き取り?そんなこと何もしない!ただただ日々使う。 買う時になると「もちがいいもの」「汗水に強いもの」とあれこれ条件を立てて商品探しをしている方がほとんどではないでしょうか。

洗わず、拭かず、肌に直接のせて汗をかき水を触り。そして手は拭いても時計は濡れたまま。でもきれいを維持したい(笑) これが本音。

例えば、週に一度くらいは爪を切るように。お部屋の掃除をするように。て感じで週に一度、お休みの日だけでもいいからやり始めたら気が動きはじめるもの。

私はトイレ掃除を毎日する様になった時からナニカが変わり始めたという経験があります。 多分…、これと同じです。

愛用の時計をちょっと手に取る時間を割く。向き合う。そうゆう事だと思うんです。

良かったら、是非どうぞお試しください♡

2022-08-26 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

上手な時計の使い方 〜汚れてる?〜

2022年8月23日(火)

『本日8月23日は火曜日の為定休日です』

上手な時計の使い方 〜汚れてる〜

夏のお休みからちょうど1週間。 「この前来たらシャッターが閉まってた。」というお言葉もちらほらいただき…、重ね重ね…、お休み中にお越し下さった皆々様、「すみませんでした!」と同時に、そんな中での再来店「ありがとうございます!」という想いが溢れています。有難い…

いつまでも暑いとはいうものの、お盆を過ぎると気の流れが変わるのか朝晩はほんのすこーしずつ、過ごしやすい日も増え、次の季節がやって来るのをお知らせしてくれているみたい、なんて想ったりします。

今日は前回の続き、上手な時計の使い方「ヨゴレ」について少し。

例えば。日々、生活する中で気をつけて汚していないつもりでも汚れるシャツのお袖。夏は特に、汗や皮脂又は日焼け止めクリームやボディークリームなども汚れ原因になっているようです。

時計もシャツのお袖と同じだけ汚れています。お洗濯をするわけでもなく(もちろん洗濯したら時計は壊れます💦) ご使用後の時計を布やクロスで拭いたりする方が、どれくらいおみえになるのか…皆無かと。

例外なく、時計は想像以上に汚れているものです!!(洗浄後の汚れはお見せするに耐えませんので写真は控えますが水がドロドロの真っ黒けになるほど)

時々でも、綿棒や使わなくなった歯ブラシなどでちょっと綺麗に。日々は、時計を外した時にシャツの端やハンカチで汗だけでも拭き上げる。たったこれくらいのことだけでも、一年後の状態には大きく違いが出ますよ。 そして可能なら、一年に一度(中には3〜4ヶ月に一度お持ちになる方もみえます)くらいは、1〜2時間でプロの洗浄クリーニングをおすすめしています。(1,000〜/1〜2h)

プロの手による外装洗浄クリーニングはもちろん、お手元でのちょっとしたお手入れによって、時計は喜びます。どうぞ少しだけ、気を向けてみてください、素敵な時を刻みはじめるのではないでしょうか〜♡

2022-08-23 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

上手な時計の使い方 〜磁気ってなに?〜

2022年8月19日(金)

上手な時計の使い方

大変有難いことに貴重な夏のお休みをいただき、明け改めて心から感謝の想いです。 サービス業でありながらお休みをいただく事を許されるということが本当に有難い事に感じるのです。

(お休み中にお越しいただき、ご迷惑おかけした皆様、ごめんなさい!)

「皆がお休みの時こその商売業」と言いながら休みを減らし年中無休が当たり前となり、「皆様の通勤時間の前後に店を開けずどうする」と言って営業時間を年々長くし、ほんの少し前迄はまるで「限界への挑戦!?」的なの世の風潮だったのだから。(今もそういう場所に身を置いているのですけどね)さかのぼると、松下幸之助さん率いる現パナソニックが国内ではじめて完全週休2日制をはじめられた様で、他の企業が週休2日制を導入したのは1980年頃からのことの様です。日本人は元々、お仕え事を生き甲斐とされていた方が多かったのかもしれませんね。

小さな時計屋らしく、ご縁いただく方々のお役に立ちながらも、自らが限界への挑戦にならぬ様バランスをとりながら、お互い様お陰様の一意専心で在りたい。と、改めて感じています。人もモノも健康第一(笑)

諏訪秋宮前オルゴール塔/日本電産オンキョー

時計(時)と上手に付き合うためにという事で。 時計にダメージを与えるモノゴトについてご紹介させていただこうかな〜。

時計と離しておいた方が良い身の回り品(イヤホンマイク追加)

バイクなどの乗り物やマッサージ器などの振動は思いのほか時計の不具合に直結するのですが、中でも一番ご相談が多い時計の磁気帯びについて。  スマホやイヤホンマイクなどあまりにも日常に溶け込んでいるこういったものに対し、無意識の方がほとんどですが時計はこれらと相性が良くない(悪い)ので15〜20cmほど離しておくと良いですよ。(5cmでも軽減はしますが安全考慮し少し盛ってます) 時計が止まり、狂いをおこし、店頭へ相談に持ち込まれる方が非常に増えています。

ご家庭では方位磁石で確認できます(もちろんチェッカーも存在します)

磁気について心配だ、時々時間が狂ったりする、時々止まってたりも、な〜んて方はどうぞ一度診せてくださいね。磁気チェックさせて頂きます。

小さな時計屋の仕事。それは、ピットインでご縁いただいた時計やジュエリー達を介し、それらをお使いになられる方々のその先にそっと明るく照らすナニカと繋がる時をお届けするお手伝いをする事。時の密度調整。

今に心を置くことー念。日本語っておもしろいですね。

さぁそれでは今日も、おかげさまで参りましょうか(笑)

それぞれが それぞれに いいふうになります様に。と念を据えて。

ありがとうございます

2022-08-19 | Posted in 店長ブログNo Comments »