小さな時計屋の心の中

今イマ、居(る)間、その時々

2021年6月17日(木)

ちょっとぼんやりしちゃっている間に、あっという間に6月も後半! いよいよ「夏越の大祓」が近づいているという事…。この季節の空は、急な雨や雷雨など、不安定なものの、だからこそ日常の中で時折り空と雲が織りなす景色がなんとも美しいッ♡

どうせ歩くならと空を見上げながら歩いたり、キョロキョロと周りを観ながら歩く私。車の音、風の音、その中にかき消されながらも聴こえる鳥のさえずりに耳を澄ませ、空、雲、葉っぱ、建物の壁やタイルの柄、それから蝶や鳥の行動を眺めたり(笑) 落ち着きがないと言えばそれまでの大忙しで落ち着かないところがある私…(笑)

店頭に置いている本達の並びや、角度、その配置に納得がいく日も有れば、どうしたって気になる日も有る。なんとも勝手な事で…。

「今を生きる!」て言葉を意識し。イマ、ココに居る間、に集中してひとつひとつ丁寧に。なぁ〜んて思ってみたら、実際は大忙しで何もこなせなくなったりッ(笑) 要領が悪いだけとも言えるおかしな状況になったりも…(笑)

年代物のモンビジュー(オリエント)。オーバーホールを終え気持ちよさそうに時を刻みはじめた。 全体がスケルトンの手巻き時計の為、時を刻んでゆくのが手にとる様に見える。なんとも。 潔いとでもいうか、美しいその動作に日常の自分を重ね合わせた時、色々な事を気付かされる…。

丁寧に、ひとつずつ、味わって、喜びの中で、……。 全ては主観、私がどう感じているかという事。だけなんだ…。て。

なんだかよく分からないけれど、とにかく『気楽(喜楽)にいこう』と。なんとなくそう感じた昨日だった(笑)

さて、そうは言っても、夏越の大祓までにもう少しだけ心身共に整える必要がある様です。 今できる事を、居る間に、という事でしょうか。

がんばろッ。

2021-06-17 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

時計の外装研磨(ポリッシュ)

2021年6月16日(水)

腕の良い研磨師さんとのご縁をいただき私自身がその仕上がりを見て感動を覚えた「あの時」からどれぐらいが経っただろうか。 分解掃除(オーバーホール)の際に共に簡易ポリッシュをおススメさせていただく中でその多くの方からご依頼をいただき、時計の磨きなおし(簡易ポリッシュ)をさせていただいている。

あれから、仕上がりを確認するたびに惚れぼれする程美しい仕上がり! これまで、一度たりともご期待に添えなかったという事例はなく、皆さま大変ご満足下さっているご様子です。

国内でも有数の有名メーカー様のポリッシュでも、小傷が多く残ったままで仕上がってくるものも多く、時折「これは磨きなおし作業を済ませたものなのか否か」をメーカーに問い合わせ、確認をした事も何度かあるくらい、が実情にも関わらず(笑)

磨きなおしを済ませ、ピカピカ艶々になった時計に再開するあの時の感動は、一度くらいは是非 体感していただきたいモノです⭐︎

「磨く」ということはヤスリをかけるという事で、多少なりとも「削る」という事。 削ると元の形が変わり価値が下がる。なんてお声も実際無い訳ではありませんが、そもそも使用キズがついた時点で、実際は既に変わってしまっていますし、キズだらけの時計とその後磨きあげた時計とを比べる必要があるのかな!?て。(もちろん時計によって異なりますので一概には言えません、あくまでも私個人の見解です。)

その傷一つ一つに想い出が、という方には磨き直し(ポリッシュ)は決してお薦めはしません。外装洗浄クリーニングで汚れやサビ落としのみご対応させて頂いておりますので、それも遠慮なくお申し出くださいね。

・修理しても傷までは取れないからキズだらけには変わりないのか。

・想い出の傷まで磨かれてしまってなんだか自分のものじゃないみたい。

皆さまそれぞれの想いを、尊重できるようにする為に、選択肢を増やしているので、そんな心残りのない様に。 ただただ、お喜びいただける様なご提案やご説明ができる店で在りたいものです。

それより、私は先ず、もっともっと自分磨きしなきゃ! だな(笑)

間違いない!(笑)

2021-06-16 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

本日、火曜日定休日です

2021年6月15日(火)

本日火曜日は、小さな時計屋は定休日です。

という事で、ブログもおやすみしちゃいまーす。

皆様どうぞ充実の一日をお過ごしくださいね。

2021-06-15 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

修理する価値

2021年6月14日(月)

益々、緊急事態のカケラも感じない程、コンコースが人で溢れた週末でした。 これでもまだ、飲食への制限や店舗への営業制限を課す意味は、いったいどこにあるのだろうか…。なんて事を想ったりする自分がいます。

新月を機に、めくるカエルカード。  今の私に届いたのは、「空白」と「流れ」という2枚のカード。  面白いものです、ここ暫くずっと意識しまくっていた言葉達が、こうして届くなんて(笑)

お若いお嬢さんから2点のファッションウォッチの電池交換と革ベルト交換のご相談をいただきました。電池交換はそれぞれ1,100円にて。動作を充分確認させていただいた上で、革ベルトの交換を。

トトロ文字盤の時計には、明るめブラウンの型押しカーフ/14mm/3,850/モレラートを。

花柄ベルトの時計には、ネイビーブルーラム革/8mm/3,850/ロシェを。

共に、お受け取りにこられたお持ち主様手に取りにっこり微笑み、大変喜んでくださいました。嬉しかった〜ぁ〜♡

「この時計修理する価値ありますか」なんていうご質問を時々いただきますが、時計の価値は、お持ち主様次第ですね。こうしてモノに対し想いを向けて大切にされている方の元には、きっと素敵な時が刻まれてゆくのだろう、と思わされこちらが大切な気づきをいただきます。

こちらは、よくご利用くださっているA様からのご依頼で、ユナイテッドアローズの時計のオーバーホールとガラス交換。メーカーではパーツ生産終了との事で修理不可の判断が出ましたので、当社にてオーバーホールをさせていただいた上で、同形状両面カーブ付きのドームガラスに交換を。綺麗になって、無事復活!!これを修理不可と諦めるにはとんでもなくもったいないこと。小さな時計屋にご縁いただけたおかげで、キセキの復活✨ 精度確認のためにもつけて帰りますと、ニッコリ。お帰りになる後ろ姿がなんだかとっても嬉しそうに見えました(笑)

出逢いをいただくすべての時計とお持ち主様が、気持ちよく時を刻む事ができる様に、力まず抵抗せず、冷静に受け止め判断し、当社ができる「最善を」を尽くす店で在り続けることは、誰より何より、私自身の幸福である事を、ご依頼をいただいた修理品達から教わった週末となりました。

『カエルカード』 それにしてもすごいカードだな♡

2021-06-14 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

金属ブレス破損

2021年6月13日(日)

汗をかくことが増え、時計の金属ブレス(金属ベルト・バンド)の不具合を感じている方が、いったいどれくらいいらっしゃるのだろうか…。

その中で一部の方が、いよいよある日破損し使用する事ができなくなり。

「あーあ」と置いてしまう方もみえるだろうし、どこかで修理をと店を探し店舗へ足を運ぶ方もみえるのだろう。   大半のお店ではバンド一式交換を勧められその修理代金の高さに躊躇する方も多いし、年数経過などにより修理不可との診断が下される事も多々ある。そこで諦める方もみえるだろうし、更に他を探す方もみえるだろう。

そんなハードルの様な、編や壁を何段階もくぐり抜け(わたし的自由表現です笑)、限りなく(おそらく)まれ中のまれであろう確率で、小さな時計屋にご縁が繋がったであろう時計達が、日に数件は持ち込まれます。

留め金具(バックル)部分が破損し留まらなくなったフォリフォリ。

駒が破損したマークジェイコブス。

ベルト欠損して持ち込まれたセイコー。

などなど、他にいくつも。 中には何件もで断られて来たから諦め半分ですという方も少なくなく…。なんとかコレを広めたいと、想うばかりの毎日。

どうぞ諦めずに、どうか小さな時計屋とご縁繋がってください!!

多くは綺麗になって気持ちよく時を刻み始めますから。なんて事を強く想う夏の始め…。

この夏で10周年を迎えるJR名古屋駅店。この静かな地下街で、イマこうして営業できている事が、奇跡の様に想えます。

皆様のおかげさまです、ありがとうございます😭

2021-06-13 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

OMEGA オメガシーマスターベルト

2021年6月12日(土)

これまでの快晴続きから、東海地方も改めて2度目の梅雨入りの様な週末になりそうですね…。

蒸し蒸しのあの、名古屋らしい暑さ もいよいよ本番が近づいている、という事でしょうか(笑) 更に例年以上にマスクも重なるのでこれからの季節は充分に体調管理が行き届く環境に身を置く必要がありそうですね。 人の少ない外では、できるだけマスクを外して深呼吸〜〜〜ッ。

そんな暑い季節! 目を惹く色といえば、白+青!?ですよね (ちょっと無理があった) ちょうどこのタイミングで、OMEGAオメガ シーマスターの金属ブレスを外してのベルト交換のご希望をいただきました。文字盤のネイビーに合わせて深みのある青(青色というより藍色)の革ベルトをチョイスいただきました。

イタリア🇮🇹モレラートの防水仕様シリーズ、革ベルトと言っても特殊仕様のローウィングは全7色。表の色により裏面のお色が異なりブルーの裏面は綺麗なホワイトカラー。裏面ロリカ素材は汗水に強く使用感も柔らかくフィットするから非常にイイ。ウェットテッシュやおしぼりで拭いてもらっても問題なし!!なので汗臭いのが気になる方はコレ、オススメです。

(※アルコール度数の高いもので拭く場合は色褪せ、退色に充分ご注意ください。)

ベルトの素材やお色を夏仕様にするもよし。

仕様は変えずに全体を洗浄クリーニングで綺麗にするもよし。

この季節にあちこちで満開を迎える紫陽花の様に、それぞれがそれぞれらしく、気持ちよく時を刻むコトができたら、それが「なおよし」という事ではないかな、と。

「こうするしか他に方法が見つからない」ということも、ほんの稀にありますが、17年積み重ねて来た経験と実績をもとに、可能な限り皆さまのご希望や理想に近づける様、ご提案する店で在ろう!と、常々想っています。

破損や不具合のこと、メンテナンスのこと、ベルトのこと、その他あれこれ。 諦める前に、ぜひ!! 小さな時計屋のスタッフにお診せくださいね。

ちょっとしたことでお困りの方とのご縁がこれからも繋がってゆきますように(笑)

雲低く、あいにくの空模様になりそうですが、皆様どうぞ気持ちだけは、ご機嫌さまの週末をお過ごしくださいませ〜。

2021-06-12 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

掛け時計の修理

2021年6月11日(金)

2021年6月10日新月、そして時の記念日。 皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか。

新月● ゼロを迎え新たな始まりの日。そして中大兄皇子と漏刻の存在によって日本で初めて時を知らせる鐘が鳴り響いた、時計の始まりとも言える時の記念日。 モノゴトの始まりを意味するそれらが重なった日。しかもイマのこのタイミングで(笑) こじつけ好きな私にしたら、偶然なんかではなく必然性と合点ばかりを隅々に感じた一日をいただきました。

地下街の静けさに加え、それとは別の種類の「空気の鎮り」も感じ、「心を鎮め、冷静にモノゴトを感じ見よ」という天からのお告げかな。なんても想えたり(笑)

店頭は静か、とは言え店内には多くの腕時計や掛け時計達が入院していて、それぞれムーブメント交換待ちや、針交換とさし直し修理を待つもの、そして修理後の動作確認中のものもあったり。

いつも想うけれど、まるで入院患者さんを受け入れている病院みたいだな。て…。 症状に合わせ、お持ち主さまの想いに合わせ、少しでも調子良く、気持ち良く、時が刻める様に。時計だけでもお持ち主さまだけでも無いようバランス良く。退院しお持ち主さまのお手元に帰るその時まで、精一杯サポートさせていただくのみだな。

かけがえの無いこのお仕事に出会えたコト、ココに至るまで。良きも悪きもなく、全てのモノゴト、人々とのご縁に感謝の想い溢れる時の記念日。

心鎮めて朔日詣りをすませ、静かに流れる時に気を寄せ。

さて、いよいよこれからが楽しみです。

2021-06-11 | Posted in 店長ブログNo Comments »