Dバックル革ベルト

前日、革ベルト別作オーダーの事例をご紹介させて頂いたばかりですが、

店頭にて、同様のご相談をいただいたのでせっかくなので、改めて。

時計はSEIKOセイコー。

取り付け幅20mm、Dバックル幅18mm。

純正オリジナルの革が、ものの見事に、かわいそうな程、ボロボロに。

完全に劣化していました…。

「どうして数年でこうなるのかな」とご質問をいただいたので、

その革を眺めて検証…。

私: 「もしやお仕事で事務など机に向かう事が多いですか?」

お客様: 「それはもう。1日中デスクの前ですよ。」

私: 「なるほど、ですよね。」

なぜ、って!? この時計が手首に巻かれているのを想像してみたら…

デスクなどにあたる部分、擦れる部分、だけ異常に劣化が進んでおり、すり減り、

革の中材が見え、ペランと筒抜けになってしまっているから。

既製ベルトメーカーさんのバックル仕様モデル20ー18mmのカーフ型押しの中で、

ブラウンをお選びいただきお取り付けさせていただきました。

バックル仕様モデルの革ベルトは、12時側は短く作ってあり、6時側が少し

長めにしてある。

腕まわりのサイズは皆さまそれぞれではあるものの、コレが一般的にはちょうど

腕の内側に、バランス良い位置にバックルがおさまる。

肌に当たるベルト内側はラバーがあててあり汗水も染み込みにくい仕様。

コレで、少しは革の劣化も軽減されるだろうし、純正のオリジナルベルトより

リーズナブルなので定期的な交換もしやすいのでは!?

(ちなみにこの革ベルトは5,000+税)

このタイプの既製ベルトが発売になって、まだ数ヶ月ですが、多くの方に

お喜びいただいています!!

バックル付きのベルトを使われている方も、コレからDバックル仕様にしたいなと

お思いの方も、どうぞご参考になさって下さいね。

さて、あっという間に水曜日(笑)

お空は低くなんだかスッキリしませんが、どうぞ皆さま

気持ちはスッキリ軽〜くして、お過ごしくださいね〜

てる