6月8日(月)

「モノゴトのナガレ」が以前とは大きく変わってきている様な、

そんな気がしてならない今日この頃。

日曜日の朝。

オリーブの木に熱い陽がさす光景をみて、オリーブ山の光景を思い出した。

ナゼだろう… でもナゼか突然に(笑)

そもそもクリスチャンでもない私が、知らない方々33人と共に、イスラエルで10日間

寝食を共にする。なんてゆう ナゾの不思議旅に参加したあの時のコト (笑)

その時に訪れたゲッセマネ。 本当に肌が痛いほど暑い1日だったのを、

今でもハッキリと覚えている。

そこはイエス・キリストと弟子達が最後の晩餐を終え、最後に祈りを捧げた場所。

今でも相当樹齢の古いオリーブの樹が残されていた。

そこにエルサレムストーンの石で『Peace』のメッセージ。

(写真ではPが消えてますが……)

日本で聞いていた「危険な国」というレッテルは何処へ…!?

平和を願い人々が祈りを捧げるその地は、理由あった上で時に厳しくもあるものの、

とても穏やかで、優しい風の吹く地でした。

そしてその風と繋がった令和2年初夏の朝。

あちこちに隠れていた真実が明るみに出され始め、

「何もかもが可視化されスケルトんおにされてゆく時」とも思える今…。

目に見えていなかったものが見え、聞こえなかったものが聞こえ、

時代が移り変わる時。

だからこそ、心をフラットにし自分の内を整えておく必要がある様です。

どうか自分の心が心底喜ぶコトをしましょうね。

そしてワクワクしないコトは手放すタイミングなのではないかと(笑)。

耳を澄ませると、大好きな小鳥たちの歌声が聴こえます♡