5月28日(木)

定休日明けの水曜日。

前日の濃度の濃い濃い1日のお陰様で、なんとも面白い感覚の朝を迎えました。

店頭では、メーカーに修理依頼を出していた時計の仕上がり分が続々と届きました。

カシオからは、gーshock の電池交換の仕上がり分が数点。

電池交換の場合、防水性の確認のための耐圧試験をご希望いただくか否かにより、

それに応じて納期と金額が変わります。

「今まで通り汗や水気など気にせず使いたい!」という方は、

1週間〜10日ほどの納期をいただき、メーカに依頼をかけます。

電池交換・パッキン交換・ボタンなどの点検一式・耐圧試験を経て

お渡しとなります。(3,500+税〜)

一方。

「水にはつける様な事はないから耐圧試験は不要!」という方は、

汗や水などにお気をつけいただきながらご使用いただく様、

仕様変更をいただく事をご承知いただいた上で、店頭にて。

30分〜1時間ほどのお時間をいただき、電池交換+パッキンのグリスアップをし、

プッシュボタン等の動作確認をした上で、時間設定。

問題なければ、お渡しとなります。(1,500+税〜)

夏が近づくと急に増えるgーshock の電池交換のご依頼。について

少しでも参考になれば良いなと思います。

もちろんその他の時計電池交換も同様、耐圧試験のご希望も可能ですので、

よく分からない。とお思いの方はどうぞ店頭までご相談くださいね。

5月も残り4日、楽しんで参りましょう〜。