時計革ベルト交換

いつの間にか令和2年も半月以上が過ぎた(早ッ)

今年も年始より、多くの方に時計の革ベルト交換のご相談を頂いている。

その中で、時々。

「ネット検索でこの店を見つけました、是非!て思い、ここへ来ました。」

なんてお言葉をかけていただくのです。

少しハードル上がった感も感じるのですが、あくまでも私は、私基準で精一杯

ご対応させていただきます。(もちろんスタッフもそうかと)

(フランス・ロシェ・ラム革10mm)

先ずは時計と革ベルト接続部分、および金具側の幅を正確にお計りさせて頂き、

その後ご希望の雰囲気(色柄や、厚み、装着感など)をヒアリング。

そしてもちろん、私の好みもありますが時計に合いそうなもの、

ご依頼主様の雰囲気に合いそうなもの、をご提案。

必要があれば、ご試着、そして加工、取り付け。となるわけです。

(イタリア・モレラート・20mmカット加工)

革ベルトを変えるだけで、気分が大きく変わります。

常に視界に入るからかもしれませんね、シャツやジャケットのお袖から

チラリと見える革ベルトの新調は、自分をアゲルための必須アイテム!!

(オーストリア・ヒルシュ・20mm)

お気に入り(ご納得の一品)とお出逢いいただき、装着感をご確認いただき

納得していただいた上でお会計。

「こちらに来て本当によかったです!ありがとうございました。また来ます。」と

お帰り際に丁重なご挨拶をいただき、嬉しそうにお帰りになる後ろ姿を見送る

瞬間、忙しさも忘れ涙が出そうな喜び(感動)を覚えます。

小さな時計屋を起業して16年目。今まさに過去にはない「革ベルトブーム」です。

コレをもっともっと広めてゆき、「空前の革ベルトブーム」にしたい!!

誰もが、自分をアゲル必須アイテムとして時計を、革ベルトを、身につけて

気持ちよく、心地よく、笑顔溢れる時を紡ぎ、刻んでいただきたいッ☆

「あぁ〜 幸せッ」 そんな風に感じる毎日が、光をくれます。

皆さま、ありがとうございます。

てる