4月5日(月)

物議を醸す事に…なりかねないかな〜、なんて。

大袈裟にそんな事を思ったりもするので内容は詳しく書くことはせず、

1人でも多くの方に、想いだけお伝えする事ができたらな…、と。

そんな風に思うので、

内容がわかりづらい表現になっていたらごめんなさい。

皆様の想像力を膨らませ、内容キャッチしていただき、是非とも、

他人ゴトではなく、自分ゴトの当事者として少しでもお考えいただき、それを

日常の中に活かしていただけたら、幸に想います。

数日前のこと。

大切な大切な、大切なあるモノが、行方不明になりました。

さかのぼり今になって思えば、そりゃそうだよ、いつかこうなる気がしていた。

てことなんです…。

探すしかありません、私は先ず、お隣近所のお店の方々にご説明の上で、聞き取り、

見たら是非お気づきくださる様にとご協力を仰いで、頭を下げて回りました。

それくらいしかできない自分が歯痒く、私は何か悪いことでもしたのかと反省してみたり…。

もう、ネガティブネガティブの大嵐が荒れ狂った。

紛失、行方不明になった事を知った瞬間から、他が手につかず、身体の奥が小刻みに震え…。

でもこんな時こそ、気を込めて仕事をしなきゃ、目の前の事に意識向けて、しっかりしろ!

などと自分に言い聞かせながら、1日を過ごしました。

当たり前の様にその夜は生きた心地もせず、一睡も出来ず、気づけば正座し

ただただ祈り、そのモノを想い、「引き寄せの法則」という言葉が本当ならばと

見つかった時の奇跡の様な光景を思い浮かべ、「あーん良かった、お帰り〜」と

何度も口に出し、「見つかった〜」という事に意識を向け、気づけば朝を迎えていました。

紛失させたご本人は一度も挨拶に来ず、代理の方が朝から「すみません」「賠償についての

交渉に入らせてください」の言葉を連呼。

あり得ない!諦めてそっち? …でも怒っても仕方ないし、コレは自分に起きている事実…。

少し前に目にした言葉を思い出して、心の中で「6秒ルール」…。

「いーちぃ、にーい、さーん、……ろぉーーーく。」 深呼吸、ふう〜ぅ………。

寝ていなかったせいもあろうが、目眩がして今にも倒れそうだった。

「賠償の話なんて始めたら出てくるものも出て来なくなる!何がなんでも探して下さい、

もう一度、あり得ないと思えるところまでも探してみてください。」

「見つかる、見つける、という前提で動いてくださいよ…。」「とにかくお願いします。」

……お金で終わらせようとするその姿勢に、悔しくて、泣けた。

でもね、コレほんとの話。

それから1〜2時間ほどだった頃、あり得ないところで、無事見つかったのです。

よその地下街のお掃除の方が、「なにこれ?」と違和感を感じ、捨てずに拾って

おいてくださったそうなのです…。

奇跡ってココに在る。祈りって必ず届く。想いは翔ぶんだ。……信じてもいながら、

どこかで疑っていたことを、ありありと、証明してみせていただきました。

それにしても、

キツかった〜。もう2度とごめんです!! あの時、賠償交渉なんかに入っていたら

きっと出てこなかったんだろうな、て思うんです。

最後まで信じて待った想いに、ナニカ?ダレカ?が力をお貸しくださったのでしょう。

て。

それからね、大切なことはこの先だと思うのです。

犯罪を、罪を犯させない空気づくり。ができていなかった、てことなんです。

例えば、バックをポンと置いたままその場を離れていませんか?

大切なものを安易に人の目につくところにおいてはいませんか?

皆が他人事として見て見ぬふりをしていませんか?て…。

これは、地震や天災、事故も同じ。

今まで大丈夫だと信じて疑わなかった想定外のことも、今日、明日自分の身に起きないとも

限らないのです。

「罪を憎んで人を憎まず。」

先ず、何事に対しても他人事みたいにポケーとなにも感じないでいる様な感覚をやめ、

自分の意識を自分ゴトに向けて行かなければ、と…。

皆さん、どうぞ少しだけ想像し、罪や犯罪をつくらない、つくらせない。

そんな世の中になる様、ご一緒に少しだけ自分改革しませんか。

本気でお願いします。 是非とも自らの自己改革にどうぞご協力ください!!!!

さぁ今週は、入園式、入学式、入社式など、新たな始まりを迎えられる方も多いと

思いますが、どうぞ皆様素敵な毎日をお過ごし下さいませ〜。