2022年1月26日(水)

思いの外あたたかな火曜日は朝から名古屋を起点にあちこちハシゴしながら愛車で最終の豊田までお出かけの1日。

出先のあちこちで時間の許す限り、サラブライトマンの声に包まれながら本を読み進め、どっぷりその世界へ浸かり、奥底に居る自分にこんにちゎ。 これまで行き先を迷っていたいくつかの想いが、あるべき引き出しへと収まったような、そんな感覚を覚えた。 このタイミングでこの本との出会いをくれた彼女に感謝しかない。

全ての予定を済ませた後は、気になっていた映画を。 営業しているのかが分からないほど、半端なくガラーンと静かな館内に驚き!!  総客およそ5〜6人のために映画館が営業していました。

少しでも貢献できればと言い訳掲げて、ホットドックとポップコーンとドリンクをそれから泣き虫タオルをお供に、ほぼ貸切状態で映画鑑賞。 (よく泣いた〜笑)

読み進めている本の中で感じたある想いと、映画鑑賞で得た感覚が合点し思考が巡る1日をいただきました。

選択肢は3つ。向き合うか、逃げるか、我慢するか、ソレだけ。     そしてそのソレをやるか、やらないか、てだけ。

感じて、考えて、動く。

モノゴト全ては自己責任、人のせいにはできないもの。

そんなあれこれについて想いが溢れる中、自宅へ戻り、車内最後のBGMはナゼか「大きな古時計」という出来過ぎのオチ(笑)

節分を前に、この様な時間をいただけた火曜日。 時には予定が詰まっている定休日にも感謝できるものなんだと、新たな発見!! 

さて、本日は旧暦12/24。自らを救うために自らを遣わせたと捉えると、救世主は自分という事か、おかしな妄想ぐるぐる巡っていますが、今日もどうぞよろしくお願いします^ ^

全てのご縁に感謝。