2021年3月12日(金)

そろそろシーズンですよ〜。

毎年梅が満開を迎え桜が膨らみ始めるこの頃から、なんとなく

革バンド交換のシーズンだなぁ〜と、感じます。

「時計の電池交換ついでに革バンドも、2〜3年おきに一緒に変える。」

「そろそろ春、新しい革に変えようかな。」

「卒業を機に親から譲り受けた時計を、動かして使いたい。」

皆さま、それぞれのペースとタイミングでご相談やご依頼を下さいます。

特に『春』はそのきっかけになりやすいようです。

ライトブルーのこの革バンドは、メイドインジャパンのミモザの人気シリーズ。

(エミッタ・ワープロラックス/14mm/6,600(税込) )

真っ白の文字盤にライトブルーがイイ感じで映えている✨

(同じくワープロラックス/トーブグレー/12mm/6,600(税込))

ピンクゴールドカラーの時計とこのトーブグレーの相性もかなりイイ。

こちらのKatespadeケイトスペイドは、取り付け口を加工しお取り付けさせていただきました。

エミッタ・ワープロラックスロング/8,800(税込)

これからお袖が出やすい春夏のおすすめは、超ロングタイプの二連仕様の

こちらでしょうか♡

アンティークの時計との相性も抜群です。

革バンドを変えるだけで、大変身する時計達。

変身した時計達と共に刻む時も、きっとナニカ少し、流れが変わってゆくのでは

ないかな〜なんても感じます。

春は、時計バンド選び、革バンド交換 シーズン。

どうぞお手元の時計達に一度目を向けてあげてくださいね〜。

革でなく金属バンドの方は、

消毒を兼ねて洗浄しますのでこちらも合わせて是非どうぞお声がけください〜✨

『 時計をキレイにしませんか 』