時計のガラス交換

以前より、時計のガラス交換については全国あちこちから

多くご相談をいただいております小さな時計屋ですが、

あるお客様からいただいたお言葉が胸に響き、印象的でしたので、

シェアさせて頂きます。

ドーム状のカーブガラスがものの見事に割れてしまっていました。

腕の良いスタッフT君の慣れた手つきでガラスを外し、

電池交換と外装金属部分の洗浄クリーニング、動作を数日チェック。

「よし大丈夫、動作問題ない」と判断したうえで、ガラスを計測し、

出来るだけオリジナルガラスと近い形状のガラスを用意し、交換させて頂きました。

作業終了後3日間は日々動作を再度確認し「小さな安心パック※」を施し完成!!

(※ガラスの傷割れを防止するための保護フィルム)

発送準備を整えお電話をさせていただいた時のこと。

「メーカーでも、時計屋でも、これはもう無理だと言われて。

無理なのかと諦めていて…。この時計ももう無理だと諦めていながら、

もしかしてどこかで出来るとこがあるかもしれないと、諦めきれずに

ネット検索していたときに御社を見つけました!」

「きちんと治ったなんて…、本当にスゴイ! ありがとうございます。」

と。

経営者とはいえ、私は気が小さくお恥ずかしながら超がつくほどの

生粋の「心配性。」

この10年程は(良いのか悪いのか…) 他店様の対応について目を向けず、

(気にしすぎて、病気になる一歩手前でした…笑)

「全く」と言っていいほど無関心をきめ、ココまできました。

ただ、「できたらいいな、あったらいいな」に関するお客様からのご相談に

少しでもお応えできたらいいな、と思いながら、

私達の出来る事をやって来ただけなので、なにもスゴイ事では無いのです。

そんな内容の事をお伝えすると、

「きっと僕以外にも、同じ様な方々がたくさんいらっしゃると思います。」

「本当にありがとうございます。」

と…。

お住まいは千葉県。

災害後の慌ただしい中でまだまだ大変な状況の中にいる、との事でした。

もし、自分が逆の立場だったら…。

日常生活が大変なさなかに、お金を払って修理してもらったお店の方に

そこまでの感謝の気持ちを、きちんとお伝えするだろうか!?

そんな事ができるだろうか!? …と。

私達小さな時計屋は、お客様運が最強にイイ!!のでしょう。

スタッフT君にこの事を伝えると、キョトン (笑)

…そりゃそうですよね(笑)

私達の中では、 特別なことをしている自覚がゼロなのですから(笑)

「なんか分からないけど、当たり前にできることを、あれこれ考えずにひとつひとつ

こなし続ける。それで小さな時計屋の存在価値が保たれ、成り立っている。としたら

こんなありがたいことないね。」 とスタッフと共に円満解決 (笑)

今日もスタッフT君は粛々と時計に向き合います。

そんなスタッフとお客様方のご縁を結ぶ小さな時計屋は「小さなパワースポット」

なのかもしれないなぁ。

なぁーんて、ちょっとおこがましいことを想ってしまった私ですッ (笑)

皆さま、ありがとうございます😊

てる