9月24日(木)

大正10年9月24日土曜日。

熊本県熊本市中央区のとある歯科医院のお屋敷に生まれた男の子。

弓道などで精神を鍛え心を磨き、そして辛い戦争を経験した後 片方の耳が

聞こえづらくなった事以外は身体に不自由はなく、戻るべきところへ戻り、

歯科医院の優しい院長先生になられた。

ご近所では優しさと面倒見の良さで 有名な院長先生だった様。

現に、今でもそのご近所に、当時のイケメン先生の笑顔と声をハッキリと

覚えてみえる方がいらっしゃるからたまがるッ (笑)

昭和46年9月。初孫が産まれたことによって彼は「おじいちゃん」になった。

そう、私のおじいちゃん(笑)

昭和40年代後半。

私の記憶では、毎朝決まった場所で、柏手を打ち四方拝。

暫くすると、ガリガリガリッと静かに音を立てて自らコーヒーの豆を挽いていた。

背筋がすっと伸び姿勢良く立ち祈る姿が、朝陽に照らされ美しかったのをを

今でも記憶している。

応接間の革のソファに座り、新聞を読みながらコーヒーそして大好きなタバコ。

これが毎日のルーティンだった。

奢ることなどなく、愚痴や不平不満を口にすることもなく、人を責めることもなく。

いつも静かに、優しく、周りを見廻し「よかよか」と…。嬉しそうに、微笑んでいた。

おそらく生涯、人として誰よりも尊敬し、目標とし、そしてなにより…。

感謝しても仕切れぬ、唯一無二の存在。

昨日、久しぶりに出かけたお使いの途中、銀杏の木が重たそうに垂れ下がっているのを

見つけた…。 もう銀杏の実がなる季節なのですね…。

銀杏を見ると熊本の街を想い出す。

名古屋と熊本が、あの頃と今とが、ずっとずっと過去の歴史といまこの令和の時代とが、

ほんのすぐそこで繋がっていると想えた瞬間を感じた。

祖父の99年回目の生誕記念日。毎年3人でしていたお祝いを、1人でする様になり

いつの間にかもう7年が経つんだね。 いつもそばにいるから寂しくはない。

カフェで季節限定のケーキを注文すると、

コーヒーのイイ香りがするケーキが目の前に!!

その上、祖父が大好きだった「最高レベルの甘さ」の効いたくるみのキャラメリゼ(笑)

…偶然にしてもさすがに、こんなのアリかぁ!?  ……いやいやナシでしょ!?

食べながら涙ワンワン出ちゃった (笑)

あまりにも、おじいちゃんが喜びそうなケーキなんだもん!!

それにしても。

99年前の今日無事に産まれてくれたから、大正、昭和の激動の時代を生きながらも

優しさのかたまりの様な魂を持っていてくれたから……、

いま私がこうしてココに在る…。

全ては、縁であり、絆であり、感謝。 そして、全ては奇跡という名の、必然。

に他ならない。

改めて全てのご縁に心から感謝いっぱいです。

ありがとうございます。