初夏の想い出

大切な大切な…。 生涯忘れないであろう初夏の想い出。

時々、フッと想い出します。

あれから、四年ほどが経つでしょうか。

鮎解禁に合わせて、いや正確にはその日以外は予定を空けられなかった、

!?……のかな(笑)

当時は休むこともせずただただ仕事に没頭する毎日を過ごしていた私ッ、

無理やり予定を空けて岐阜県郡上市へ。

川沿いの景色を眺めながら、いただいた鮎は美味しかったなぁ〜。

そして不思議な杜へと導かれたのでした。

今でも時々あの杜に意識がとびます。

あの時。私は「今」をみていたのかもしれない。と

今ようやく 感じる……。

なぜって…?!

今、あの時の杜がイマココに在り、こんなにも光輝いているから。

意識があり、いのちがあり、その次に思考があり、その後に物理的空間が在る。

うまく言葉にできないけれど… 。 そんな感じ。

「自己犠牲」の様にみえても、全く違う感覚。

カモネギ!?利用!? いやいやそんなの全く 関係ない…。

いのちを使っても、犠牲を払っても、そんな事はなんて事ない(笑)

与えることが喜び、至福。その向こうから感謝が溢れ出す。

想いのこもった「ありがとう」をいただき、

想いを込めてできる限りの「ありがとう」を贈る。

恩送り、の中でぐるぐると心地よく循環する「流れ」を感じる。

もっと勉強しておけば、もう少しまともな言葉にできたのかも

しれません。「量子力学」とかになるのかな〜。

うーーん。残念!伝えたい人にきちんと伝えられないもどかしさ…。

ま、でもコレって頭で考えてもわからない事だから、そもそも

言葉にする必要もないコトなのかな…。

もともと人が誰でも持ち合わせているだろう、この感覚。

この感覚の「自分に沿って」生きることができたのならば、

世の中はとっても平和になるのではないかな〜。

あの杜で、あの時ジワリと感じたコト。 コレだった!!

あの杜に導いてくれた友に、心から感謝です。

もう一度、あの杜に行きたいな♡

そんな海の日(笑)

てる