1月7日(木)

イチローさんが和歌山の高校球児達と3日間共に過ごし直接指導する、

という様な趣旨の番組をたまたま目にした。(しかも途中から)

厳しい環境の中で、ハードで辛い練習を長時間続ける学生達の姿をしばらく見られた後、

イチローさんがポロッと口にした言葉が、私にはズシリと重く響いた。

『人というのは無意識のうちに、良いとか悪いとかじゃなくその状況を乗り切るために、

力配分を分散させ全力を出しきらずに、程々のところでやるもの。

結果、全力を出さないプレイ(癖)が身につく事になる。

練習でやらないことが、本番で出来るわけがない。』

といった様な内容だったと記憶している。

例えば風や太陽、自然は明日の分に取っておこう、なんて事は思わないだろう(笑)

大空を舞う鳥達も、先のことで思い煩うことなどなくイマを生き、

何よりも気持ち良さそうに唄い、舞っているように映る。

今日の練習を、最後まで全うし乗り切るために、と無意識のうちに

全力でボールを投げない、全力でバットを振らない球児達に、

イチローさんは優しい口調で、でもズシリと心に深く刻みこむ様に、

(それじゃ話にならないよ。という様な意味を含むであろう)言葉を伝えられた。

なんとなくテレビをつけて見ていた私自身が、相当。 ……痛かった。

「先のことで不安になり考え、悩んでも仕方がない!やるだけやって後は委ねるのみ!」

とは、昨年感じたが、いつの間にかそれが無意識のうちに

「頑張ってもしゃーない、ほどよくがんばりながらも、せっかく暇なんだからのんびり

でいいかぁ〜」なんて。いつの間にかそんなふうに思っていたのかもしれない。

怠け心。コレって怠慢以外のなにものでもない。

目の前の事、やると決めた事、に気持ち込めて全力で(体力的に力尽きるとかって事ではなく)、

想いを込めて全集中で向き合ってこそ、その先の道(未知)が切り開かれるってコトを、

これまで散々、てほど体感してきたのに。私……、なにしてるんだろ……て。

コロナのせいにしている場合でも、国や自治体のせいになんてしている場合でもない。

全ては日頃の行いや心掛け、種を蒔き収穫するという事。

イチローさんが肩をトントンッ!!

『ね…、分かってるよね。ちゃんと。ちゃんとやろうね。』 て。

声をかけ、起こしてくれた。 (完全に私1人の妄想ですよ!笑)

長い冬眠から目が覚めた6日。三賢者の日。

お世話になっている貴金属加工の職人さんと、なんとも美しい空を背に眺めながら、

新年のご挨拶会。

目が覚めたからには春がもうすぐやってくるという事。

気持ちを込めて全集中、覚悟もっていきます!!

イチローさん、ホントすごい方ですね。

ご縁に感謝。