9月15日(火)

「インデックス取れ」と聞いてもピンと来ない方も多いのでしょうか。

参考までに少しご案内を。

時計のケース内(文字盤内、ガラスの向こう、ともいえる)についている数字やバー、

日付の枠、ブランドロゴ、アルファベットなどが、落下や衝撃などにより外れてしまい、

文字盤の上であっち行ったりこっち行ったり〜、気づかぬ間に自由に遊びまわっている。

そんな事になっていたりする事がある。

同じ様に、針が外れて秒針や分針だけがブラブラしていたりすることも。

実際、店頭ではよくご相談をいただきます。

こちらのお時計。 デイデイトの枠が外れ、中で自由に遊び、

針に絡まり、時計を止めたり狂わせたりしていて、ご相談をいただきました。

お預かりの際の確認時、金属ブレス(ベルト)の破損も確認。

丸1日のお預かりをし、修理作業に。

ケース、ベルト、全てを外して金属部分は洗浄+クリーニング。

それから破損部分の修理を。

機械部分ムーブメントの方はというと、作業台の上で、外れていたインデックス(デイデイト枠)

の取り付け直し。

乾燥しピカピカになった時計金属部分にムーブメントを戻して、ハイ完了!!

修理前は、カメラを向けるのもかわいそうな程だった時計が、ピカピカ艶っぽさを

取り戻し、キレイになって、気持ちよさそうに時を刻み始めました。

復活〜おめでとう☆

こうなると、「刻まれる時」も違ってくるはず。

お持ち主さまも大変お喜び下さいました。

こんなふうに、小さな不具合が完全され気持ちよさそうに時を刻み始める。

ココに携わる事ができるのは、修理店だからこそなのでしょうね。

腕の良いスタッフの安定感有り有りの技術力に感謝いっぱいです。

時計修理について色々お伝えしているつもりでも、ご常連さまにも全ての内容を

お伝えする事ができていないのが現状です。

少し変わった事があればなるべくこういう場でご紹介する様にしていこうと

想います。

とはいえ、要するに(笑)

時計・貴金属のお困り事やこんなのできたらイイな、はなんなりとご相談ください。

てことでしょうか(笑)

本日15日火曜日は定休日です。

来週22日() は、祝日のため営業させていただきますので、よろしくお願いします。

爽やかな秋風が吹き始め、気持ち良さも感じる一方で、「秋バテ」なんて言葉も

ある様です。 どうぞ皆さまご自愛の上お健やかにお過ごし下さいね。