小さな時計屋の心の中

砂時計

砂時計

オープンの頃から店頭に砂時計を沢山並べたくて…。

これまでいったいいくつの砂時計を購入してきただろうか…(笑)

カタチあるものいつかゎ壊れるもので…。

コレは静かに、受け入れるコトであり。コレもまた良い経験…。

11月9日。

小さな時計屋の店頭に、楽しみにしていた新しい砂時計が4点。

新たに仲間入りしました。

(あくまでも、ディスプレイで売り物ではありません)

今までも置いていたすらっとしたシルエットの30分時計も良いけれど、

今回のは少しどっしりと構えたシルエットの、座りの良い60分時計シリーズ(笑)

砂が落ちてゆくのを見ていると、不思議な気持ちになるのは

きっと私だけではないのではないでしょうか…。

サラサラと落ちてゆく瞬間がなんとも言えない感覚を感じてやまない。

上記の写真は以前から置いていた30分(右)と新たに仲間入りした60分(左)

うーん、イイッ!

ようこそ♡

店内ディスプレイとしていくつも在る砂時計たち。

サラサラと、「ただ重力に任せて流れ落ちる」という当たり前の砂時計達。

なんだか、大切な「ナニカ」を教えてくれている様に想えます。

自分の状況により違う感覚を味わえます。

砂時計とアンティーク時計の販売をしながら時計修理をする。

そんなお店で、年代物の時計修理のサポートをさせていただく。

そんな環境でお仕事できたらイイなぁ〜(笑)

なぁんて思ったり。色々な妄想がフワフワと膨らみますッ(笑)

砂時計の砂一粒一粒が、「喜びのかけら」「ありがとうのかけら」にしてゆけば、

その砂時計を眺める誰かがHAPPYに包まれる。

そんな事を想うと、毎日のちょっとした事も、全てが「幸せのかけら」の様に

感じ愛おしく想える♡

日々が、幸せのかけら集めなのかもしれませんね。

新しい砂時計さん達、ようこそ小さな時計屋ぇ。

ありがとうございます。

今日の午後は「祝賀御列の儀」ですね。

この上ない心地よい小春日和。

小さな幸せの欠片がが大河になります様に…。

どうか皆様ステキな1日をお過ごしくださいませ。

てる

2019-11-10 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

72年の時を超えて

72年の時を超えて

私には、母親の様に慕い、まるで本当の娘の様に(いや、それ以上に)愛を

注いでくれている女性の存在が、母親以外に何人もいる。

母性に見守られ、ここまでくることが出来ました、

本当に有り難い事です。

11月8日は、私の生みの母の誕生日。

という事で、1人でケーキを頂きながらバースデーソングを祝詞にし(笑)

彼女の無事と、感謝の気持ちを、1人静かに祈らせていただきました。

さかのぼる事 8日の朝。 連絡をすると、毎年恒例のいつもの聴き慣れた

言葉が返ってきた。

ま、元気だからこそ出るその言葉……。と捉えると、

ソレもまた良し!! なのであるッ(笑)

きっと、子や孫たちに囲まれ、日々楽しく笑顔で過ごしていることだろう。

そう想うと、少しホッとする。 そして…やっぱり感謝。

彼女が72年前の今日、私の大好きな祖父母の直系の長女として生を受けなければ、

確実に今の私の存在は無いのだから。

その8日…。

朝方からなぜか、「卒業」が頭から離れないでいた(笑)

「この支配からの卒業」「闘いからの卒業」

なんだかここを繰り返し繰り返し。一日中…。

優しく切ない尾崎さんのあの声が、身体中いっぱい大音量で響いていた。

なぜかは……よく分からない。

子供の頃から背負ってきた、あの支配や、しがらみとの闘い、から卒業する時。

というお知らせなのかもしれない。(全て自分が撒いた事なのですが(笑))

72年の時を超えて、コレから新たなステージの始まりなのかもしれない。

そんな気がする事にも感謝です。

外の空気が少しヒンヤリとし始めましたね、心も身体もポカポカに

温めておきたいものです。

小春日和の気持ち良い朝に感謝。

皆様どうぞステキな週末をお過ごしくださいね〜。

てる

2019-11-09 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

時計の革ベルト(バックル付き)

時計の革ベルト(バックル付き)

時計の革ベルトに、最初からバックルがついているデザインの

時計があるのをご存知かと思いますが、その影響でここ数年、

時計の革ベルトをお探しの際に「 バックル付きのものは有りますか? 」

とお声がけをいただくことも少なくない。

もちろん腕まわりのサイズにもよるのですが、バックル仕様にする場合、

革ベルトの長さ(時計の12時側、6時側)のバランスが合う方が少なく、

既製品の革ベルトでは、装着時にバックルの位置が心地良くないことが多い…。

これまで15年ほど、これをお悩みの方々には…。

バックル仕様にするのを諦めていただくか、

腕まわりのサイズに合わせて別作、お好きな革でお作りさせて頂くか。

でご対応して参りました。

が、これを解決できる革ベルトが既製革ベルトが、ようやく!!

できました!!

コレでDバックル付き革ベルトの交換も、スムーズにさせて頂けます。

お色はブラック、ブラウン、ネイビーの3色。

サイズは20mmー18mm。

どうぞ気になる方はお気軽に、先ずはお声掛け下さいね。

お試し頂けます!

このDバックル付き専用革ベルトの存在を、多くの方に知っていただけます様に。

ありがとうございます😊

てる

2019-11-08 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

時計金属ベルト修理

時計金属ベルトの修理

日々、沢山の時計修理のご相談をいただく中、

時計の金属ベルトの修理依頼数が、あまりに多い気がする…。

これってそれだけ多くの方がお困りになられている。ということかな…。

参考になればと思うので、一部ご紹介させて頂きます。

ブルガリの金属ベルト修理をさせていただきました。

ベルト部分を外して洗浄。サビと汚れを綺麗に落として、駒の交換

をさせて頂き、腕まわりのサイズを調整させて頂きました。

こちらもオメガシーマスターの金属ベルト破損修理をさせて頂きました。

ベルト部分を外して洗浄し、サビと汚れを綺麗に落とした上で、

ピンの交換と歪みを調整しバッチリ修理完了!

バックルのプッシュボタンの戻りも良くなりパチンと留まる

様になりました。

毎日いくつもの時計の金属ベルトの修理が仕上がり、お持ち主様の元に

戻っていきます。

お客様の時計修理のご依頼をいただき、おかげ様で私たち小さな時計屋は、

日々、お仕事をさせて頂くことができます。

そしてお渡しした時にお客様から作業に対する対価(お代)だけで無く、

喜びの笑顔と心からのありがとうの言葉をいただいています。

色々な経験をさせていただくことで技術を磨くことができ、やりがいをいただき、

お代をいただき、その上、他の何にも変え難い極上の喜びをいただき…、

本当に幸せです。

ご縁いただく全てのご縁に、心から感謝いっぱいです!!

ありがとうございます。

てる

2019-11-07 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

思い立ったが吉日

思い立ったが吉日

前夜から、何故かフッとある「想い出の地」に想いが向いた。

いくつもの要因が重なり、さすがに「呼ばれている感」がし始めた(笑)

お天気も良さそうだし、今週に限って予定が入らないまま火曜日を迎える

というここ数ヶ月であり得ないタイミング!

「キターッ!」てことで行ってきました滋賀県長浜&竹生島へ。

長浜の港に着くと船がちょうど出港時間。乗船するのを待ってくれていた

かの様なgoodタイミングでした(笑)

風が心地良く、静かに自然に包まれ、過ごす時間。

紅葉間近の大自然の偉大さに心癒され、その存在を愛おしく感じる1日。

思い立ったが吉日、てこの事ですね。

改めて、大切な存在に感謝の1日。

全てはうまくっている。

ありがとうございます。

てる

2019-11-06 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

時計のガラス割れ

時計のガラス割れ

「時計、貴金属の修理に関する事ならなんでもどうぞお声がけください。」

とお声を掛けさせていただき続けてかれこれ16回目の秋 (笑)

少しづつ、少しづつ、ですがその声は全国にまで、ひっそりと

静かに静かに、広まっていってはいる様です。

コレは本当に奇跡に近い、ありがたい事でございます。

時計修理店の看板を掲げてみえる時計店様方、のその多くが断るであろう、

お時計が、次々と運び込まれやってきます。

型番でお調べすると、すでに、メーカー修理が完了している年代の、

SEIKOセイコーやCITIZENシチズンの時計達と、毎日の様に出会います。

小さな時計屋では、メニュー表に掲載があるかないかには関係なく、

お持ち主様が大切にしたいとお想いになる時計貴金属のお困りごとであれば

、可能な限りお受けする様にしております。

金属バンドの破損修理、 電池交換や防水性確認の耐圧試験依頼、

もちろんオーバーホール(分解掃除)もお受けしておりますので、

アンティークや手巻きもキネティックやAGSでも、ご相談に応じます。

連休最終日文化の日の振替休日である4日月曜日。

ご相談の中でも特に多かったのは「ガラス交換」について。でした。

「どこに持って行っても、無理だと言われる、どこもやってくれない。」

と…。 (ん、ん……?!)

そんなはずはないのではないかとも思うのですが、どのお客様も、

他店で聞いて断られ、どこかないかとネット検索して、わざわざ滅多に来ない

名古屋駅迄ご足労くださった方ばかり。でした…。

コツコツと、タンタンと、作業の技術や経験を積み上げ続けることのできる

真面目で一生懸命のスタッフT君の存在のおかげ様で、こんなにもあちこちから

お声がけを頂けるまでになれたのだなぁ、と。

改めてそんな事を、想う連休最終日になりました。

(修理からは、話がそれますが)

それにしても、日本語独特のこういった言葉の響き。て、なぜこんなに美しいのでしょうか。

他国の言語で、この様な感覚の言葉で、音の響きを大切にしてある言葉、

て、存在するのでしょうか。

タンタン、コツコツ、シュクシュク、チャクチャク…。

それに、サラサラ、ソヨソヨ、サワサワ、スラスラ、それにザワザワ…。

同じ事を表しながらも、発する側、受け取る側、の感情如何で変わる言葉達。

日本語、て美しいですね〜。音霊と言うのでしょうか。

日本語の美しい響きに、改めて惹きよせられた2019年、文化の日。

ありがとうございます😊

さて、連休明け5日は火曜日です。

定休日となりますので、どうぞよろしくお願い致します。

てる

2019-11-05 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

文化の日

文化の日

11月4日連休最終日。

前日11月3日の「文化の日」の振替休日。

元々、明治天皇誕生日にあたる文化の日。日本国憲法が公布された日でも

あるのですね。

文化の日とは、

「自由と平和を愛し、文化をすすめる」という趣旨があるそうです。

国民の休日とはそのほとんどが皇室行事に合わせた日が多く、戦前元々の日本人が

大切にしていたコトが、まさにソコにあったのでは無いかと想わされます。

「自由と平和。」

いま、私たちがこんなにしがらみも無く自由に。

なんの疑いもなく、平和である安心感に満たされていられるのは、

決して偶然や運の良し悪しだけは無く、確実に

先人達が撒いて下さった沢山の小さな種達が、花開きそして実になってくれているから。

だという事を、忘れずにいたいものです。

では、今を生き活かされている私達現代人は、その先を生きる人達がその花を愛で、

実を収穫できる様に、沢山のタネを撒くことができているのでしょうか。

昭和、平成初期の時計修理をさせていただいていると、当時創られたモノの、

その強度やタフさ、そしてデザイン性や独創性に、日々驚きと関心のオンパレード。

イマココを生きる使命をいただきながら、なにも種まきする事ができていない様な、

そんな気がして、時々ドキリとします。

「文化の日」振替休日の4日、月曜日。

少しだけそんなコト達に、想いを向けて過ごしたいと想います。

先人の皆々様に、平和な国日本に、感謝いっぱい!!

どうか、この世の生きとし生けるもの全てが、幸せであります様に。

ありがとうございます。

てる

2019-11-04 | Posted in 店長ブログNo Comments »