小さな時計屋の心の中

応援団長〜

11月14日(土)

病的な人見知り?というか、病的引っ込み思案?あまりにも繊細で

外に一歩出ると、ほとんど声を発することすら出来なかった4〜5歳の頃のこと。

新たなお引越し先のお隣に、同学年のひとりっ子 の女の子がいた。

見るからに、ひとりっ子!!て感じの。

いつだって両親の愛に包まれていて、通学中テクテク歩いていると、

ほぼ毎日の様に忘れ物をお母さんが届けに来てくれる(笑)

そんな、ホワンとした、のんびり屋さんだった。

それがYとの出会い。

あれから……気づけばいつの間にか、45年以上が経つんだなぁ〜。

両親や兄弟のことはもちろん、祖父母や親戚のことすらなんでも共有してきた

ってくらい、お互いの事を、な〜んでも知っていた幼なじみ。

現在。

彼女は「楽しいから仕事が趣味だわ」と笑い飛ばしながら、家庭と仕事の両立の中、

楽しそうにバリバリ働き、

時には思いっきり羽を伸ばして大空を飛び回っている。

同時に……。 紛れもなく、あの頃から変わらず私の応援団長ッ(笑)

喜んで、楽しんで生きている彼女に時々でも会うと、懐かしさと共に、

自分のエネルギーが、どんどん満ちてゆくのが分かる。

こんな時にね…、いやこんな時だからこそ、きっとあえて立ち寄ってくれたのでしょう。

言葉にせずにスマートにそれを行う友人Y の心配りに、いつだって救われてきた。

今更のことながら、感謝いっぱい!!です。

またしても、救いの手を伸ばしてくれたのね。  ……本当に、いつもありがとう。

心から応援してもらっているのを感じたよ、がんばる、本当に頑張るよ。

また来年春までにはまた、ゆっくり会おうね〜♡

誰もがきっと誰かの応援団。

誰かに応援していただいた分、心から誰かの応援をすることのできる人で在りたいと…。

そう想えた金曜日。

皆さまどうぞ充実の1日をお過ごし下さい。

2020-11-14 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

モザイクタイル

11月13日(金)

誰でも、何かしら「なんか好きだなー」て想えるもの、て、

あるかと想うのですが…私の場合は、「石ころ」が好き。単体のひとつの石。

というよりは、不特定多数の石ころ達が…。

例えば、神社仏閣の敷地などに敷かれているお敷石とか、河原の辺りに在るがまま

在る石ころ達。とか…そういうの(笑)

見つめていると、そのひとつひとつが、まるで「時が詰まった光の粒」の

様に視えてくるから不思議なものだ♡

今の仕事を始めて17年。この業界のおかげで気づくことのできた事柄達。

不確かで無制限の時(トキ)、有限である「時間」という概念。

向き合い方、扱い方、均衡…。バランス。

そういう事をやたら想うようになったこのタイミングで、

『モザイクタイルミュージアム』へと導かれた…(笑)

計らいのタイミングの良さに必然を感じたッ (笑)

モザイクタイルが作られる工程、そして歴史。

(大正3年頃多治見で美濃焼タイルが誕生したようです)

そして、それらの今だ変わらぬ魅力に、どっぷりと侵されたぁ〜!!笑😆

同じに視えて、確実に全てがオンリーワンの小さな小さなタイル一枚。

その小さなひとつひとつが集まってナニカ別のひとつを創ってゆく…。

ひとつがみんなで、みんなでひとつ。

そういう摂理を、カタチとして目に視えるタイルに、教えていただいている様だった。

また行こう!『多治見モザイクタイルミュージアム』

なぜ私がこの業界で、イマココにいるのかが分かった気がした(笑)

もう少し、もう少し待ってね、まだ取り上げないでくださいね。

もう少しで、そこに手が届きそうな、なんとなくそんな気がしているから。

それが腹の奥底に落ちるまでは、ココにいさせてくださいね。

そんな想いを奥の方で感じている今日この頃。

ありがとうございます!!

すべてのご縁に感謝の朝。

2020-11-13 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

時計の革ベルト別作

11月12日(木)

時計革ベルトが痛んでしまったり、そろそろイメチェンしたいなーなんて感じたり。

革ベルトを交換したい!!とある時ふと想う。(私の場合、髪と同じ様な感覚。だろうか…)

しかしながら残念ながら、時計の大きさやカタチなどの加減で、

取り替えたいと思った時に、そのサイズが既製ベルトメーカーさま方の商品の中に、

どうしても見つからないものもある。

そんな時は、革ベルトのベルト別作。 いわゆる「オーダーメイド!!」

で、即解決ー☆ (作成に3〜4週間いただきます」

・珍しいお色や素材

・ベルト幅が奇数サイズ(CITIZEN・SEIKO・舶来ブランドにあり)

・時計ケース接続部分とバックル(留め金)部分のサイズバランス

・革ベルトの長さ

など。

その理由は各々だろうけれど、いくつかのポイントだけ押さえれば、

お持ちの時計にピタリとおさまるオンリーワンに出逢えます。

裏材をラバーやロリカ素材にして、汗水に強くする事だって

できちゃうからもちも良くなることかと〜。

収まり良く、しっくりおさまる自分好みのベルトをオーダーする。

そんなしつらえを、自分とお気に入りの時計に対して自らが決めて施す。

それは、未来が「理想に近づく第一歩」です。

自分を大切にすることが、周りを大切にすることだから。

身の回りの近いところに少し目を向けて、どうぞ理想を現実へと

変えてゆきたいものですね〜。

夜になるとすっかりひんやりする様になりましたね。

皆さま暖かくしてお過ごしくださいね。

2020-11-12 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

秋の遠足

11月11日(水)

秋の遠足。

JRに揺られ、伝統と歴史のある焼き物の街、そしてタイルの街へ。

あまりにも美しい秋の景色に出会ったので、今日はその美しさだけを

ひとまず、シェアさせていただきます。

今回の遠足の趣旨目的は、おうどんが美味しく見えるおどんぶりとの出会いと、

秋仕様の大自然に包まれ身を委ねること。

両手いっぱい広がる青い空、色とりどりの大自然。

もう、この身がとろけそうな程、身体の奥底から感動する様な風が吹いている。

最も美しいだけでなく、想いによって整えられたであろうその場で、

温かいお茶と、その街一番のお気に入りのお饅頭で、おもてなしをいただきました。

「今年はここ数十年で最も紅葉が美しい当たり年」と、紅葉前線を追っかけされている

知人の写真家さんもおっしゃっておられたな〜。

まさに圧巻の美しさでしたよ。

自然の叡智、摂理に想いを馳せ、静かに自分と向き合う機会をいただく

というなんとも充実のご褒美時間でした。

ありがたい1日に感謝です。

2020-11-11 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

同窓会のようなシェア会

11月10日(火)

5年前になるかな。

月に一度、計年12回。講座受講の為に、全国から名古屋国際センターに

通ったメンバー達が、たまたま名古屋駅に集まった。

愛媛、大阪、愛知県内あちこちから。

愛媛からのリクエストで名古屋めし「あんかけスパゲティ」を。

で、皆さま相変わらずよく喋る喋る(笑)

年齢も、職業も、おかれた環境も、もちろんそれによる考え方や感じ方、

反応も、個性強めのみんなして、ホントバラバラ。似ても似つかず(笑)

共通点は、あの時 あの学びが必要だと感じて、皆それぞれ直感に従い、

講座に参加したことくらい!? なのかな(笑)

5年が経ってからの再会は、懐かしさだけでなく、

この5年間で皆それぞれ、日常の体験体感とあの時の学びをシンクロさせ、

それぞれに消化し、それぞれのおかれたステージで、十分すぎるほど輝き、

活きておられる事を実感させてもらった。

そして、それをいつでもシェアしあえるお仲間なのだという事を、

確認させられた様な 計らいの時トキ だった。

コレは確実に、イマココだからなし得た貴重なひとときだという事を、

心底 感じた。

こんな心強いお仲間方に出逢わせていただけたことに、今更ながら

あの時の講座に、感謝いっぱい!!

離れていても、それぞれの日常の中で、どんな時も、何かしらお互い作用し合って

目に見えない糸で繋がっているのだろう。

目に見えることなんてほんの狭い一部分。

ほとんどは目に見えていないけれど、確実に繋がっているのだと想えた。

皆さま、ありがとうございました。

そして、店を留守にする事ができるのも、店を守ってくれているスタッフの

おかげさまだと、いつものことながら、心感謝の念。

全てのご縁に、心から感謝いたします。

2020-11-10 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

時計工房の日常(の物語)

11月9日(月)

時計工房の日常を、普通に描いてあるマンガがある。

毎日の小さな出来事を切り取ってある、そんなごく普通の物語〜。

その主人公が可愛らしい女性技師さんだから、更にイイ感じ。

で、素敵なマンガに仕上がっているのだろう。

出会いのきっかけは、お客様から第1巻をいただいた事だった。

その時、存在を知った。

この度、いよいよ3巻が発売されましたー。情報をいただき早速ゲット。

店頭で、作業の仕上がりを待つ間に、お読みいただいたいてることが多いようです。

読んでいて、なかなかの心地よさ。

何が言いたい、何が描きたい、ではなく、ただ、シンプルに。

誰かのために、何かをやらせていただく。

小さな日常の中の優しい気持ちや言葉が、誰かの幸せへと繋がり、循環する。

そして、いつしか。 自分の元にかえってくる。

静かな時の流れがただ紡がれ、静かに循環してゆく物語。

というのでしょうか。

理想の時計屋さん。とも言えるかな。

コレからの時代。

時計業界が、目指すべき?想い出すべき? 行き先のヒントの様にも想えたりもします。

優しい時の流れる、日常の物語。 『冠さんの時計工房』

興味あれば是非ご覧くださ〜い(^-^)//

2020-11-09 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

時計のガラス交換

11月8日(日)

時計のガラス交換が教えてくれたコトを少しシェアさせてもらおうと

思います。

小さな時計屋は、起業当初からなぜか時計のガラス交換依頼が多い。

小さな時計屋楽天店で「ガラス交換」をメニューにし受けていた頃の流れ、から

来ているのだろうか。

とは言えもう楽天店を閉店してから何年も経つ事を考えると……。

やっぱりスタッフの技術力があってのコト!!なのだろうな。

スタッフ皆に感謝です。

「ガラスの傷」というのは、

角度により目についたその傷が気になりはじめると、例え割れていなくても、

少しの傷であっても、気になって気になって仕方なくなる。

しかも一度気になると、もう忘れることはなく、毎回そこに目が留まる。

言い換えれば。時間を見るたびに、ガラスの傷を思い出し気になり続けるてこと。

ガラスの傷同様、ネガティブな思考や、心配や不安、とはそんなものだから、

いつまでもそこに自分を置いておかない。

早く意識をそこから離してあげるべきかと。

気持ちよく時を刻むためにも、前向きに生きるためにも、

一日も早くガラス交換をオススメ!!したい(笑)

コレはガラスの傷や欠け、それに金属ベルトの汚れや破損、革ベルトの劣化、

文字盤内の不具合など、少し遅れる、進む、といったもの含めて全てがそう。

ちょっとした不具合をそのままにするか、サクッとすぐに直す事を検討するか。

一概に決めつけることはできないものの、コレはその方の生き方(思考の癖)と

同じように視えるの。 こうゆう感覚はは、時計や貴金属達が17年かけて教えて

くれている。

アンテナ建てた瞬間、日常は全てが学びと気づき。それしかない。

限界まで我慢して頑張っている方々、一度時計のメンテナンスに予算を割いてみては

いかがでしょうか(ただの営業かッ)。 「そうはいっても何をどうしたら良いかわからない」

そう感じる方は、「時計の外装洗浄クリーニング」から。

ガラスの傷が目立つ場合は、共にガラス交換も含めてご検討いただくと良い事を

ご提案させていただきますっ(笑)

もちろん、時計のことではなくてもいいのです。

新しい洋服にお袖を通す、髪を切る、新しい靴を履く、お部屋をキレイにする、

それに、水回りのお掃除。そんなことでもいいのです。

ちょっとだけ視界が変わる事を。

モノ・コトに対する何気ない対応で、人の思考の癖や生き方が視える。

てことは、言い換えれば、そこをちょっと変えるだけで、

生き方も思考の癖も理想そのものに変えてゆける。

てことは、理想をあっという間に現実に変えるコトができる!!

とっても簡単なことなのですッ!!

でも、簡単すぎるから、ほとんどの人が信じないし、やらないの。

(あっ、これはあくまでも私の持論であり、私以外の方に通用するかは未だ

検証中ゆえ、鵜呑みにしないでくださいね〜)

皆が幸せでありますように。 結局のとこ…、それだけですッ♡

2020-11-08 | Posted in 店長ブログNo Comments »