小さな時計屋の心の中

時計革バンド選びのシーズンです

2022年4月8日(金)

灌仏会(花まつり) お釈迦様の誕生祭。宗教と呼ばれているアレコレには疎いものの、なぜか幼稚園や高校が仏教系だった私はふと思い出したりします。 言葉にすると「無宗教」のような感覚で生きながらも、代々ご先祖様方が信心してきた宗派というものがありお墓もあり、そこで手を合わせるわけで。 学生時代は国語や数学と同じように「宗教」という授業もあり、テストもあり。 社会に出てからもあちからこちから、ご縁に導かれ聖書を読んでみたり、真冬の五十鈴川で禊をしたり。 人にとって宗教とは、信じても信じなくても、全ては善きように護られている存在であって、 言葉にしたら「なくてもある」という事なのかなと、つくづく。

太陽の下で種を蒔きまたそれを刈り取る農民の姿にナニカを強く感じた画家もいるだろうし、 細々と商売を続けながら預かる修理品達から奥深い気づきを教わることだってある。 どうやら本当に大切なのは、特別なことなんかじゃなく、今ここにある目の前の日常!てことのようです(あくまでも私の勝手な解釈ですよw)

暖かくなり薄着になる春。 新生活に向けて一新する春。 そんなあれこれの理由からでしょうか、時計ベルトのご相談が多い春です。

せっかくなのでほんの一部ですが、ご紹介させていただきますね。

ベルト幅のサイズをお測りし合う中でお選びいただきます。ズラーッと並べられたベルトを見ているだけではなかなかイメージ出来ないので、実際に時計に合わせてみたりしてお悩みの方が多いため、厚みやお色、使用感などの個々の特徴についてお伝えし参考にしていただくようにしています。

最終実際に取り付け後ご試着いただき、ご納得いただいてご成約。腕回りの細い方は革に穴足しをしサイズチェック。この時のお客さまの嬉しそうな笑顔がたまらない瞬間となります(笑)

この春も、3月以降〜これまでに、150件以上のベルト選びのご相談に応じています。なんて嬉しいことでしょう〜。 (ただただ感謝です)

それぞれがそれぞれに最善の時を刻めますように、なんて事をそっと祈り込めて時計を拭き拭きしてお渡しすることも、……、もしかしたら宗教感あっての事なのかもしれないな(笑) なんて思うと、もしかしてわりと信心深いのかもしれないな〜。笑

ま、『信じるものは救われる。』てことにしておきましょう。

名古屋周辺、この週末までが最終お花見シーズンとなりそうですね〜。  皆様どうぞ、楽しい週末を、ご安全に過ごしくださいね。

2022-04-08 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

時計修理と体内時計

2022年4月5日(火)

『本日4月5日は、火曜日のため定休日です』

名古屋駅周辺、今年は入園(学)式に合わせたかの様に桜が満開の時を迎え、あちこちで桜色の景色と共に新たな始まりを歩み始めた方も多いのではないでしょうか。それぞれがそれぞれに良きように時が刻まれますように。

10年前の春にオーバーホールさせていただいたOMEGAを、改めてオーバーホールでお預かりした事を機に、スタッフと名古屋駅地下街にお店を構えて11年目なんだねという会話になった。 1日の半分弱を日の当たらない地下街で過しているということは、この11年のうち5年間は地中の深いところで過ごしてきた、ということなのですね。

積極的に日にあたり、空を眺め、自身の体内時計の精度調整にも気を向けながら生きなきゃな〜なんて事を、思い始めました(笑)

時計のメンテナンスや修理、金属ブレスの破損修理、時計ガラスの交換、などなど、「時のはかり(時計)」を修理し、正確に時を刻めるようにする事を仕事としお一人でも多くの方のお役に立ちながらも、自身の体内時計をもメンテナンスしてゆける、そんな時の刻み方をしてゆきたいものです。

さて本日は定休日、どんな時を刻もうかな〜。

どうぞ皆様、素敵な春の一日をお過ごし下さいませ。

2022-04-05 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

UNROOFオリジナル革ベルト

2022年4月1日(金)

少しづつ、少しづつ、日常が日常になってゆこうとする風を感じるこの頃。(日常てなんだろ、今この目の前にみえることが日常なのに、おかしな言葉w)

初日1日が、新月🌑と重なり、まさに物事のはじまりに相応しい!と言える2022年4月新年度の始まりですね。                  エイプリルフールでもあるのか(笑) もはや何がウソで何がホントなのか分からない世の中ですが、 せめて、ご縁があり目の前にいてくれる誰かの為に、少しでも姿勢良く前を向く自分で在りたいものです。(と、誰よりも自分に言い聞かせてますッ)

今週は東村山に本拠地をおくUNROOFアンルーフ革工房より、4人のスタッフ様方が、小さな時計屋をお訪ね下さいました。 幸せを運ぶ青い鳥モチーフの美味しいお土産をいただきました。 ありがとうございました〜。 13Fのテラスで、お打ち合わせに同席させて頂きました。  のびのびと、イキイキと、時計革バンドの商品化ストーリーに向き合っている彼等に、心底元気をいただきました。

「障がい者」としてではなく、一人ひとりがそれぞれの得意を活かし役割を担い合う、そして与えられた役割を楽しんでいるからこそ、の笑顔が妙に心地よく映りました。

素材のこと、価格のこと、色のこと、箱のこと、など少しずつですが確実に進んでいる様です。 「小さな時計屋に何ができるか」を考えながら、引き続き応援させていただきます。

共に関わらせていただいている業界のお仲間とご一緒させていただいたり、久々の再会の機会をいただいたり、 新たな流れのお話やご縁をいただいたり、桜満開に合わせて本当に心賑やかな3月でした。

人にとってやりたくない事をやるほどしんどい事はない。 ピンとくる事 やりたい事 に出逢ったら、あとは腹くくって行動に移すだけですね。 (て話が出ましたw)

学び・気づき多き日常に、ご縁に、感謝の4月スタートです!!

2022-04-01 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

春色の革ベルト 〜さくら色〜

2022年3月29日(火)

『本日3月29日は火曜日の為定休日です』

梅から桜へと、静かにバトンが移る季節。毎年のことながらこの頃になると決まって強い雨風に見舞われる。 美しく咲き誇りながらもあっという間に刻を迎える散り際、そして散った後までもが美しい。 だからこそ、人の心を揺さぶり感動を与えてくれるんだろうなぁ〜、そう在りたいものだなぁ〜、なぁんて事をアレコレと思い巡らす桜の季節です。

心静かに、時を気にせず自然に触れることのできる様なライフスタイルを妄想しながらも、今しばらくは桜色で春気分ですッ(笑)

取り付け口が特殊形状でしたので、革ベルトをカット、切り口を溶かし、コバ塗り加工し、乾燥、そして時計に取付をさせていただきました。シチズンエクシードに合わせたさくら色の革ベルトがなんだかとっても華やかに映りました。

こちらも同じくさくら色革ベルト。可愛らしいファッションウォッチに合わせてお取り付けさせていただきました。

フランスのロシェブランドのバッファロー革、バイオコンフォートシリーズはとっても柔らかく、防臭効果のある植物性シートを挟み込んだこの革ベルトは、質感もソフトタッチでとても優しい仕上がりです。(4500+税)

お肌がデリケートな方、柔らかタッチで包まれたい方、優しいお色を合わせたい方、などにおすすめのロシェ/バイコンフォートシリリーズ。

おすすめでーす^ ^

あっという間に3月もまもなく月末を迎え、新生活スタートの季節ですね。どうぞ皆さま素敵なスタートを♡

2022-03-29 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

D&G ドルガバの時計修理

2022年3月25日(金)

春のお彼岸明けを迎え梅から桜へとバトンが渡される季節ですね。    暑かったり寒かったり。寒暖差がここまで大きいと体調管理がむづかしいですね。 「若い頃はここまで感じなかったのになぁ〜!!」そう想うということは、少しは私も大人になったのかと自覚したり!?もして (てもう更年期のお年頃ですけどね〜しんどッ、苦笑)

気候の変わり目、ご機嫌様で過ごしたいものですね〜。

革ベルトの経年劣化が進み、そののち破損。 接続パーツが完全に破損しておりました。そんな状況の中でのお預かり。

可能な限り全体ブラッシング、新しい電池を入れて動作の確認。調子良く動き始めたコトを確認の上で、革ベルトを交換させていただきました。

お選び頂いたのは、オーストリアの革ベルトメーカー🇦🇹ヒルシュの中でもウォータープルーフ素材として知名度の高い「マリナー」のブラックを合わせてイイ感じ!!に仕上がりました。

復活の瞬間は、思わず「おめでとう!」です。

新生活スタートの春。

お手元の時計を復活させて、気持ちよく新たな時を刻み始める。なんてのもおすすめですよッ。

明日26日は、とっても素晴らしい日だそうです。(天赦日・一粒万倍日・寅の日) どうぞ皆様ステキな週末をお過ごしくださいませ〜。

2022-03-25 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

それでも種を撒く

2022年3月22日(火)

『本日は火曜日のため定休日です』

空の空、空の空、いっさいは空。世は去り世はきたる。しかし地は永遠に変わらない。そのような言葉ではじまる12章。 中でも私は3章の言葉が最も好きだ。全てのことには季節があり全てのわざには時がある。

宗教など、ご縁が無い様な私が、なぜか伝道の書を思い出した週末。全ての物事に意味があるのであれば、いま置かれたココでそれぞれが種を撒きながら、感謝のうちに収穫させていただくだけですね。

6年ほど前から我が家で時を刻んでくれているJUNGHANS掛け時計。少し進んでみたり、遅れてみたり、時に止まってみたりしながらチクタクチクタクと、変わらずいい音を響かせてくれている。 

さて。時は久しぶりに、全面解除の日常が再開ですね。この先はどんな流れになってゆくのでしょう。

この連休は、革ベルト選び・金属ベルトの破損修理のご相談が目立つ3日間でした。(もちろんオーバーホール、電池交換、貴金属修理のご相談も多数いただきました)

金属ベルトの破損といえば、駒の破損・留め金プッシュボタンの破損、が断然多い。 汚れがついたままにしておくことで、サビが進み、ステンレスパーツを傷めてゆく。限界にきたところで破損。

外装のサビや汚れををキレイに落とし、ピンやバネを交換、整形し気持ち良お使いいただけるよう整えます。

症状や状況により作業時間や修理代金は異なりますが、最短2時間〜、2,500円〜となります。一般的に破損すると「バンド一式の交換」「年数経過により修理不可」と判断されることもある様です。あ

あきらめないで(笑) 診せてください、チャンスをください、出来ることしっかりやらせて頂きます。

これが、小さな時計屋が撒く種です。

これまでの全てのご縁に心から感謝の春、ありがとうございます!

この想いがどこまでも届きますように。

2022-03-22 | Posted in 店長ブログNo Comments » 

 

時計の革ベルト選び

2022年3月18日(金)

修理品達が教えてくれること

色鮮やかな袴姿・真新しいスーツ・花束を抱える姿・年に一度のこの時期特有ともいえるその光景が、当たり前の様にも視える一方で、奇跡の様にも視えます。 物事には両極端の真逆があり、自分で選択してどちらかを受け取るだけ、どちらでもないのにどちらか。 おもしろい、深い、そしてシンプル。 ますます、今後が楽しみな自分がいます。

すっかり春、お袖が出はじめるこの季節は、時計革ベルトを新調するのにもっとも適した季節です。 よろしければ、どうぞコレからのあなたの革ベルト選びの参考になさってくださいね。

例えば、雰囲気を変えてイメージチェンジをしたいのか否か、色を変えたいのか同じ色を探したいのか、汗水に強いモノを探したい、とか、質感重視でこだわり素材を、とかっていうご希望やイメージ、そもそもメーカーのオリジナル専用ベルトをつけたい!などを伺いながら、商品のご提案をさせて頂く様にしています。

全体をキレイにブラッシングし、お取り付けをさせていただくと、壁面で商品を眺めていた時とはガラリとまたイメージを変えます。想像より上をいくととても気分が上がります!(当たり前ですけどね)

もちろん逆も然りで、見ていてコレイイ!と思い手に取り、実際つけたら、 なんか違う、全然違う、て事もある様です。 て事は。

ネット購入で失敗されておられる方も多いのかもしれませんね。 ご自身の腕に毎日のる時計です。(毎日じゃないです!ていう方もいるでしょうけど) 使用感、お色、雰囲気、金額、なんでもどこでもいい、どこかしら気に入ったモノを身につけて頂きたいなぁと(笑)

結局のところ、そう。 一人一人が気分良く時計を身につけ、気持ちよさげに時を刻む時計と共に在るコトが、世界の平和に繋がる!! どうぞお気に入りの時計をさっとでも拭いて身につけ、週末も楽しく時をお刻み下さいませ。

2022-03-18 | Posted in 店長ブログNo Comments »