20213月7日(日)

時計をお持ちになられ、「もし動くものなら、是非、動かしたい。」そういった類の

お声がけ、ご相談をよくいただきます。(それが主なお仕事なのですがっ 笑)

お伺いすると、お譲り受けや形見のお品となったものが多い…。

その時計、そしてお持ち主にとっての、「その時」がきた時に、こうしてたまたま、

お預け頂ける修理店であったことに、感謝し、携わらせていただく。

もちろん中古購入し届いたばかりのモノや、2〜30年前のご自身が愛用していた時計、

なんて場合も同じなのですが。

こちらのタグホイヤーは、「形見となり、なんとか動かせるものなら。」

というご相談でした。

オーバーホール(分解掃除)一式と共に、針先の夜光塗布をご提案させていただき、

共に施させていただきました。

針先の夜光が変色し割れてしまっていましたが無事、綺麗になりました。

(綺麗でしょっ!笑)

先のお持ち主様が大切に腕に乗せていた時計が、ご縁により継承された次のお持ち主

様の想いによって、「その時」を迎え、こうして想い出と共に復活の時を迎える。

時計は時を刻み、知らせるものではあるけれど、それだけでなく…。

先代の刻まれてきた時の、続きが繋がる。というか…。

想いと共にいのちの続きが継承された、というか……。

なんとも言えないキュン、そしてツンッとする、たまらない瞬間に出逢う。

その上、お持ち主様からは、喜びの笑顔と共に感謝の言葉を頂けちゃうのだから。

あーん!!なんて素晴らしいお仕事!!

そんな素敵を小さな時計屋に届けてくださる多くのご縁に

ただただ、感謝しかない。ありがとうございます!!

まだ少し、もう少し、頑張ろう!!