7月2日(木)

2020年後半がスタートしました。

多くのお客様方に、ご利用いただきました。

レジ周りのアルコール消毒、マスク着用、電池交換後は時計も拭き拭き。

出来る限り洗浄クリーニングをオススメしながらの営業を続けております。

電池交換、防水耐圧試験のご依頼はもとより、得意分野の革ベルト交換や

金属ベルトの破損修理のご相談が多い1日となりました。

営業時間の変更が直前に決まり、なかなかお伝えが行き届かずにおりましたので

ここ1週間ほどは出来る限り営業時間を伸ばしてご対応しております。

昨日7月1日より、【10:3019:30/火曜定休】になりますので、どうぞ

ご周知いただけますよう、宜しくお願いします!!

昨日は貴金属職人Uさんからジュエリー修理の仕上がりが数点。

どこを直したのか分からないほど綺麗な仕上がり。

ちょっとしたロー付け修理でも、丁寧に仕上げてくれる職人さんとのご縁が

小さな時計屋のジュエリー修理部門を支えてくれています。

時計屋貴金属の修理仕上がりをチェックしながら、

改めて、「いちいち丁寧に生きる」という事の大切さを深いところで

気づかせていただく…こ今日この頃。

小さなひとつひとつの物事と、どれだけ細やかに丁寧に向き合えるか。

これが人生を豊かにするということに繋がる。

つい見過ごすこと、つい後回しにして放置しがちなこと、適当に流してしまうこと、

そうして見過ごしてきたことは、必ずどこかでまた、何度でも何度でも、

向き合うことになっているような、気がして(笑)

そんな事を想う、今年後半の初日になりました。

『ひとつひとつを丁寧に』 今年後半の小さな時計屋の更なる課題です(笑)