6月10日(水)

『時の記念日』 といえばやはりココ!!

充分に整えた上で、近江神宮まで、お参りに行かせていただきました。

祈願文もしっかり想いを込めて納めさせていただきました。

今頃、朝のお勤めでご祈祷をうけているのではないか!? と…。

そんな想像をする時の記念日朝です♡

近江神宮は決して伊勢や熱田、また明治などの他の神宮の様に広くもなく、

比叡山のお膝元の様な場所に、ポツリと鎮座するとっても静かな杜の斜面にある神宮です。

671年天智天皇が漏刻(水時計)を使って時の経過を鐘で知らせた、と言う記述が

日本書紀に残っているそうで今も毎年6/10には漏刻祭が開催されています。

その境内には、オメガやロレックス方から寄贈された、日時計や火時計、それに

漏刻もあり、それぞれが今もそれぞれの時を刻んでいる。

なんとも不思議な境内です。その上、時計の博物館もあったりして。

神宮のお隣には、『近江神宮時計博物館付属近江時計眼鏡宝飾専門学校』があります。

『時の記念日』を国民の祝日にする会 も活動を始めている様です。

時計、時間、時、今一度見直すタイミングなのかもしれませんね。

時の記念日。 自分らしい『時』の刻み方について少し想いを馳せてみてはいかがでしょう?

素敵な一日をお過ごし下さい〜