5月11日(月) 〈店頭休業29日目〉

シトシトと静かで霧雨の様な雨に包まれた日曜日でしたね。

皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか。

通勤途中で会う紫陽花が日に日に成長し、人々がこんな時でも関係なく

季節の移り変わりを静かに告げている。

ある日突然、日常という名の当たり前がガラリと変わり、すっかり別の日常を

こなし始めている今。あまり考えずに粛々と、今できるコトだけをただこなすコトを意識。

そんなコトを改めて想う日曜日でした。

そんな中、お店にひとつの荷物が届いた。 …!?!?

なんだろう。郵送修理依頼ではなさそうだ…。

封を開けて……泣いた。

ただただ静かに時を刻み続ける時計 に想いを込める時計店さんと

ご縁で繋がる人々の日常の物語。

今このタイミングでコレをお客様からプレゼントしていただくなんて…。

コレ泣くしかないやつです!! なんて粋な計らい。

この粋な贈り物を届けてくださったYさんだけではなく、他にも多くの

お気持ち寄せてくださるご常連さま方に支えられ、時に泣かされ背中を押され、

イマ、ココ、にいさせていただいている私共「小さな時計屋」。

頑張り屋さんのスタッフ皆がいてくれるおかげさま。

店想いのお客さま方がいてくれるおかげさま。

『全てのご縁に感謝』 結局そこに戻ることができる自分にすら感謝(笑)

皆さまありがとうございます!

おかげさまで生かされています(笑)

どうぞ皆さま、今日も一日心身ともにお健やかにお過ごし下さいませ。