革ベルトのオーダー別作

いま思えば…、春節を過ぎたばかりでまだ名古屋駅に外国の方々が

多くいらした頃…。もちろんその時はまだ、まさか日本がこんな事になり

ここまで経済活動ができなくなるなんて、想像どころか、夢にもみることの無い

雰囲気でしたね。

そんな頃、ある女性のお客様から、ご相談をいただいたLVヴィトンの時計の革

について。

とっても珍しい時計の上、革ベルト自体のサイズもお色も特長的。

そして残念なことに、ショップさんでもこのベルトは無いとのコト。と…。

『これはお作りさせて頂くしかない!』と(^^)//

そして幅はもちろん厚み、脇の赤色、ブラックカーフのエナメル仕様、も。

可能な限り再現を。と。

メイドインジャパンで、ハンドメイドさせていただきました。

仕上がりは見ての通り♡ 革の質感も、縫製仕上げも、申し分無し!!

定革、遊革の仕上がりも、まつり糸の仕上げも、コバ塗りの丁寧さも、

さすが日本です!! なんだかとても嬉しくなりました。

今の、このなんとも言えない状況の中、

東京の下町で、こんなに心を込めて丁寧に、ものづくりに励んで下さっている

素敵な職人さんがみえる。ということが。

そして、その方と共にこうして繋がりお仕事をさせていただいている、

という奇跡のようなご縁が。

「繋がり」の中で活かされているということが、これから先の自分、

そして日本の行先を照らす 『一筋の光』のように感じています。

経済は破綻したとしても、命があれば、大切な存在が共に在れば、

誰だって、何度だって出直せるもの。

益々、全てのご縁に感謝しながら、胸を張って歩いてゆこうと想う4月の始まりです。

ありがとうございます。

皆様どうぞ心身共にお健やかに、どうぞ笑顔でお過ごし下さいませ(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コロナウィルスの影響により、今しばらくの間、

11時〜19時 での短縮時間営業とさせて頂きます。

先の予定が決まらず、大変ご不便をおかけ致します。

お叱りはごもっともでございますが、

どうかご理解くださいます様、よろしくお願いを致します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆