視座をかえるという事

部屋の中でカンヅメになり、ノートシャーペン消しゴム、それにPC、

iPadどちらかと言うと苦手なモノ達に囲まれ、机に向かう1日。

朝方雨がシトシト降っていたのに、集中していたのか、気づけば

いつの間にか快晴!

気持ち良すぎるー!て休憩にし、洗濯物を干して日頃お部屋の中に

閉じこもっている植木たちをベランダへ(#^.^#)

お日様と風にご挨拶して喜んでるねぇ〜♡

で私も改めてお仕事に集中〜。

しばらくしたら、少しヒヤッとしたので洗濯モノを部屋の中へ…。

「カチャン ッ」…!?…!?え?  見えていなかった(>_<) 

小さなその観葉植物(緑ちゃん)はMちゃんが体調崩し寝込んでいた時、

一緒になって寝込んで息絶え絶え状態だったものを、

お見舞いの帰りに連れて帰ってきて、

「なんとか元気にしてあげたい」と想いただいま大切に、

愛情注いで看病中。急いで拾い上げ、植え直し…。

「ごめんね、見えていなかった」。・°°・(>_<)・°°・。

その瞬間、先日Aさんから教えられた「視座」についてのお話が

走馬灯のように蘇った。視座を変え、コッチからだけでなく

アッチやソッチ、違う方向からもモノを見る、感じる。

こうする事が大切であり必要だという事について。

あ、コレと一緒だ。 あっちから見ていたら植木は倒れずに済んだ、

という現実…。私、自分の都合や立場だけで生きてない?

いや間違いなくそうだ…。

時計の使い方やメンテナンスの事も、スタッフに対する言動も…。

ついこの前まで瀕死状態だった小さな植木の緑ちゃんが、ヘナチョコな

私のために、身をもって、生きる上でとっても大切な事を教えてくれた、

そんな気がしてズキーーンときた。

店側からみたお客様の気持ちを、勝手に想像するのでは無く、

お客様側からみた「この店」に望むコト、に想いを馳せるべきじゃない!?

こーんな当たり前の事に気づけない私てどうなのよ……。ケチョン…

視座をかえる。世の中私に見えてる事だけが全てじゃないんだよな、

というより、当たり前だけど見えてない事がほとんど。

うう……情けない(>_<)   でもひとつまたナニカ大切なものを拾えた気がした今日。  

色んなモノや色んな人が、私に沢山の事を教えてくれる毎日。

教えてもらったからには、ゴクンと飲み込みしっかり実践しないと

全く意味がない!!

まずは自分の気持ち言う前に、相手の気持ちあっちからみえる景色を

想像する癖をつけよう。

なんだか、心の中に太陽がいっぱい ( ´ ▽ ` )ノ  

テル