11月16日(月)

まさに紅葉のピークをあちこちで迎えているイマ。

旧暦10月1日、ゼロから始まる新月。旧暦『神無月』の始まりの日曜日。

いかがお過ごしでしたでしょうか?

日曜の朝の通勤途中、いつもの神社へ寄ると、前日とは違う空気感。

なぜだろう

日々秋色に染まってゆく自然と、供えてあるお神酒。

目に映る全てが今日のために、祈られ、整えられた場である様に想えて、

胸がじんわりと熱くなった。

柏手の音も大きく響き、静かなのにあたたかい、なんとも言葉にならないエネルギー

を感じた朝。

自らの七五三の、痛々しい記憶を思い出したりして(苦笑)

本当、受け取り方はそれぞれですね(笑)

七五三をお迎えに成られたお子様方、そしてご家族の皆さま方、

今年は本当に大変な中でしたが、ようこそご無事にこの日を…。

『おめでとうございます㊗️』

心よりお祝い申し上げます。

どうか穏やかな蒼空の下で、大人は謹んで子供達の成長を祈り

それを受ける子供達が、愛に包まれるあたたかな1日であります様に。

七五三と紅葉が終わると、時は年末へと、驚くほど大急ぎで、

過ぎてゆく……。

これからを生きる子供達の未来が、どうか明るい光に照らされます様に。

不安に目を向けず、心穏やかに、あたたかな風に包まれて過ごせます様に。

そんな事を祈るばかりの今日この頃。

ありがとうございます。