理想の自分

子供の頃から自分の意見を口に出すのがとても苦手だった…

想いは沢山あるのに、いっつも 伝えられないもぞもぞ感と悔しさ

だけが残ってしまう。

最初に感じた3歳の時の記憶……未だに最大のコンプレックス。

想いを短い言葉に乗せ、深く伝える事が上手くできない。

そんな風に自覚していた子供が、40半ばになったからできるか、

と言えばそんな簡単にはいかない…。

壁にぶつかる度に、想いが上手く伝えられたなら、そう思ってきた…。

 自分目線では一見 最悪にみえて辛く感じる時。

こんな時は実は最高のチャンスでありこの上ないタイミング。

と聞いた事がある。

今この瞬間が絶妙なタイミングで与えられたチャンスなのかも!!

そう思う事にしよう(#^.^#)

どうせなら笑って、楽しく、胸はって、上向いて歩こう(笑)

裏があってこそ表があり、光があるからこそ影ができる。

コンプレックスがあるからこそ、

その分他のどこかが輝いてみえるのかもしれない☆

理想の自分にはまだまだ程遠いけれど、

どこかを輝かせていられるよう、ダメなとこじゃなくイイトコ探し!

先ずはこんな自分を好きでいられる自分になろう( ´ ▽ ` )ノ

テル