時計革ベルト(ブラック編)

時計の革ベルト交換のご依頼ご相談の多い毎日。

特にこの時期は、汗水に強いモノ、シミになりにくいモノ、

と言った類のご希望が多い。

そんな中、5月最終日はなぜかブラック(真っ黒)の革ベルトの交換

が何件も。

春夏は黒(ブラック)、 秋冬は茶(ダークブラウン)、が一番人気。

コレは15年前から変わらない様です。

少しご紹介。

手巻きのアンティーク時計「グリュエン」にラム革のブラック。

ミシンのステッチがなく、フラットのシンプルさが、時計ケースの

デザインを引き立ててくれます。

コンビ色のバーバリーにバッファロー革のブラック。

フランスのロシェブランドの中でもイチオシの「バイオコンフォート」

シリーズ。防臭、ベタつき、アレルギー対策済みの優れもの。

シチズンのソーラーにカーフ型押しのブラック。

イタリアのモレラートブランドのカーフ型押しの中で一番人気の

シリーズ。

「ブラック」とひとことで括っても、質感も色も、それぞれ全く違う

印象に仕上げてくれる。

時計のデザインや色、お持ち主様のお好み、などに合わせてご提案。

ベルト選び&ベルト交換の面白さはキリがない(笑)

時々こうしてご紹介していますのでどうぞ参考になさってみてください☆

さぁ、6月が始まります。

喜んで、楽しんで、ご縁に感謝いっぱい胸を膨らませて

このひと月を過ごします!!

ありがとうございます。

てる