2021年11月12日(金)

時計・貴金属の修理専門の小さな時計屋。電池交換なり修理なりを済ませた時計を新たな流れに乗せるために、革ベルト交換についても相当力を入れている。 今となっては、修理済ませて革ベルト。電池交換と革ベルト。だけではなく、革ベルト目的でご来店くださる方も多く嬉しい限りです。

金属ベルトの破損修理も得意分野であるコトもあり、修理の予算がかかる際、または修理がむづかしい事象の場合などは革ベルトに交換させていただくことも多い。

こちらのお客様、ブラックカラーのセラミックバンドが破損、革ベルトに交換と相成りました。が、コレ革ベルトに加工を施す必要ながあるタイプでした。

この10年積み重ねた経験値も半端ないので、技術は特級かと(笑) 革をカットし、カット部分を焼き、コバ塗り、乾燥させてお取り付け。

ブラック&レッドの組み合わせと、この全体の質感がお持ち主さま(女性)の腕に収まった後にっこり笑顔をいただきました。「めっちゃいい、カッコいい」て、ご主人と共に大変お喜びくださいました〜。とってもかっこよく仕上がっていましたよ〜。

修理は治療と同じ。傷んだところが治ればいい、て話じゃない。より気持ちよく時を刻める様に。より最善の時の流れへと導かれます様に。

そんな想いを込めて…。 さぁ今日もがんばろう。