2月26日(金)

この一年、以前に比べてしまえば大変静かながらも

毎日、時計修理のご依頼をいただきありがたい日々を過ごさせていただいております。

電池交換、ガラス交換、貼り抜け、インデックス取れ、それにオーバーホール、もちろん

切れたネックレス、指輪のサイズ調整など貴金属修理も多く承っています。

そんな中でも、おそらくこの地域で一番多くご相談&ご依頼をいただいているのが、

金属バンドの修理ではないだろうか。

「他店で無理だと言われたのだけれど」

「バンド一式交換しかないと言われたけどなんとかならないのかな」

なんて言葉をよく耳にする。

もちろんお直し可能なものが多く、その度スタッフの経験と技術も積み重ねられ、

今では、「小さな時計屋の一番の強み」になっているのかもしれない(笑)

こちらのタグホイヤーは、洗浄クリーニングで錆や汚れを落とした上で、

駒の間のピンを交換し、3〜4000円で修理完了。

こちらのオメガ スピードマスターも同じく、洗浄クリーニングで錆や汚れを一掃した上で、

バックル部分のスライドネジ紛失による破損箇所のネジ交換修理を、5000円ほどで

対応させて頂きました。

もちろん、金属バンド部分の修理依頼であっても、時計部分も綺麗にブラッシング、

プッシュボタンなどの動作チェックや点検はさせていただきますのでピタリと時間を

合わせてお渡しさせて頂きます。

破損箇所の修理を済ませ、復活と共にキレイにリフレッシュされた時計達は、

なんだかとても気持ちよさそうに、時を刻み始めます。

綺麗になって復活した時計を腕に乗せ過ごすコトで、お持ち主様が刻む『時トキ』が、

ナニカ少し流れがいい風になると信じ携わらせていただいています。

ほんの少しのナニカが変わってゆくことが、全体の流れを変えてゆくことに繋がります。

(と…思っているだけですけどね。)

今月も残すところ3日。 分かってはいたけど2月は、ホント早いなぁ〜^ ^;;

皆さまどうぞ充実の週末をお過ごしくださいね。

それにしても、スタッフT君の頑張りに感謝の毎日です。

ありがとうございます!