11月9日(月)

時計工房の日常を、普通に描いてあるマンガがある。

毎日の小さな出来事を切り取ってある、そんなごく普通の物語〜。

その主人公が可愛らしい女性技師さんだから、更にイイ感じ。

で、素敵なマンガに仕上がっているのだろう。

出会いのきっかけは、お客様から第1巻をいただいた事だった。

その時、存在を知った。

この度、いよいよ3巻が発売されましたー。情報をいただき早速ゲット。

店頭で、作業の仕上がりを待つ間に、お読みいただいたいてることが多いようです。

読んでいて、なかなかの心地よさ。

何が言いたい、何が描きたい、ではなく、ただ、シンプルに。

誰かのために、何かをやらせていただく。

小さな日常の中の優しい気持ちや言葉が、誰かの幸せへと繋がり、循環する。

そして、いつしか。 自分の元にかえってくる。

静かな時の流れがただ紡がれ、静かに循環してゆく物語。

というのでしょうか。

理想の時計屋さん。とも言えるかな。

コレからの時代。

時計業界が、目指すべき?想い出すべき? 行き先のヒントの様にも想えたりもします。

優しい時の流れる、日常の物語。 『冠さんの時計工房』

興味あれば是非ご覧くださ〜い(^-^)//