時計のラインストーン

時計の外装にラインストーンがついた時計のお話。

時計の修理は時計の修理屋さんに、ではラインストーンが取れた修理はどこに?

コレ、わりと諦め、我慢されている方が多い様です。

電池交換のご依頼をいただいた際に、ラインストーンが外れてしまっている

ことに気づき、お話をさせて頂くことが多いでしょうか。

その多くが、「え!?できるんですか!!」とおっしゃる

方が多い…。「そうなんです、やらせて頂きましょうか?」

作業内容、金額をお伝えすると、多くの方が喜んでくださいます。

以下も最近のその一例です。

ラインストーンのサイズも数多くあり、どれでも良いわけではなく、

深さ(高さ)も表面サイズ(幅)もできるだけピッタリ!が理想的。

少しお時間を頂きサイズを合わせ、取り付けさせて頂きました。

どのストーンを付けたのか分からないくらいの仕上がりになればOK!

てことですね。

時計・貴金属ジュエリーの修理をしているからこそお役に立てる

のかもしれません。

もしお困りの方がみえたら、どんな事でもどうぞお気軽に、

お声がけくださいね。

ありがとうございます😊

11(火曜日)は祝日のため、営業させていただきます。