10月18日(日)

金曜の夜遅くから降りはじめた雨…。

名古屋にいて、この秋初めて「寒い」と感じました。

1日のほとんどを店で過ごすので、外は見てはいないのだけれど、

随分降った様ですね。  (勝手な……想像)

モノも、コトも、人も、雨で祓われ、新月のエネルギーに清められ、

しっくりと、しっとりと、気が鎮まり……。それぞれに還る。

そんな、土曜の名古屋駅でした。

お足元の悪い中、朝から本当に多くのお客様方にお越しいただきました。

ご対応は行き届いていたかな、ご説明は丁寧にできたかな、

普段から、時計も貴金属も、修理完了、そしてお渡し。そこから半年後に、

お持ち主さまが気持ち良くそのモノを使えていたらその時が、初めて「修理の成功。」

と思っている…。

修理品のお渡し日が、「新たな始まりの時」という事。

修理が仕上がるのは、再生という意味では、「おめでとうの瞬間」でもある。

という事。

なんやかんやと理屈っぽい事で脳内を埋めながら、

時トキと向き合うことが、私は性分的に好きな様だ。……と、改めて気づいた(笑)

………自分、て見えていないモノですね(笑)