当たり前が有り難いコト

普段何気なくしているコト、当たり前だと感じるコト、

コレって実はすごい奇跡みたいなもので、有り難い(有ることが難しい)コト。

…………………

訳あって、9月からまるっと3ヶ月。

噛まなければならないものは一切食べられず、お粥などの柔らかいもの、

それにプロテイン等で栄養摂取してきた友人が、昨日ようやく。

「ナッツが美味しい!!」とその感動と喜びを実況してくれました。

普段、何気なくミックスナッツを食べている私にとって新鮮な感覚!!

あちこちガタガタしながらでも、元気な歯があるからミックスナッツをカリカリ。

音を立てて味わうことができているのだなぁ。

そう想うと、

コレも、あれも、それも、全てがそう。

日常とは、有り難いことのオンパレードなんですよね…。

例えば私。

異常なほどの近視だけれど…

コンタクトレンズに助けられ、好きな映画やミュージカルを観ることは

問題なく堪能できる目がある。

時々、聞き逃したり耳鳴りに悩まされはするけれど…

大好きなアーティストの声やオルゴールの音色に心底うっとりする事のできる

耳を持っている。

息を吸うのを忘れていたりして時々自分で驚くことも有るけれど…

お気に入りのアールグレイやダージリン、それに好みにぴったり合う白檀や沈香の

香りを心静かに、感じることができる鼻がある。

どれもこれも、自分で意識せずとも…。

意識せずにできることを「当たり前」とし、完全に感謝を忘れていた。

20日の夕方。たまたま列車に揺られながら、昼と夜の別れ目の時間を眺め、

生と死について考えた。目に見える世界と見えない世界について考えた。

この景色をこのタイミングで眺めることができたことも含め、

当たり前の日常の何気ないことが、有り難い奇跡!!なんだと自覚。

愚痴なんて言ってる場合じゃない、不平不満なんて考えてる場合じゃない。

「全ての奇跡に感謝せねば。」 アホやなぁ〜、私。

そんなことを想いながらの週末。

どちらにしてもとにかく奇跡に護られているのは確かです!!

きっと、ご先祖の皆様、私をおいて先に逝った大切な存在達の、計らいなのでしょう♡

ありがとうございます。

皆さま充実の週末をお過ごしくださいませ〜。

てる