ここのところ滞っていた身体の流れを調整する為、かかりつけのI先生のもとに出かけた。 夏至の陽をしっかり受け自分では誤魔化したつもりで望んだけれど、すっかりお見通しの様で…(恥笑) 的確に滞っている場所を見抜かれていた様だった。 1時間ガッツリと調整していただいた(私は寝ていただけですヨ)おかげで、施術後30分後には久しぶりに空腹感を感じる事ができ、なんだか嬉しくなった。 「お腹がすいた」という一見あたりまえの様に想う事すらもが、心身ともに健康であってからこそなのだと心底実感できた(笑)

その後導かれたのは、禅宗のお寺 閑臥庵の精進料理(普茶料理)。個室から自然豊かでありながら優雅なしつらえのお庭を眺めながら、頂くお野菜のみのコース料理は、どれもがとにかく丁寧に包丁が入れられ、とても丁寧に仕上げられており「五観の偈」を感じずにはいられない2時間。 これまでをふり返り、今ある事全てに感謝し、全身で味わいながら、感動と共に過ごさせていただきました。

お食事を満喫した後に、境内をあちこち見せていただきこれまた素晴らしく、ただただ心打たれ…。

身体も心も静かに整えられ、そして偶然にも大切な想い出の地にまで導かれることとなった22日。

不平不満を並び立てても何も変わらない。 こんなにも素敵な導きや愛に包まれて今自分がここに在る事に感謝しながら、ていねいに生きることが出来たらこんな幸せな事はないのだろう。

この感覚を忘れずにいたいものです。 とはいえ、頭で分かっていても、あれこれ想い惑わされるから、こそ人間、なのかもしれませんね(笑)

それにしても、閑臥庵(かんがあん) 。 素敵なところでした。