11月17日(火)

「努力」 目標の実現のため、心身を労してつとめること。ほねをおること。

「頑張る」 忍耐て、努力しとおす。気張る。

「努力」「頑張る」 私の中では、今年の流行語大賞かな!! 笑😆

今年はこの言葉達が常にそばで聴こえていた様に想える。

頑張って。 今頑張れば。 頑張りましょう。 お互い努力の年ですね。

毎日のようにそうお声がけをいただき、おかげさまで今ココに生かされている。

そう、子供の頃から大好きだった言葉達だ。(大笑)

頑張って頑張って、努力して、苦労して、それでもまた頑張って、いた。

自己犠牲とも言えるほどの忍耐の連続(笑)

あのおかげで我慢強くなったからおかげさま♡ 感謝しかない。

が、今は少し(いや、ずいぶんかな)感じ方が変わった。

日頃より尊敬するクリエイターTさんが、この週末に登山された岩山の上で、

ちょうどこんなメッセージを発信してみえた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

努力=苦労 みたいな空気あるけど、ルートファインディングが大事なわけで、

結果頂上着くならリフトを選んでもいいわけで。

ただ、脚を使ってる人はリフトのない山にも登れるし、未踏の地にもいける。

選択肢が増える。

あとは、ちとキツイかなって脚で行くルートを選んだ人は、リフトの人よりも

気概がリスペクトされるわけで。

そんな選択が「努力」と呼ばれるのではないかと。

山行での思考。

T

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当たり前の様でもあるけれど、深いメッセージだなって感じたのでシェア。

これまで、頑張って苦労しないとまともになれないみたいな考え方が

あった様に想うし、ある意味正しくもあり、自分も完全にそうして育ってきた。

でも、今から先は、そう…。違うよきっと。

「生涯苦労なんてしない」って人もいておかしくないもの。

頑張って、我慢して、苦労しなきゃいけない。ことなんて、そもそもないものね。

本人がどう受け取るか、どう想いそれを選択するか、てこと。だけ。

決してぬるま湯がいいという訳ではない。不可も必要だろう。

ただ周りからの強制でなく、全ては自分の選択と決断に委ねられている、というか。

私は、リフトもいいけど、脚を使って登るのが好きだな〜。

欲を言えばさっ。行きは脚で帰りはリフトで、なんてのが好きかも♡

そうそう。それでいいのではないかな。と……。

我慢したり頑張りすぎたりするから、努力して苦労して、それでも努力して苦労して、

ていつのまにか逃げ場がないほど辛くなっちゃうのかな。て……。

頑張って辛い想いしていませんか?

力みすぎず、頑張りすぎず、楽しそうな方へ行きませんか?

頑張りすぎてしんどくなる必要なんてない!!ですよ〜て。

『ま、今とっても幸せだからイイカ♡ 』そこが大事かと!!

さて。

今日は火曜日のため店頭定休日です。

朝からあっち行ってこっち行っての大忙し!でも行き帰りは愛車との秋ドライブ

少し脚を伸ばして自然に会いに行こう。

せっかくのお出かけ、仕事だけにはできないよ(笑)

皆さまもどうぞお楽しみの1日をお過ごしくださいね。