2021年4月17日(土)

金曜日の朝のこと。

大阪の友人から、こんな新聞記事の切り抜き記事が届きました。

朝からとっても嬉しくなりました。

機械式時計が刻む『時トキ』を、人生に例えて、こんな風に感じてくださっている方が

おられるコトが。

友人が、この記事をみて小さな時計屋と私を思い出してくださったコトが。

迷って止まってしまったり、道をそれ狂ってしまった時に、時計そのもはもちろん

その先刻まれてゆく時の流れを軌道修正しリスタートできる様にと、最善最良の

良き流れの中にスッと御返しするコトをお仕え事(仕事)として考えている私にとって、

この朝のこの記事に、これまでの小さな時計屋の存在にハナマル💮をいただいた様な

気がしてなんだか、泣けた。

ちなみに補足をひとつ。

シースルーバック とは、裏蓋がスケルトンになっていて小さなパーツ達が絶妙に

噛み合いながら時を刻んでゆくのを、僅かな微振動と、小さな音と、全体の動作で

実感できるこの様なタイプの時計のことです。

大阪のM子さん、そして新聞社さま、投稿者ファミリーの皆さま、それに関わる全ての

ご縁のおかげさまで、私はこうしてhappyな気持ちに包まれています。

さて、この感謝の想いを お仕え事にどれだけ乗せられるかが課題です。

どんな時も、どんな場所でも、時は止まることなく刻まれている。

どうぞ皆様、充実感と喜びに包まれる時を味わいながらお過ごしくださいねっ。

ありがとうございます♪