2021年9月6日(月)

地球に優しいコト。

プラスチックやCO2の削減、それに食品ロス、SDGS、地球に優しいこと、が叫ばれはじめたここ数年。その一方でメディアでは大食い番組が流れ、デパートでは食料品を丁寧にひとつひとつに保冷剤を付けビニール袋に入れての過剰包装、などが繰り返される…。マスクは布より不織布が推奨され街中ではあちこちに落とされたマスクや、雨の後はビニール傘が置かれている(忘れ物か捨てられたのかは不明ですけど)。

何が地球に優しいのかがよく分からなくなる日常の中で、私は、私の中にある基準に従い行動しているけれど、本当のところはどうなのか!? (本当のところは不明ですッ)

そんな中、海外の時計ベルトメーカー様は、ここ数年面白い素材を使い時計のベルトを創り出し、各社発売している。

紙素材、コルク素材、パイナップル、葉っぱ、天然ゴム、それにリサイクルペットボトルとかもあったかな。 個人的に私が質感として気に入っているのは、イタリアのモレラートが出しているりんごの繊維素材🍎 その名は「フジ」笑

柔らかく、素材感もなかなかのもの、お色はリンゴだけにブラック/ブラウンに加え、グリーンとバーガンディの4色。4,400とリーズナブル。

こちらの時計。昨日ご相談いただきりんごのグリーンの革に交換させていただきました。 50年以上前、小学生の頃叔父様にプレゼントして貰ったものと同じ時計だそう。同じ時計が30数年前に復刻版が販売された時に購入し大切にされているとの事でした。

このビンテージ感たっぷりの時計「シチズン」てカタカナロゴが入っているなんてさっ(笑) 文字盤のグリーンに合わせて、ビンテージ感を引き立てるシンプルなものを、て。

リンゴジュースを絞った後に残った繊維でできているモレラートの「フジ」。 ここで、50数年前の過去とイマの競演が、すこしナニカ変わった未来へと繋がってゆくのかな〜て、嬉しい気持ちに包まれました。

グリーンがお好きなお客様、この時計の想い出を話してくださってありがとうございました。

静かな店だからこそ、小さなひとつひとつに想いをのせることができる、そう思うと今のこの静かな時の流れもまた、確実に幸せなご褒美時間。

本日月曜日は、どんな1日になるのでしょうか、いったいどんな経験や想いに出逢うのかな〜ワクワクです。

皆様もどうぞ素敵な1日をお過ごし下さいね〜。