10月30日(金)

小さくても、時計は小さな機械製品の一種。

クォーツ(電池式)とは言っても、電池さえ入れたら動く、という訳でもなく。

止まり・狂いが、必ずしも、電池切れとは限らない。

てことで、ちょっとした不具合の例をご紹介します。

(NIXONニクソン/外装洗浄クリーニング・電池交換)

電池交換にお持ちいただいた際、ガラスの内側が曇ってしまっていることに気づき、

汚れ落としのクリーニングと動作チェックに重点を置き作業させていただきました。

「曇っている」ということは水気や湿気が入ってしまった跡、という証。

動作も問題なしと判断、外装もピカピカになりました〜☆

(ヴィヴィアンW/秒針の挿し直し)

時計を床に落としてしまった際に、秒針が抜けてしまったとの事で、

文字盤の上で外れた針が自由にお散歩していたため、針の挿し直しと、動作確認を

させていただきました。気持ちよさそうに動き始めました。

ただ、はまっているはずの針が抜けるほどの衝撃を、ガツンと受けた時計。ということ。

今後、狂いや止まりが生じるような事があれば、改めてお声がけいただくことになります。

(キネティック/自己診断による破損/ムーブメント交換)

あと、番外編でこんなご相談も。(これは時計がかわいそうな事象でした)

「自分で電池交換をしようと、触ってみたけど動かなかった。」とのことでお持ち込み…。

半分電池。半分機械式のAGS(キネティック)時計なので、電池交換を含め、

ご自宅で触る時計ではないのですが…。 一本でもキズや破損があれば通電不良で

時計は動作しない。そのコイル部分が、見事なほどケバケバに…。

あ………。初めてこんな状態を目にした…。

これはもう職人の作業の範疇ではなく修理は不可能事象です。

ムーブメント事のごっそり交換(エンジン載せ替え)しか救う手立てはないかと。

1980〜90年代あたりの年代物。 これは高いハードルが置かれました。

先ずは、パーツ探しからスタートです。

ちょっとした不具合が起きてからの、初期診断。

そして適切な治療により、無事に早期解決することもあれば、こじらせ、悪化し、

修理不可能になることもあるのです。まるで私たち人間と同じですね。

「お金出せばなおるんでしょ?」

「最初に金額が分からないのだから、見積もりやキャンセルは無料で当たり前だよね!」

「とにかくごちゃごちゃ言わずに電池だけ入れてくれればいいの!!」

そんなお言葉を、耳にし、心がチクンとする事もございますが、どうぞ皆様、

モノ(時計・ジュエリー)も私たちと同じだと思うのです。 どうぞ気持ちを向けて

大切になさって下さいね。

そして、ーあれ!?と思ったら、初期診断&早期発見!!

コレが、一番ですよッ☆

週末と、月末と、満月と、が重なる2020年10月末。

どうぞ皆様、心温かな週末をお過ごし下さい。