7月15日(水)

昨日のこと。

大雨の中、大阪へ。

行く目的を達成すべくこの大雨もが手助けをしてくれている

様にも感じながら。静かにホームで電車を待つ私。

名古屋駅で偶然! 大阪で午後落ち合うはずの方にバッタリ!!

大阪までご一緒させていただきました(笑)

ご縁をいただき、自分を取り戻すきっかけをいただく1日を過ごさせていただきました。

小さい頃は神様がいて 毎日愛を届けてくれた

心の奥にしまい忘れた 大切な箱ひらくときは今

目にうつる全てのことはメッセージ♪

Don’t say good bye 君だけの夢を刻むのさ

想い出をつめた少女の笑顔のままで

駆け出す 君の場面を見守るから 輝きながら明日のドアをあけて♪

子供の頃に耳にし、な〜んとなく脳裏に残っていた歌のフレーズ達が、

数十年の時を経て、スーッと、メッセージを届けてくれる。

そんな瞬間が、あるのですね〜。

「ぴったー」と音を立ててなにかがはまった様です。

なにも変わらないのに、ナニカが確実に変わった。

そんな7月15日をいただきました(笑)

今まだ自粛が続いている 芸術文化という分野が、

ナニカを受け取りそれを表現されるアーティストの方々の発信されるモノ

こそが、コレからの時代に必要なもののひとつなのかもしれませんね。

全てのご縁に感謝します。