6月22日(月)

梅雨の中休み。名古屋は気持ちの良い週末でした。

と言っても、日中のほとんどを地下街の店舗で過ごしているのですが (笑)

全国的に移動制限が解かれ、旅行や観光そして外食やお買い物に出掛けた方も多い

のではないでしょうか。

そんなタイミングで迎えた今年の夏至は、晴れのち曇り。

日食も、肉眼では確認できませんでした(笑)

が、その後の空は感動的美しかった〜。

個人的には、『夏至』と言えば、エジプトを想い出します。

つい2年前の6月21日。夏至の夕陽が三大ピラミッドの間に沈むその瞬間を、

ご縁をいただいた数人の旅のお仲間方と共に、拝む様にそれぞれの誓いごとを

しながら静かに過ごしました。

現代なのに古代と繋がり、今と昔が混在する中で過ごしたあの不思議な経験は、

宝物。もう一度、エジプト 行きたい!!

たった2年、されど2年。 …不思議なほど別世界に立っている気がします。

世の中には数えきれない数の時計があり、それぞれの時計は全て個々で時を刻み、

それぞれの時が流れている。

共にあれば共に時を刻み、離れてもそれぞれの時を刻み…。

そんなコトを改めて感じる2020年夏至でした。

今年は、春に予定していた生まれ故郷への帰郷旅もキャンセルしたまま、

次回の予定も立てられずにいる今。

やはり、

少々無理してでも。

行ける時に行きたいところへ行っておこう!!

てことですね。

過去の記憶や経験に基づいて、ついつい制限をかけちゃう自分がいるけれど、

そうゆうのを「手放す時」なのかもしれないな。