6月14日(日)

ワンフレーズだけがなぜか、頭の中で何度もリピートする時ありませんか…?

それ……(笑)

「No.1じゃなくてイイ、もともと特別なオンリーワン」 そう…

この最後のとこだけ…

もともと特別なオンリーワン、 特別なオンリーワン、て。

そこだけが度々登場するそんな土曜日でした(笑)

てな訳で、「オンリーワン」て言葉を意識し過ぎか、シンクロする土曜日でした。

時計のベルト交換のご相談をくださった女性のお客様、時々ご利用下さっている。

ご主人の時計なのでしょう、以前も当店でお選びいただいていましたが、

前とは少し雰囲気を変えて。

汗水に強く、肌にあたる側はラバー仕上げになっているカーボン素材のスポーティな

ベルトをおススメさせていただきました。

オーストリアのヒルシュブランドのベルト。100%オーストリア自社工場による生産との事。

お値段もほどほど、作りは抜群!!素材、縫製、仕上げもつけ心地もイイので

夏仕様にはもってこいのおすすめブランド☆

ご本人ではなくご家族がお持ちになられてのご相談。

「お気に召していただだけそうか」「雰囲気、お好みに合うか」なんて想いも、

片隅によぎりますが、だからといって当たり障りないものをつけてお返しする、なんて

気にはなれないので、「私なら」目線でいつものように選ばせていただきました。

写真を送りご本人さまに確認していただきその場でOKいただけました(ホッ)

そして、お言葉をいただきました。

「小さな時計屋に持って行って、他の店じゃだめだよ。て言われて来たけど、

ここへ来るとやっぱりイイ。」

「こんなふうにしてくれるのはココだけだから時計のことはうちはみんなココ

なんだよね〜。」

「自粛中は名古屋に来れなくて困ったんだよ〜、やっと来れたぁ。」なんて。

………。

いただいた言葉が、「間違いなくオンリーワンだよ!!」て。

そう仰ってくださっている様に聴こえ……

50前目前女子。

涙腺の筋肉衰えているのかな(笑) 泣き出してしまいそうだった。

オンリーワンは、時に恐怖の世界を創り出す(笑)

皆と同じ枠に入っているコトが良し、はみ出し禁止!とされる中で育ってきたしね。

波乱万丈過ぎる人生の中で、いつしかその感度も振り幅が大きくなった様で(笑)

変わり者結構、否定も結構、でも譲れないモノは1人勝手にスタッフ巻き込んで

守ってきた。 コレすら勝手な自分基準のわがまま。

時折 お客様からいただく「オンリーワンだよ」を意味するお言葉達に、

私は、心肺蘇生していただきながら生き長らえているいる様に感じたりする。

ありがとうございます。

今日も朝を迎えられ、息ができることに感謝して過ごします。

どうぞ一日よろしくお願いします!!