2021年8月5日(木)

定休日明けの水曜日、ペースを保ちながらイイ感じの流れでした。午後は近鉄電車でちょっとそこまで。

私は近鉄電車からの眺めが大好きだ。 夏は広い蒼空の下、バックに鈴鹿山脈を従え白い雲がその時々にナニカを映し出す。広がる田んぼの稲穂は緑いっぱいに輝く。 年中、季節の移り変わり、景色を通して自然が私たち人間よりも遥かに大きな、とてつもなく強く優しいエネルギーの中で生きているんだ。というコトを視せてくれる。

そして、私自身この景色を毎日眺めながら通勤していた頃からこれまでの数年。 それから、そう遠くない将来への想像が、雲の様にフワフワと膨らむ。

自然ってスゴイですね。 街中にいたら見えづらくなる事、聴こえづらくなる事を無言で、ドーンと深いところに届けてくれるのだからッ。

もっと自分を信じよう、大丈夫。 全てはうまくいっている。そう感じた水曜日。