2021年6月13日(日)

汗をかくことが増え、時計の金属ブレス(金属ベルト・バンド)の不具合を感じている方が、いったいどれくらいいらっしゃるのだろうか…。

その中で一部の方が、いよいよある日破損し使用する事ができなくなり。

「あーあ」と置いてしまう方もみえるだろうし、どこかで修理をと店を探し店舗へ足を運ぶ方もみえるのだろう。   大半のお店ではバンド一式交換を勧められその修理代金の高さに躊躇する方も多いし、年数経過などにより修理不可との診断が下される事も多々ある。そこで諦める方もみえるだろうし、更に他を探す方もみえるだろう。

そんなハードルの様な、編や壁を何段階もくぐり抜け(わたし的自由表現です笑)、限りなく(おそらく)まれ中のまれであろう確率で、小さな時計屋にご縁が繋がったであろう時計達が、日に数件は持ち込まれます。

留め金具(バックル)部分が破損し留まらなくなったフォリフォリ。

駒が破損したマークジェイコブス。

ベルト欠損して持ち込まれたセイコー。

などなど、他にいくつも。 中には何件もで断られて来たから諦め半分ですという方も少なくなく…。なんとかコレを広めたいと、想うばかりの毎日。

どうぞ諦めずに、どうか小さな時計屋とご縁繋がってください!!

多くは綺麗になって気持ちよく時を刻み始めますから。なんて事を強く想う夏の始め…。

この夏で10周年を迎えるJR名古屋駅店。この静かな地下街で、イマこうして営業できている事が、奇跡の様に想えます。

皆様のおかげさまです、ありがとうございます😭