赤色 革バンド

その時の気分や好みがある。

例えば、たこ焼きが食べたい時もあるし、野菜サラダが山盛り食べたい時や

焼き魚、それにカレーライスが食べたい時だってある。

それと同じ様に、時計の革バンドにもその時によって、好みの色や形があり、

その時々でマイブームの様な、キラリと目に留まるものがある。

ずっと「好き」が止まらないのは藍色(ネイビーブルー)。

その上で、以前はオレンジ色が大好きだったけれど、時計の革バンドに関しては白が

断然、ダントツのお気に入りだった。

でも、最近ゎなぜか。 赤がやたらと目に留まる。

先日レジ前で仕事をしていた時、ふと想った。

私の視界のモノが全部赤や〜(笑) て。

「過越祭」の影響?! (門柱に羊の血を塗って災いから逃れたと言われ、それが

鳥居の始まり、という説もあります)

すると引き寄せたかの様に、赤色が集まってきた。

お客様の時計 ブルガリも赤。

お客様がお選びになった革バンドも赤。

そういえば、別のお客様にご購入頂いた時計も、赤色だった。

偶然とはいえ、この日の小さな時計屋ゎ終日「赤色革バンドブーム」

でした〜。

面白いものです。 「引き寄せの法則」がココにも(笑)てッ。

ま、このまましばらく赤色ブーム続けてみよう!!

赤色のものを身につけていると元気になる。て聞くし〜。

(巣鴨だけじゃないですよね?!)

赤色身につけていたら災いから逃れられるかも〜。よし、そういう事にしておこう。

お袖が出始めるこの季節、令和の始まりは「赤色革バンド」イチオシです!!

さて、今日は火曜日。小さな時計屋は、定休日です。

予定いっぱいですが真っ赤を身につけ、元気にまいります!

てる