12月15日(火)

たまたま予告を目にし、観たいなぁと思う映画があって。

でも今のブームの影響で、すぐそこにある映画館が過去一遠くかんじていて…(笑)

ただでさえ、1日に一度しか放映されていないのに、このままじゃ終わってしまう〜!?

なんて事まで想像し始め(笑) 腰が重いというか、イサギ悪いというか…。

『思ったらやる!決めたら動く!ゴタゴタ言い訳しやん!』

とかって自分で自分にムチ入れて。 観てきました〜。

お出迎えは♡ ハート♡

観た映画はコレッ。

舞台は、フランスとスペインの国境ピレネー山脈にあるある小さな村での事。

ナチス占領下で羊飼いの少年ジョー(13歳)の優しくも勇敢な愛の物語。

善と悪、裏と表、その中で純粋に立ち上がる「生きることの希望や喜び」

を力強く表現されていて、気づけば当事者のような想いで、観ていた。

おっきな事なんて何もできなくても。

なぜか巡り逢ったからこその目の前に在る ヒト・モノ・コトとの縁に対し、

13歳の少年が、1人で考え、決め、真っ直ぐに向き合う姿勢が、なんとも言えない

ナニカを私の奥底に届けてくれました。

ついでに、背筋をピシャッと喝入れられた(笑)

『私は今、ジョーの後ろ姿のように胸を張って真っ直ぐ前を向けているかな』

そんな問いかけをいただいたようにも思えます。

世界中が祝い・祈りで包まれる救世主の生誕祭の前、だからこそかな。

1人でも多くの方に観て頂きたい映画です。

フライドチキンより美味しい映画かもしれませんよ♡

少なくとも私は、そう感じています。

是非どうぞ♡