翼が欲しい

子供の頃から大好きな唄が、時々奥の方から聴こえる。

ふと……。そこに、変わらぬ「想い」が在るコトを実感させられる。

と共に、あ、だからか…。と腑に落ちる。

せっかくなので、自分のためにもシェアしておこう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

翼をください

いま私の 願い事が叶うならば 翼がほしい

この背中に 鳥の様に白い翼つけてください

この大空に 翼を広げ飛んで行きたいよ

悲しみのない 自由な空へ 翼はためかせ 行きたい

いま 富とか 名誉ならば いらないけど 翼がほしい

子供の時 夢見たこと 今も同じ 夢にみている

この大空に 翼をひろげ 飛んで行きたいよ

悲しみのない 自由な空へ 翼はためかせ 行きたい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子供の頃から「鳥になりたい」と思っていた…(笑)

今でもハッキリと覚えている。

でも、これは口に出したらいけないコト 。と教えられ育った。

そしてアイスクリーム屋さん、お花屋さん、看護婦さん、スチュワーデスさん、

他にもあれこれと、たてまえ上の夢を変えていった記憶がある。

いま思えば、鳥になりたかった訳ではなく、 様になりたかったのだろう。

きっと、 私は私になりたかったのだろう。

「 自然と共存し、自然の摂理に護られ、自由な空へ。

鳥の様に、翼をはためかせ生きる(活きる)コト。」

コレが私の夢であり、目標!!

ここまで落とし込んだからには、それに近づこうよ。

いつまでできない言い訳考えるの?! 考えるより感じていこう♡

さぁ。目指すは、自由な大空です!!

てる