2021年3月2日(火)

梅のお花があちこちで花ひらき、少し華やかな気分のおひな祭り前日。

手元に小さな女の子がいるわけでもなく、コレと言ってナニカする、

というわけでもなく。 見た目変わらず、いつもの様に時が流れてゆくのですが。

ただ。

私にとっては、人生において間違いなく大きな、大きくひっくり返る程の転機

となった出来事達が、いくつもいくつも詰まった濃い季節…。

「人生最大の別れ」も、その他の別れも。 もちろんそれに伴う出発も。

何故か意図せず、こぞってこの季節なのだから、不思議なものです。

ナニカ意味があるのかもしれませんね。

中でも

「小さな時計屋」がイマココにこうしてあるのは、この方の存在無くしては語れない!

とも言える スペシャルサポーターAさんのご命日。

亡くなられた後になってご縁をいただいた奥様と、時々ご一緒させていただいているけれど、

とにかくあたたかい♡ (昨年からはお会いすることも少ないのですが)

名古屋駅ファッションワンに出店し、とにかく必死に働いていた頃。

大きくあたたかなエネルギーで包み、支えてくださっていた。

応援も半端なく、もはや小さな時計屋の営業マンだった。

しまいには、食事の心配までくださり、よくお食事をご一緒させていただいたな。

あんなコトこんなコト、とにかく多くを学ばせていただいた。

こうして振り返ると、私たち小さな時計屋はAさんのカケラを、今この時も

持って歩いている、ということに気づかされる。

無くして初めて気づく大切さ。

「こんな時 Aさんどうするかな、なんて言うかな、」なんてコトを、今でも時々思う。

表裏一体はこれにも当てはまるのかもしれません。

やっぱりどんな時も、どんな事も、全ては相対するコトとワンセット。

「全ては繋がっている」 ということ。

そうは言ってもね……。

できれば大好きな人には、大切な人には、先立ってはほしくない。

やっぱり、そばにいてもらいたいものですね。

本日火曜は定休日。

先に旅立った、大切な方々のことを想いながら、心静かに過ごそうと

想います。