期の始め

「手前ごと」であるけれど、いよいよ16期が始まりました。

生まれたての新生児が高校生になる、それと同じだけの時をコツコツと

静かに細々とではあるが、時を刻ませて頂くことができた。

その奇跡の様な幸運に、導いてくださった全てのご縁に、感謝いっぱいの月初め。

小さな頃から「大きくなったら大空を羽ばたく鳥になりたい」と

心底、(どマジメに…笑) 思い込み、本気で願っていたことを、今でも

時々思い出す。

空の鳥を見てごらん、蒔くことも刈り取ることも、まして倉に取り入れる

事もしない。それでも、地の上にこうして今日も養われている。

明日のことで思い煩うな。という事だよ。

と、若かりし日「時の恩人」に聞かせて貰ったその話を、その時の声を、

自らの夢と同時に思い出し胸が熱くなる。

おかげで随分救われ、そしてイマココに繋がっていたのだから。

そして、今となっては…(大笑)

どこかで、自分も鳥と同じ様に護られているから、先のことで思い悩む必要

なんて全く無し、大丈夫!!全てはうまくいっている!!

と、思い込んでいる節がある様だ(笑)

…てコトに、我ながら最近気がついた (笑)

おかげ様でとっても気が楽で、毎日小さな幸せ(だらけ)に、包まれております。

そしてこのタイミングで、こんな素敵な鳥さん達に出逢ってしまった!!

時には地に足をつけ地球を裸足で歩き、時には風に乗り大空で羽根を広げ、

これからも、そんな気持ちで毎日を過ごしてゆきたい。

なんて事を、思っております。

さぁ、気愛(キアイ)入れてゆきましょう!

ありがとうございます☆

てる